ワールドニュース

米国ニュース


シスコと IBM、Metro Systems が、タイの IP ストレージ ネットワーキング マーケット振興のために相互協力

2005 年 1 月 26 日、タイ バンコク発

Metro Systems Corporatation(MSC)、IBM、およびシスコシステムズが、タイのIP ストレージ ネットワーキング マーケットの振興を目的とした相互協力を行っています。コラボレーションの目玉的存在となっているのは「トータル ストレージ ソリューション センター(TSSC)」で、同センターを訪れたタイのお客様は、稼働中の、さまざまな構成の完全統合型 IP ストレージを体験することができます。

TSSC は Metro Systems のキャンパス内に設置され、IBM の最新のストレージ サブシステムやシスコの IP ストレージ ネットワーキング機器など、先進の革新的技術が披露される予定です。3 社のコラボレーションによって生まれた施設をご紹介するために、エンドユーザー向けセミナーが 1 月 26 日から 28 日まで開催され、IP ストレージ ネットワーキング業界における最新の技術やソリューションのデモンストレーションが行われます。

IBM タイランドの同国担当ジェネラル マネージャーである、スハジー・スーサンプン(Suphajee Suthumpun)氏は次のように述べています。「IBM とシスコ、Metro Systemsの3 社提携により、かなりの競争力を持った、業界をリードするストレージ ソリューションの提供が可能になりました。かつてなかったような今回の構想により、お客様は、業界で最も包括的な IBM のオンデマンド情報ソリューション、シスコのネットワーキングにおける専門性、およびソリューションにおけるリーダーシップ、ならびに MSC のシステム インテグレーションにおける専門性を手に入れることができます。また、お客様のオンデマンド ソリューションへの移行を支援しようという IBM の戦略も大きく前進するでしょう。提携の 3 社は、確信をもってお客様の要望に応えられるようになります。また、新しいマーケット機会に対する反応性が向上され、さらに、復元力に優れたデータ システム インフラストラクチャにより、競争上の脅威を回避することができます。IBM は、ストレージにおけるイノベーター、ならびに追随を許さぬ技術リーダーになりたいと考えています。『IBM TotalStorage』で導入されているソリューションは、当社の広範な製品ポートフォリオを補完するという戦略に的を絞ったものとなっています。これらのソリューションの眼目となっているのは、インフラストラクチャの簡素化、ビジネスの継続、およびライフサイクル管理です」

シスコシステムズ タイランドのマネージング ディレクター、アッサウィン・カンボルキージュ(Asawin Kangvolkij)は、Metro Systems のシステム インテグレーションにおける専門性と、IBM およびシスコの技術的な強みが一体となれば、お客様に強い信頼を与えることができる、と話しています。「IP の導入により、これまで閉鎖的で、独占的な世界であったストレージ ネットワーキングの業界がオープンになり、技術革新の急速な発展に合わせた、業界標準が定められるようになります。シスコは、iSCSI(Internet Small Computer Systems Interface)や FCIP(Fibre Channel over IP)といった、IP ベースの魅力的な新標準化技術の開発で先頭に立っています。また、複合的で、大規模な IP ネットワーキングやストレージにおける専門性を活かし、さらに Metro Systems や IBM といったストレージのトップ プレーヤーとの提携を通じて、お客様が、より大規模で統合されたストレージ ネットワークをより費用効果良く、効率的に構築、管理するためのお手伝いをしております」

Metro Systems の社長兼 CEO のタビット・チャルバジャーナ(Tavit Charuvajana)氏は、このコラボレーションにより、それぞれの技術分野で専門的な強みを発揮しているベンダーが共同でソリューションを提供することになる、と話しています。「IBM とシスコは、長年提携関係を結んでおり、完全相互運用が可能なストレージとネットワーキングのソリューションを開発しています。Metro Systems は、大規模な、ミッションクリティカルなネットワークの構築で専門性を有しています。これら 3 社の強みを持ち寄った結果は、TSSC でご覧いただけます。TSSC は、あらゆるストレージ要件に対応した、ワンストップ センターとしてお客様にご利用いただけるでしょう」

また、タビット氏は、TTSC は IBM とシスコの両社の最新技術を紹介するショーケースにもなる、と話しています。TTSC で紹介されるものとしては、他のストレージ システムとの統合管理が可能な新しいストレージ システムである「IBM DS8300」や「IBM DS6800」、ストレージ監視を実現する「Volume Controller」、ならびに「Cisco MDS 9000」シリーズ マルチレイヤ スイッチなどがあります。同センターではコンセプトが具現化され、完全相互運用のストレージ仮想化やリアルタイムのバックアップ機能などが紹介されます。

Metro Systems 社について

Metro Systems Corporation Public Company Limited(MSC)は、IBM の東南アジアにおける最初のビジネス パートナーとして、1986 年 1 月 6 日に設立されました。設立以来、MSC は事業の拡大を続け、IBM や HP、キヤノン、マイクロソフト、ロータス、オラクルなど、世界の主要な IT 製品に対応する統合型の IT ソリューション、およびサービスを提供しています。詳しくは以下の Web サイトをご参照下さい。 www.metrosystems.co.th

IBM 社について

IBM は、世界最大の情報技術企業であり、80 年間にわたってビジネス革新を支援するリーダー企業となっています。自社とそのビジネス パートナーの資源を活用し、IBM では、さまざまな企業規模のお客様が新しい e-ビジネス時代の可能性をフルに活用できるようにするために、多様なサービスやソリューション、技術を提供しています。IBM に関する詳しい情報は、以下の Web サイトでご覧いただけます。http://www.ibm.com

IBM、IBM e-businessのロゴ、Power Architecture、POWER5、eServer、xSeries、BladeCenter および TotalStorage は、IBM 社の商標です。他の製品名はそれぞれの商標所有者の商標となっている場合があります。IBM の将来の発展計画およびスケジュールはあくまでも計画目的に策定されたものであり、事前の通告なしに変更あるいは撤回されることがあります。 ションを販売しています。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ