ワールドニュース

米国ニュース


Italtel とシスコ、ヨーロッパ、中東、アフリカを対象とした戦略的提携関係の継続を発表

共同で開発および販売、マーケティングを実施し、次世代ネットワークと企業向け音声サービスのマーケットにおけるビジネス機会に対応

2004 年 12 月 1 日、イタリア ミラノ(MILAN, Italy)

音声、データ、動画のネットワーク集約ソリューションのリーダーである Italtel 社と、インターネット向け機器ベンダーの世界最大手企業であるシスコシステムズ社は本日、4 年間にわたる両社の技術および販売上の提携関係をさらに強化させる、と発表しました。

今後の提携関係の一環として、両社は、従来の音声ネットワークから次世代のIP ネットワークへの移行に対応するために、共同で開発および販売、マーケティングを実施いたします。また同時に、Italtel とシスコは、ヨーロッパおよび中東、アフリカ地域(EMEA)地域における企業向け音声サービス セグメントへの「IP Communications」の普及強化も行ないます。それぞれのマーケットの成長力は、業界アナリストの最新の予測レポートでも立証されています。たとえば、Synergy Research Group の予測では、2004 年から 2008 年までの間に、EMEA のキャリア向けパケット音声マーケットの年間平均成長率(CAGR)は 52.75% にまで成長するとされています。またSynergy では、EMEA のエンタープライズ向け IP テレフォニー マーケットに関して、2004 年から 2008 年までの間に CAGR は 40.4% に達し、2008 年の EMEA マーケットの規模は 35 億ドルに相当すると予想しています。

Italtel とシスコの技術を利用して構築された次世代 VoIP ネットワークの年間利用時間は、3,700 億分を越えています。これまでシスコは、1,400 万以上の VoIP ゲートウェイ ポートと 400 万台以上の IP フォンを配備しており、毎日 6,000 台の TDM フォンを取り替えています。

今日の通信マーケットは変革の途上にあります。多くのサービス プロバイダーが既存の音声インフラストラクチャから IP ベースへの移行を計画しており、お客様の間では、従来の PABXに代わる IP ベースの通信ソリューションを求める声が強くなっています。このようなニーズに対応するため、Italtel とシスコでは、標準準拠の次世代ネットワーク プラットフォームを伴い、さらにホスト型およびマネージドの IP 音声サービスに完全対応できるアーキテクチャを開発してきました。このようなプラットフォームにより、サービス プロバイダーでは、費用の最適化が可能になっているほか、既存の VoIP インフラストラクチャを利用してサービスを迅速に提供できるようになっています。

Italtel とシスコの戦略提携強化は、先ごろ Italtel とシスコの次世代通信ソリューションを採用した Cable & Wireless 社でも好意的に受け止められています。

Cable & Wireless の最高経営責任者であるフランチェスコ カイオ(Francesco Caio)氏は、次のように話しています。「Cable and Wireless では、先ごろ英国でブロードバンドのサービスを開始しました。当社では、英国で 2 番目の規模の全国ネットワークを利用して、ローカルループ アンバンドリング(加入者アクセス網の共同利用)の機会を活用するという、独自の施策を実施しています。現在、当社では、高速インターネット アクセスと高品質な音声を同一回線上で組み合わせた、革新的なサービスのセットを提供しています。ネットワークおよびシステムへの投資の一環として、当社は、Italtel のソフトスイッチ技術を採用しました。この技術は、さまざまな要件を持つネットワークや、革新的なネットワークで数多く採用されている実績を見ても分かるように、品質と信頼性では定評がありますからね」

シスコと Italtel は相互に協力しあい、「Italtel Multi-Service Solutions(Italtel iMSS)」と「Cisco IP Communications」プラットフォームを活用したジョイント ソリューションを通じて、EMEA マーケットの拡張を目指します。「Italtel Softswitch」を中心に構成されている「Italtel Multi-Service Solution」は、企業マーケット向けに IP サービスの提供を可能にし、またこのソリューションにより、サービス プロバイダーは、従来の TDM ネットワークから IP 技術を活用した次世代ネットワークへ移行することができます。

Italtel の最高経営責任者であるマウロ リゲッティ(Mauro Righetti)氏は、次のように話しています。「シスコとの連携により、当社は最近の数年間でめざましい業績を上げています。当社は、イタリアの大手運営事業者としての地位を確固たるものとしており、国外においても新規のお客様の獲得に成功しております。ソフトスイッチ技術における当社のソリューションと、IP コミュニケーションおよびデータ ネットワーキングにおけるシスコのソリューションは最高クラスのものであり、両ソリューションの組み合わせは、間違いなく、現在のマーケットでも屈指の競争力を持つようになるでしょう。当社が提携の強化を決断したのは、シナジー効果により、お客様に従来以上の効果をもたらす革新的なソリューションの開発ができるのに加え、現在とても急速に拡大しつつある次世代ネットワークのマーケットで成功する可能性が高まると考えたからです」

「Italtel との緊密な関係を通じて、当社は、長い将来を IP 技術に委ねようとしているサービス プロバイダーへの価値提案を強化してきました。次世代ネットワークに移行するための、明解で、費用効果の高い戦略をお客様に提示することが重要なのです。両社は一体となり、イタリアや西欧諸国の通信事業者で採用されている相互のソリューションの評価を高めてまいりました。今後は、両社の提携がヨーロッパや中東、アフリカの 100 以上の国々に波及するのを楽しみにしています」と、シスコシステムズの EMEA事業部社長ロバート ロイド(Robert Lloyd)は述べています。

Italtel 社について

Italtel は、次世代の統合型マルチサービス ネットワーク(音声/データ/動画)の設計、開発および配備を主要業務としています。そのシステム インテグレーション能力を活用して、高い信頼性を持ったオープンなネットワーキングや技術開発インフラストラクチャを、固定およびモバイルの事業者、ならびに ISP に提供しています。過去 10 年間に、Italtel では収益の多くを技術革新に投資しています。2003 年度の総売上高は 5 億 9,180 万ユーロとなっています。2000 年以降では、Clayton、Dubilier & Rice、Telecom Italia およびシスコシステムズが Italtel の主要株主となっています。Web サイトは、www.italtel.com

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

Italtel、Italtel のロゴおよび iMSS は、Italtel S.p.A の登録商標です。

▲Return to Top

お問い合わせ