ワールドニュース

米国ニュース


シスコと IBM、Network-Hosted 型のストレージ仮想化ソリューションの機能を拡張

「Cisco MDS 9000」準拠の「IBM TotalStorage® SAN Volume Controller」が iSCSI とサードパーティーのストレージ製品に対応

2004 年 7 月 27 日、米カリフォルニア州サンノゼ(SAN JOSE, Calif.)およびニューヨーク州アーモンク(ARMONK, New York)発

シスコシステムズ社(Cisco Systems, Inc.®)と IBM は本日、「Cisco MDS 9000」準拠の「IBM TotalStorage®SAN Volume Controller」の機能拡張を発表しました。「Cisco MDS 9000」と「IBM TotalStorage® SAN Volume Controller」の組み合わせは、ストレージ エリア ネットワーキング(SAN)の選択肢を増やして、お客様のストレージ リソースの利用度を高め、結果的にデータ管理の費用および煩わしさを抑制することを目指して両社が共同開発したソリューションです。

今回の機能拡張では、サードパーティーのミッドレンジ ストレージ製品もサポートされるようになっていますので、管理者は、使用頻度が低いデータやあまり使用されていないデータを費用のかからないストレージに移すことにより、多元的で、階層的なストレージ戦略を実行できるようになります。そのため、お客様は、データの相対的価値に合わせてストレージの費用を調整できるようになるのです。また、今回の機能拡張における、もう 1 つ重要な点としては、「Cisco MDS 9000」の IP ストレージ サービス モジュールによって実現された、iSCSI 接続があります。これまで、このソリューションがサポートしていたのは、ファイバ チャネル プロトコルで接続できる装置だけでしたが、iSCSI 装置への対応も可能になったため、お客様のストレージの利用度やデータの保護がさらに発展するでしょう。  

2003 年 12 月に発表された、このソリューションは、スイッチおよびディレクタの「Cisco MDS 9000」に搭載される一対のキャッシング サービス モジュールと、それに組み込まれる「IBM SAN Volume Controller」ストレージ ソフトウエアで構成されており、高い可用性と性能を実現するものとなっています。また、このソリューションは、お客様がネットワークから直接にボリューム管理やデータ複製、ポイント イン タイム コピーをできるように設計されており、お客様は複数のストレージ サブシステムを横断して、単独のポイントから制御や管理を行えるようになっています。

「IBM SAN Volume Controller」と「Cisco MDS 9000」で構成されたソリューションを最初に導入したのはケルン大学で、ソリューション自体は IBM のビジネス パートナーである、c.a.r.u.s. Information Technology GmbH Rhein-Main 社を通じて購入および配備がなされました。

「『Cisco MDS 9000』に準拠した『IBM SAN Volume Controller』のnetwork-hosted 型ストレージ仮想化ソリューションにより、本校では、さまざまなサーバでのストレージ管理から、ベンダーに依存しない、スイッチベースの管理モデルへと、パラダイムの転換が図れるようになっています。このソリューションの拡張機能を導入するのが楽しみでなりません。そうなれば、投資収益の最大化や個人の生産性向上、アプリケーションの利用度拡大が期待できますからね」と、ケルン大学のシステム部門マネージャー、クラウス カレ(Claus Kalle)氏は話しています。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料は http://www.cisco.comでご覧いただけます。

IBM 社について

IBM は世界最大の技術企業で、80 年以上にわたり、世界中でリーダーシップや革新性を発揮しています。IBM は、「ハードウエア」や「ソフトウエア」、情報技術サービスの最大のサプライヤであるとともに、e-ビジネス ソリューションの開発および実装のパイオニアでもあります。IBM に関する詳しい情報は、まず以下の IBM のホームページをご参照下さい。http://www.ibm.com

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ