ワールドニュース

米国ニュース


シスコと IBM、音声と動画の IP サービスを簡単に導入できるソリューションを共同で提供

新たな製品、技術、サービスにより、組織の生産向上と費用削減に貢献

2004 年 5 月 18 日、米ニューヨーク州アーモンク、およびカリフォルニア州サンノゼ発
IBM とシスコは本日、音声、動画、およびデータをコンバージしたシステムをあらゆる規模の組織で統合および実装できるようにすることを目標とした、包括的な構想を発表しました。

この新しいサービスは、IBM とシスコのインターネット プロトコル(IP)通信ソリューションで構成されたポートフォリオの内容統合および拡充をさらに進め、お客様の費用削減や従業員の生産性向上を可能にしようというものです。

シスコの音声、動画およびリッチメディア会議ソリューションと IBM のグローバル サービスにおける専門性を組み合わせることにより、お客様は便利かつ費用効果の高い方法で IP Communications のメリットを得られるようになります。この構想により、IBM とシスコが共同で生みだしてきた新規および既存の価値が、IBM およびシスコのパートナーでもある、独立系ソフトウエア ベンダーやサービス プロバイダーにも浸透するようになります。その結果、さまざまな組織とその従業員員は、あらゆるときに、あらゆる場所から、あらゆる装置を通じて、情報にアクセスできるようになるのです。

「ネットワーキングでのシスコの専門性と技術に、サービスおよび統合機能での IBM の強みがプラスされるというのは、IP Communications ソリューションを補完するリソースとしては理想的と組み合わせといえるでしょう。完全な IP Communications ソリューションを作りだそうとしているシスコと IBM への投資により、当法律事務所ではクライアントへのサービスが向上するとともに費用削減という成果も出ています」と、ワシントン州シアトルにある法律事務所 Preston, Gates & Ellis の最高情報責任者、キム チャーチ氏は話しています。

IBM と シスコは、今日のネットワーク コンピューティングの 3 つの主要な動力源は、モビリティ、統合、セキュリティである、と考えています。今回提供するサービスやソリューションは、これら 3 つの要素をすべて網羅しているだけでなく、両社の強みを発揮したものともなっています。

「今回の発表に基づき、シスコと IBM は、製品および技術の統合を行うとともに、セールスやコンサルティング サービス、マーケティングへの投資を大幅に増やしてゆく予定です。我々は、シスコの IP Communications と IBM の統合型産業ソリューションを組み合わせたいと考えています。インテリジェントなネットワークでコンバージドな通信が行えるようになれば、ビジネスの方法も変わりますので、両社がビジネス変革の主要なプレーヤーになれると期待しています」と、IBM のセールスおよび流通担当上級副社長兼グループ役員のダグ エリックス氏は話しています。

充実した内容を誇る、シスコの IP Communications 製品ポートフォリオは、Cisco CallManager コール プロセッシング ソフトウエアや Cisco CallManager ExpressCisco Unity Express、Cisco MeetingPlace、Cisco Personal Assistant、Cisco IP Contact Center などで構成されています。これらのソリューションが業界をリードする IBM の製品と組み合わされ、世界中のお客様にメリットを提供いたします。

 IBM とシスコの構想では、はじめに以下のような統合ソリューションをお客様に提供する予定となっています。

  • Cisco Unity と Lotus Domino ユニファイド コミュニケーションとの統合
  • Cisco CallManager への IBM Information Management データベース ソフトウエアの搭載
  • Cisco CallManager への Tivoli システム管理認定機能の搭載
  • IBM eServer xSeries の x345、x306、および x345 サーバ プラットフォームでの Cisco CallManager のサポート
  • IBM の技術をもとに開発された、シスコの 2 つのタイプのメディア集約サーバ、MCS 7815I と MCS 7825I による Cisco CallManager のサポート
  • リテールおよび財務サービス部門に特化した、業界向けアプリケーションとサービス

「シスコと IBM の強い熱意が 1 つとなり、IP テレフォニーやユニファイド メッセージング、カスタマー コンタクト センター、リッチメディア通信、ビデオ会議を網羅した、統合製品の将来図を共同で描いてゆくことになりました。これらの新しい統合ソリューションは、IBM のワールドクラスのサービス組織を通じて提供され、同時に IBM はシスコの IP Communications がグローバルに配備されるようにサポートを行います。今回の提携は、IP Communications をご利用の世界中のお客様にとって素晴らしい結果を生みだすでしょう」と、シスコの上級副社長チャーリー ジャンカルロは話しています。

IBM、自社内で Cisco IP Communications を配備

IBM 自身が、IP Communications 導入の代表例となっています。2001 年、IBM は同社のトロントにあるソフトウエア ラボで初めて Cisco IP テレフォニー を導入し、以来 2 万台の Cisco IP Phone を設置しています。Cisco IP Phone が、さまざまな国で、さまざまな通信キャリアを利用した、マルチベンダー テレフォニー環境で導入されています。IBM では、同社の主要な IT データセンター内に設置された標準型の IBM サーバで、同社のテレフォニー インフラストラクチャを中央管理してゆく予定です。

「テレフォニーをデータセンターで中央管理することにより、IBM は音声とデータのネットワークを統合できただけでなく、導入から運営、システム監視、ライフサイクル管理に至るまでのプロセスを一元化することができました。Cisco IP Communications は、データセンターベースのテレフォニー インフラストラクチャを構築するという IBM の計画の中心となるものです。お客様に対するのと同じように、IBM では自社のサービスおよびスキルを活用して、IPC インフラストラクチャのシステム設計や運営、監視、セキュリティ実装、アプリケーション統合を実施しています」と、IBM 最高情報責任者室音声アプリケーション担当ディレクター、フレッド スプレッキ氏は話しています。

Cisco IP Communications について

Cisco IP Communications は、IP テレフォニーやユニファイド コミュニケーション、リッチメディア IP オーディオおよびビデオ会議、IP 動画放送、カスタマー コンタクト ソリューションなどのエンタープライズクラスのソリューションで構成された包括的なシステムで、お客様の既存のシスコ IP インフラストラクチャを活用して、新しいコンバージド アプリケーションを提供することを目的としています。Cisco IP Communications に関する詳しい情報は、以下の Web サイトをご参照ください。 <<A HREF="http://newsroom.cisco.com/dlls/innovators/VoIP/index.html" CLASS="contentlink">http://newsroom.cisco.com/dlls/innovators/VoIP/index.html>

シスコシステムズについて

シスコシステムズ(NASDAQ:CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダーです。シスコに関するニュースならびに関係資料は<<A HREF="/" CLASS="contentlink">http://www.cisco.com>でご覧いただけます。

IBM について

IBM は世界最大の情報技術企業で、80 年以上にわたりリーダーとしてビジネスの革新を支援しています。IBM 社に関する詳しい情報は以下の Web サイトでご参照頂けます。
<<A HREF="http://www.ibm.com" CLASS="contentlink">http://www.ibm.com>

IBM Global Services 社について

IBM Global Services は情報技術サービスおよびコンサルティングの世界最大のプロバイダーで、2003 年度の売上高と契約獲得高はいずれも新記録を達成し、前者は 420 億ドル、後者は 555 億ドルとなっています。160 以上の国にいる、同社のおよそ 18 万人のプロフェッショナルにより、クライアントは、ビジネス変革や IBM Business Consulting Services が提供する業界の専門知識から、ホスティングやインフラストラクチャ、技術設計、トレーニング サービスに至る、さまざまなビジネス価値に情報技術を統合できるようになっています。IBM Global Services 社に関する詳しい情報は、以下の Web サイトでご参照いただけます。

http://www.ibm.com/services/

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ