ワールドニュース

米国ニュース


シスコと IBM、メインフレーム向け SAN の機能を拡大

IBM が、「Cisco MDS 9000」でサポートされる、業界初の FICON 関連機能を認定

2004 年 4 月 27 日、米カリフォルニア州サンノゼ(SAN JOSE, Calif.)
シスコは本日、IBM が、マルチレイヤ インテリジェント ディレクタとファブリック スイッチの「Cisco MDS 9000」ファミリーでサポートされる、一連のファイバ コネクション(FICON)関連機能の互換性を認定し、これを再販する、と発表しました。その結果、IBM のメインフレームをご利用のお客様も、シスコのストレージエリア ネットワーキング(SAN)スイッチを利用した、信頼性と拡張性の高い、インテリジェントなネットワーク サービスを利用できるようになります。

FICON は、メインフレームとストレージ装置の接続に用いられる、高速の入出力(I/O)インターフェースです。シスコでは、「SAN-OS 1.3」ソフトウエアがリリースされたのを契機に、「Cisco MDS 9000」で FICON 接続ならびに「FICON コントロール ユニット ポート(CUP)」のサポートを開始いたしました。また、シスコは、Fibre Channel over IP(FCIP)を利用してインターネット プロトコル(IP)でも FICON 接続が可能になる、統合型アプローチを業界で初めて導入しています。IBM は、ポキプシーにある同社のラボで「IBM S/390」および「zSeries」を利用した環境における「Cisco MDS 9000」の相互運用性テストを行い、FICON 関連機能が正常に動作することを確認いたしました。

現在、これらFICON 関連機能を利用すれば、シスコと IBM のお客様は、メインフレームとオープンシステムのコンピューティング技術を利用して、エンタープライズ規模でストレージ ネットワーキングに対応できるようになっています。たとえば、統合型の FICON over FCIP がサポートされるようになれば、シンプルかつ費用効果の高い方法でビジネス継続戦略を実行することを望んでいるお客様には、新しい選択肢が提供されます。これまで、お客様が FCIP を利用して IP ネットワーク上で FICON 接続を実現するためには、新たなチャネル拡張アプライアンスが必要になると考えられていたのです。

米国最大のデータ プロバイダーである、First American Corporation(NYSE:FAF)は、「Cisco MDS 9000」でサポートされている統合型の FICON over FCIP をうまく利用して、カリフォルニア州アナハイムとダラスにある不動産情報データ センター間-その距離2,200 キロ以上-を相互接続しています。ミッションクリティカルなアプリケーションを作動させている両方のデータ センターにメインフレームベースの SAN を配備している First American では、FCIP を利用して IP ワイドエリア ネットワーク上で FICON 接続を行い、どちらかのサイトでシステム障害が起った場合にも、データの復旧とビジネスの継続が迅速にサポートされるようになっています。

「『Cisco MDS 9000』でサポートされている統合型の FICON over FCIP は、管理の複雑さが緩和され、またファイバチャネル スイッチと FCIP アプライアンスの両方を導入するモデルに比べて費用効果も高いため、当社にとってはきわめて有益なものとなっています。また、『Cisco MDS 9000』によって、バーチャル SAN 技術など、メインフレーム向けの SAN に相応しい、インテリジェントなネットワーキング サービスも数多く利用できますし、共通のファブリックでメインフレームとオープンシステムの両方のサポートならびに相互接続も可能になっています。このような統合型の機能は、当社のストレージ ネットワーキング全体とビジネス継続のためのインフラストラクチャを改善するのに役立つでしょう」と、First American の不動産・情報サービス グループ最高技術責任者エバン ジャファ(Evan Jafa)氏は話しています。

「Cisco MDS 9000」を活用した FICON、および FICON CUP、統合型の FICON over FCIP とともに、IBM は、「IBM TotalStorage Virtual Tape Server」と「Extended Remote Copy(XRC)」技術が FICON および FCIP をサポートする、という発表も行いました。「IBM TotalStorage Virtual Tape Server」と「Extended Remote Copy(XRC)」技術のそれぞれの機能拡張では、高容量、高速の SAN ベース データ バックアップ、ならびに長距離データ複製機能が利用可能になります。

その他の製品発表

さらに、IBM は、一般向けに販売されるオープンシステムの製品および機能をいくつか発表しました。新しいものとしては、「IBM TotalStorage® SAN Volume Controller over FCIP」によるデータ複製サービス(ピア ツー ピア リモート コピーなど)があります。また、今回は、IBM の「SAN Volume Controller」ストレージ ソフトウエアと「Cisco MDS 9000」キャッシング サービス モジュールを組み合わせたソリューションである、「Cisco MDS 9000」用「IBM TotalStorage® SAN Volume Controller Storage」ソフトウエア、ならびに IBM のアプライアンスベースのソリューションである「IBM TotalStorage SAN Volume Controller」も発表されています。

新たにに発売される「Cisco MDS 9000」関連製品としては、「4 ポート IP ストレージ サービス モジュール(IPS-4)」や「Port Analyzer Adapter-2」、「Fabric Manager Server 2.0」があります。「Cisco MDS 9000 IPS-4」は、4 つのギガビット イーサネット ポートがそれぞれ Internet Small Computer Systems Interface(iSCSI)と FCIP のいずれかをサポートする、8 ポートのバージョンに匹敵するものとなっています。「Cisco MDS 9000 IPS-8」モジュールの発売により、シスコは、ディレクタおよびファブリッククラス SAN スイッチの両方で IP ストレージをサポートする、業界初のベンダーとなりました。「Cisco MDS 9000 IPS-4」を販売することで、IBM は、IP ストレージ接続のメリットをより安い価格で提供できるようになります。

IBM は、完全な SAN ソリューションの提供、およびソリューションのサポートおよびサービスを行う優れたベンダーだけを登録するシステム、「Cisco Original Storage Manufacturer(OSM)」に最初に登録されました。IBM とシスコには、共通のお客様にネットワーキング ソリューションを提供してきた長い歴史があり、このような戦略的提携関係がストレージ ネットワーキングの分野にまで発展し、2003 年 3 月には、IBM が「Cisco MDS 9000」を取り扱うようになり、直接販売とビジネス パートナーを通じての間接販売の両方を行うようになりました。

「『Cisco MDS 9000』の新たな機能および関連製品により、IBM は、オープンシステムとメインフレームの両方の環境で、信頼性とともに拡張性、費用効果が高い方法でのストレージ、バックアップの統合およびビジネス継続ソリューションを実現する SAN をより柔軟なかたちで構成できるようになるのです。繰り返しますが、シスコとの強固な関係により、IBM は、ストレージ ベンダーとしてこれらの技術をマーケットにきわめて迅速に提供できるになれたのです」と、IBM ストレージ システム部門のディスク マーケティング担当ディレクター、シンディー グロスマン(Cindy Grossman)氏は話しています。

価格と販売時期

IBM では、上記の新しい機能および製品を、5 月 7 日より一般のお客様および IBM ビジネス パートナーに販売する予定です。価格に関する情報は、IBM までお問い合わせ下さい。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ