ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、米国輸送機関の要人が参加するIntelligent Transportation Society of America(ITSA)のエグゼクティブ討論会に参加

出席者⁄内容:輸送産業に包括的で、多彩なネットワーキング ソリューションを提供しているシスコシステムズ®社は、第14回「Annual ITSA Meeting and Exposition」に出展いたします。シスコは、以下のような討論会への参加および協力を予定しています。

「Legislative Opportunities: Reauthorization and Appropriations」-- 2004年4月27日(火曜日)午前10時30分~正午、司会:マーク ボイヤー(シスコシステムズ ビジネス開発マネージャ)。討論会参加者は以下の通り。

  • エミール フランケル氏(運輸省輸送政策担当次官補)
  • グラハム ヒル氏(下院輸送基盤委員会委員)
  • トーマス リンチ氏(運輸省立法担当局長)
  • ジョナサン アップチャーチ氏(下院輸送基盤委員会委員)

「Telecommunications Network Integration」-- 2004年4月26日(月曜日)午後1時30分~3時30分、司会:ブライアン ゴーマン氏(ニュージャージー ターンパイク管理委員会技術局長)

「Telecommunications and Traffic Operations Centers」-- 2004年4月26日(月曜日)午後3時30分~5時、プレゼンテーション:ラリー オコンネル(シスコシステムズ製品担当マネージャ)

「Public Safety Forum」-- 2004年4月27日(火曜日)午後2時~4時、プレゼンテーション:マーク ブレズニカー(シスコシステムズ製品担当マネージャ)

「The Value of Internet Protocol for Traffic Light Controls Systems」-- 2004年4月28日(水曜日)午後3時30分~5時、プレゼンテーション:マーク ブレズニカー(シスコシステムズ製品担当マネージャ)

358番ブースで行われるシスコシステムズのITSAデモンストレーションでは、IP動画監視やインテリジェント イーサネット、ワイヤレスLANとオプティカル技術などが中心となります。ネットワークのインターフェイスにCisco Catalyst 2955を利用したデモンストレーションでは、交通信号制御装置やエンコーダ付きビデオカメラなどで構成された、路側設置用キャビネットが紹介されます。信号制御装置により、データが低帯域幅でCisco Catalyst 2955を経由して交通管理センターに送られるほか、エンコーダにより、高帯域幅の動画や動画監視ストリームがCisco Aironetワイヤレスを経由してエンドポイントの装置に配信されます。

シスコのもっとも新しいIntelligent Transportationソリューションの発表に関する報道機関向けブリーフィングのスケジュールは、ローラ ジョンストン(電話番号:408-525-3582)までお問い合わせ下さい。Cisco Intelligent Transportationソリューションについての詳細は、次のWebサイトをご参照ください。www.cisco.com/go/transportation

日時:2004年4月26日~28日

場所:ヘンリー B. ゴンザレス コンベンション センター(テキサス州サンアントニオ)

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ