ワールドニュース

米国ニュース


Alacritus、Cisco MDS 9000を使った継続データ保護ソリューションChronospanを発表

「ストレージ ネットワーキング ワールド」で、継続データ保護ソリューションを公開

2004年4月1日、米カリフォルニア州プレザントン発
革新的なディスクベースのデータ保護ソリューションを提供しているAlacritus Softwareは本日、次週にアリゾナ州フェニックスで開催される「ストレージ ネットワーキング ワールド」において、シスコシステムズ社®がCisco MDS 9000ファミリ用に開発されている新しいソフトウエアの機能を紹介するマルチベンダー技術デモンストレーションに参加する、と発表しました。

Cisco MDS 9000データ タップ サービスは、Cisco MDS 9000 SANスイッチとサードパーティーのストレージ アプライアンスを結ぶプロトコルベースのインターフェイスを提供するもので、Chronospanの導入により、Ciscoストレージ エリア ネットワーキング(SAN)スイッチ ポートフォリオに実装されている業界トップクラスの信頼性、拡張性、およびマルチプロトコル サービスを最大限に活用できるようになります。

Chronospanにより、労働集約的で、エラーの発生しやすい従来のバックアップおよび復旧の手法に代わって、バックアップ ウィンドウを実際に排除した、バックグラウンドでの継続的なストレージ プロセスが可能になります。

Aberdeen Groupのストレージ リサーチ担当副社長デイビッド ヒル氏は次のように話しています。「Chronospanは、インテリジェント ストレージ サービスと言えるもので、企業では、Cisco MDS 9000との組み合わせにより、先進のデータ保護技術や性能、管理性、ならびにTCO(総所有コスト)といった面で効果が速やかに現れるでしょう。また、この組み合わせにより、高い性能が求められる企業環境におけるChronospan導入の効果も明らかになるでしょう。Chronospanは主要なデータパスから完全に隔離されますので、他のCDPベンダーが直面している、ミッションクリティカルな環境への導入といった障壁も克服されます」

Chronospan導入による企業のメリットは、以下のようになっています。

  • 企業は、特定の時点(Any Point in Time: APIT™)にまで遡ってデータを速やかに復旧させることができます。つまり、喪失されたデータを喪失前の正確な時点にまで直ちに戻すことができるのです。
  • 複雑なバックアップ/復旧のプロセスの管理が事実上不要になります。多くの場合、バックアップや復旧用ソフトウエアがまったく不必要になります。
  • また、ロジカル データ保護プロセスの簡略化およびIT管理者の負担削減、バックアップ ウィンドウの排除によって、復旧時間が飛躍的に速くなります。
  • ブロックレベル サービスに加え、独自のファイルレベル サービスも実装されているので、特定のファイルのブラウズ、およびさまざまな時点を指定しての復旧も簡単に行えます。

Alacritusの最高戦略責任者ダン トリマー氏は次のように語っています。「Chronospanを利用すれば、わざわざ時間を指定してスナップショットを作る必要もなく、任意の時点を指定してコピーを保護することができます。主要なディスクに書き込まれたデータはすべて、Chronospanのディスクにもミラーリングされ、順次書き込まれます。そのため、製造アプリケーションの性能が損なわれることはまったくありません。ミラーリングされた書き込みデータを保存しますので、データの書き込み後、IT管理者は任意のときに主要ディスクのスナップショットを事実上"オン ザ フライ"で作成できるのです」

Chronospanでは、あらゆる書き込みが書き込みログに順次記録されます。この機能により、費用が安くてすむATAを使用している場合でも性能が飛躍的に向上します。また、書き込みログの管理はポリシーベースで行われます。Chronospanの保護ポリシーとしてAPITウィンドウが定義されますので、ユーザはデータ喪失前の任意の時点にまで遡ってデータを復旧させることができます。ポリシーの設定により、週あるいは月、年単位でスナップ ショットを閲覧することも可能です。

Chronospan CDPは、一部のカスタマー サイトでは早期実装が可能になっているほか、2004年の第2四半期より出荷が開始されます。Alacritusでは、「ストレージ ネットワーキング ワールド」のC5ブースでChronospanのデモを行う予定です。

デモの見学

Chronospan/Cisco MDS 9000データ タップ サービスのデモは、4月6日(火)および4月 7(水)の両日、「ストレージ ネットワーキング ワールド(SNW)2004年春」の展示時間中、シスコ ブース(#P10)でご覧いただけます。「SNW 2004年春」は、4月5日から8日まで、フェニックスのJW Marriott Desert Ridgeで開催されます。

詳しい情報は、Alacritusへのお電話(電話番号:(925) 469-0725 x 212)、あるいは次の Web サイトでご確認ください。www.alacritus.com

▲Return to Top

お問い合わせ