ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、運輸業界向けネットワーキング ソリューションの包括的なシリーズを発表

空港、道路、公共輸送、港湾のセキュリティ、運営効率、新サービスのためのCisco Intelligent Transportation Solutions

2004年3月30日、米カリフォルニア州サンノゼ発
シスコシステムズ®は本日、世界中の空港および道路、公共輸送、港湾での使用を想定したネットワーキング ビジネス ソリューションと提供サービスを独自に組み合わせたCisco® Intelligent Transportation Solutionsプログラムを発表しました。

この構想は、企業が、ミッションクリティカルなビジネス プロセスおよびアプリケーションのために高い安全性と信頼性を備えたネットワーキング インフラストラクチャを持てるようにしようというもので、輸送機関の職員や旅行者、政府機関、緊急ケア要員(emergency first responder)にとって大きな利点があります。

「つねに変化するビジネス ニーズをとらえ、運営不能状態に陥らないようにするために、運輸機関は異なった多様な通信環境を、アプリケーションと通信の基礎となる単一のインテリジェントなネットワークに集約させなければなりません。このような価値をお客様やパートナー、そして最終的には個々の旅行者の皆さまに提供するためのソリューションを開発できたのは、喜びにたえません」と、シスコシステムズのエンタープライズ マーケティング担当副社長ピエール=ポール アラードは述べています。

Cisco Intelligent Transportation Solutionsのコンポーネントと、シスコのネットワーキング技術の恩恵を受けている代表的なグローバル企業のお客様は以下のようになっています。

  • インテリジェント エアポート:旅行者とネットワークのセキュリティ向上、運営効率改善のための共用環境、ワイヤレスの旅行者向けサービスを実現する、統合型のマルチサービス通信インフラストラクチャです。旅行者および空港、航空会社、空港テナント向けの付加価値ソリューションも含まれています。
  • 代表的なお客様:大トロント空港管理委員会(Greater Toronto Airports Authority)、マイアミ国際空港、フォートローダーデール - ハリウッド国際空港、ミュンヘン国際空港、アテネ国際空港、南アフリカ空港、シドニー空港会社(SACL)

  • インテリジェント レールウェイ:道路沿いの施設、道路管理センター、高度旅行者情報システムのためのソリューションです。「ロードサイド ソリューション」では、シスコのネットワークを利用して、ビデオ監視や交通センサー データと高度交通管理システム(ATMS)アプリケーションとの統合が可能になります。「道路管理センター ソリューション」では、管理センター、緊急ケア機関、輸送機関の間でのリアルタイムの相互通信が可能になります。「旅行者情報ソリューション」では、ロードサイドで収集した交通データをメッセージ ボードや旅行者、車両に配信することができます。
  • 代表的なお客様:カリフォルニア州運輸局(CalTrans)、ペンシルベニア州運輸局、ペンシルベニア ターンパイク、サウスカロライナ州ビューフォート郡運輸局

  • インテリジェント パブリック トランスポーテーション:車両や、トラック/道路沿いの施設、ステーション向け固定/モバイル両対応の包括的通信ソリューションで、運営の合理化、通信の改善、および顧客満足度の向上を可能にします。
  • 代表的なお客様:ニューヨーク/ニュージャージー港湾管理委員会、サンフランシスコ ベイエリア高速鉄道(BART)、パリ輸送会社(パリ メトロ)、ドイツ鉄道会社

  • インテリジェント シーポート:セキュリティ、安全性、ロジスティックを管理し、港湾で業務を行っている他の機関および企業に付加価値サービスを提供する、港湾向け統合ネットワークです。
  • 代表的なお客様:シアトル港、タコマ港

Intelligent Transportation Solutionsとしてエンドツーエンドの包括的なビジネス ソリューションを提供するために、シスコは、業界大手の運営およびネットワーク専門コンサルタントや建設会社、技術およびアプリケーションのプロバイダー、フルサービス システム インテグレーターと共同の取り組みを進めています。このような運輸業界のパートナーとしては、SITAやMasTec、TransCore、ARINC、Naztec、Arupなどがあります。

また本日、シスコシステムズと大トロント空港管理委員会(GTAA)は、トロント ピアソン国際空港の、44億カナダドルをかけた新ターミナルの基盤として、Cisco Intelligent Airport SolutionsがSITAのAirportConnectプラットフォームと統合されて配備された、という発表も行いました(詳しくは、「トロント ピアソン国際空港の新ターミナル1がCisco Intelligent Airport Solutionsのショーケースに」と題された、シスコの3月30日付プレスリリースをご参照ください)。

「さまざまな種類のものが混在したデータと音声のネットワークが老朽化しつつあり、さらにネットワーク セキュリティを向上させながら費用を削減する必要性も高まっているため、大トロント空港管理委員会のようなトップクラスの空港は、シスコのような革新的なベンダーと協同して、ネットワーキングで必要な事柄と旅行者が現在求めている事柄を同時に実現しようとしているのです」と、国際空港評議会で北米における技術および環境を担当する上級副社長である、リチャード マルキ氏は話しています。

Cisco Intelligent Transportation Solutionsプログラムの一環として、シスコでは、さらなるソリューションや新しいお客様、新しい戦略的パートナーを、2004年中に随時発表してゆく予定です。

Cisco Intelligent Transportation Solutionsに関する詳しい情報は、以下のWebサイトをご参照ください。www.cisco.com/go/transportation

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。。

▲Return to Top

お問い合わせ