ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、音声業界でもっとも権威あるIP PBXコンテストでトップの座に

高速20 Gbpsブロードバンド ネットワークTWARENが、台湾と世界中の研究ネットワークを結び、国際規模の共同研究を支援

3月23日、台湾 台北発
台湾の国立応用技術研究所が運営する研究機関のひとつである、National Center for High-performance Computing(国家高速電脳中心:NCHC)は、シスコシステムズ®が誇る最新のルーティングおよび光テクノロジーを導入し、台湾の先端研究プログラムを支援する世界クラスの最先端ネットワークを構築しています。

Taiwan Advanced Research and Education Network(台湾先端研究教育ネットワーク:TWAREN)は、コアに、20ギガビット/秒(Gbps)の伝送速度を実現する新しいIP光ネットワーク ケーブルを導入することにより、当面の目標として、台湾各地の約60の大学、研究機関、国立研究センターへのサービスの提供を目指します。

TWARENでは、Internet Protocol version 6(IPv6)やマルチキャスティング、ネットワーク セキュリティのほか、映像や音声、統合マルチメディアなどのアプリケーションをはじめとする、さまざまなサービスがサポートされることになっており、国境を越えた研究や教育活動を支援します。TWARENは、生産ネットワーク、研究ネットワーク、光ネットワークという3つのネットワークを柱としています。2004年3月に運用が開始された生産ネットワークは、バックボーン用の二重回線で、4つのコア ノードに接続しており、IPv6やMultiprotocol Label Switching(MPLS)、マルチキャスティング、ネットワーク セキュリティ、Voice over IP、統合マルチメディア アプリケーションなど、さまざまなサービスをサポートしています。

「TWARENは、国際的な共同研究を円滑に進められるようにすることによって、台湾が地理的な境界を乗り越え、研究開発や国際的な連携、学習、発見、刷新の中に、新たな可能性を探ることができるよう支援します」と、国家科学委員会傘下のNCHC所長チュアン チェ ナン(ジョー チュアン)氏はコメントしています。「定評のあるシスコのIP光ネットワーキング テクノロジーを採用したことは、我々にとって正しい選択だったと確信しています。そして、要求の厳しいこの分野において、シスコ製品が提供してくれる最高のパフォーマンスと信頼性に期待しています」

このたび採用されたシスコ®のソリューションには、Cisco ONS 15600マルチサービス スイッチング プラットフォーム(MSSP)とCisco ONS 15454マルチサービス トランスポート プラットフォーム(MSTP)があり、どちらも、高密度波長分割多重(DWDM)テクノロジーと最新のSDH機能を提供します。この2つの製品は、20 Gbpsのバックボーンを、4つのコア ネットワーク ノードと11カ所のギガビット アクセスポイントに接続する役目を果たします。また、コア ノードとギガビット アクセスポイントには、高性能のCisco 7600シリーズおよび12000シリーズ ルータが装備されています。

「このプロジェクトが完了すると、台湾は、アメリカやその他のネットワーク先進国に匹敵する、世界クラスのネットワークを手に入れることになります」と、シスコで光テクノロジー グループ担当上級副社長を務めるジェイシュリー ウラルは述べています。「シスコのソリューションにより、台湾は、大容量かつ柔軟性に優れた次世代統合ネットワークを構築し、国際的な最先端ネットワークとの共同研究を支援することが可能となります」

台湾シスコシステムズのゼネラル マネージャを務めるラリー チャイは、次のように述べています。「国家科学委員会はまもなく、台湾における研究の発展や経済の成長に大きく寄与する世界規模の学術用IP光ネットワークを手に入れることになります。このような一大プロジェクトの一端に携わることができ、大変光栄に思っています。新しいネットワークは、台湾における研究の発展に役立つ機能を強化し、科学やテクノロジーのさまざまな研究分野で台湾の未来に貢献する強固な基盤を築いてくれるでしょう」

TWARENは現在、全体的なテスト段階にあり、2004年3月の運用開始を目指しています。完成すれば、台湾全体の帯域幅が40倍向上することになり、アメリカやその他のネットワーク先進国に匹敵する大容量が実現されます。

NCHCについて

National Center for High-performance Computing(国家高速電脳中心:NCHC)は、台湾の国立応用技術研究所の後援を受け、1991年に創立されました。NCHCは、コンピュータ リソースを一元管理する施設の設立を第一の使命とし、急速に成長してきました。2002年半ばに台湾南部に支所が設立され、2003年以降はNPO(非営利組織)として運営されています。

TWARENについて

TWAREN(Taiwan Advanced Research & Education Network:台湾先端研究教育ネットワーク)は、6カ年国家開発計画の一環となるプロジェクトです。TWARENの主な目的は、以下のとおりです。

  • 全国規模の超高速・大容量・高信頼性バックボーン ネットワークを構築する
  • さまざまな非営利ネットワークを相互接続する最高水準のネットワークとしての役割を果たす
  • 研究開発や国際的な連携、発見、刷新、学習に新たな可能性をもたらすインフラストラクチャを目指す
  • 東南アジアにおける研究教育ネットワークの中継地点としての役割を果たす
  • 人材育成や雇用の創出、経済成長の促進、競争力の強化を実現するメカニズムの一環となる
シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ