ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、オーストラリアにおけるIPテレフォニー端末の販売台数が10万台を突破、統合通信によるビジネス効率の向上を実現

オーストラリアで10万台目となるCisco IP Phoneを購入したのはFreehills法律事務所。運営コストの削減を目指し、PABXテクノロジーを撤廃

2004年3月17日、オーストラリア ブリスベン Cisco Networkers発
シスコシステムズ®は本日、オーストラリアのブリスベンで開催された同社主催のNetworkers会議において、10万台のインターネット プロトコル(IP)電話を400社以上におよぶオーストラリアの顧客企業に販売したと発表しました。

シスコ®のオーストラリア・ニュージーランド地区担当マネージング ディレクター、ロス ファウラーは、Networkers会議の場で、メディアやアナリストに対し、企業は音声・データ・映像を安全性の高い単一のIPネットワークに統合しようとしており、そうすることでネットワークの運営コストが削減され、モバイル ワーカー向けのIPアプリケーションの導入が容易になるとコメントしました。

ファウラーは、次のように述べています。「IPコミュニケーションは、オーストラリア国内のさまざまな業界に広まりつつあり、社内LANや遠隔オフィスだけでなく、家庭やホテルなどにも導入されています。そのため、企業の社員は、ブロードバンド接続のおかげで、こうしたさまざまなエリアのどこからでも仮想プライベート ネットワークを介して企業のネットワークに接続し、電話をかけることができます。シスコは、チャネル システム インテグレーター各社と協力し、こうした需要に応えています」

シスコはこれまでに、250万台以上のIP電話を13,000社以上におよぶ世界各地の顧客企業に販売しています。また、シスコのIPコミュニケーション システムは、このほど、米国のネットワーク コンサルタント会社であるMiercomが主催するコンテストで「Best in Test(最優秀賞)」を受賞しました。オーストラリアでは、政府・省庁や人材派遣会社、物流会社、伝統的な製造企業、通信会社、金融サービス企業など、さまざまな組織がIPテレフォニーを導入しており、その大半が、それぞれ200台以上のIP電話を使用しています。

オーストラリアの大手法律事務所であるFreehillsは、国内で10万台目となるCisco IP Phoneを購入しました。同法律事務所で情報サービス ディレクターを務めるラッセル ライト氏は、次のように述べています。「Freehillsでは、従来のPABX(構内交換機)に替えて、2,400台のCisco IP Phoneを導入しています。シスコのソリューションは、専門サービスを提供する当法律事務所のような環境にとっては、有無を言わさぬ魅力がありました。所内のスタッフの移動や追加、変更をより円滑に行うことができ、効率の向上に大いに役立っています」

また、IPコミュニケーションによって可能となる生産性の向上は、テレフォニーに限られたものではなく、現在では、Cisco Video Telephony(VT)ソリューションを導入することで、デスクトップ上で「ビデオ通話」を送受信することも可能だと、ファウラーは述べています。

ネットワーキングの専門家を対象にした、シスコ ユーザのためのNetworkers会議では、メディアやアナリストに対して、Cisco Video Telephonyのデモンストレーションが行われました。その中で、ファウラーは、ビデオ テレフォニー テクノロジーでは、Cisco CallManager 4.0ソフトウェアを使用することで、統合IPコミュニケーション プラットフォームにビデオ テクノロジーを組み込むことが可能であると説明しました。さらに、音声ソフトウェアのCisco VT AdvantageとUSBケーブルで接続するCisco VT Cameraを使用すれば、パソコン上でのビデオ テレフォニーが可能となり、ユーザは、これまでのテレビ会議システムの大半が実現できなかったブロードキャスト品質の映像と音声にアクセスすることができます。他社のアプリケーションとしては、TANDBERGが提供する個人向けまたは会議向けの新しいビデオ システムとCisco VT Advantageを併せて使用することで、同様のビデオ通話が可能です。TANDBERGのシステムは、Cisco CallManager 4.0と併用することにより、いっそう効果的なビデオ通話を実現します。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ