ワールドニュース

米国ニュース


フィリピン証券取引所、電話システムをシスコシステムズの次世代IPテレフォニー システムに移行

2004年3月10日、フィリピン マニラ発
シスコシステムズ®は本日、フィリピン証券取引所(PSE)が所内の電話システムをCisco IPフォンを用いた最新のIPコミュニケーションシステムに移行すると発表しました。新たなシステム導入により、PSEでは顧客へのサービスを効率化でき、テレビ会議等の生産性アプリケーションを使うことで、所内における将来の通信要求に沿ったプラットフォームの実現が望めます。

「昨年PSEでは、ペーパーベースで配布していた市場情報や企業連絡を電子化し、オンラインのデイリー開示システムを介して行うようにしました。この移行により、市場参加者に情報を一括してリアルタイムで提供できるようになり、結果、業務の効率と透明性が増しました」と、PSEのチーフ テクノロジー オフィサー、エド・オカンポ氏は語ります。「つまり、PSEにとってIPテレフォニーとは、出資者に最適なサービスを提供する上での次なるステップと言えます」

シスコは業界のリーダーとしてIPテレフォニー技術を世界および地域に提供し続けています。また、今日のフィリピンにおけるIPフォン設置のほとんどはシスコの手によるものです。現在、世界1万4500の企業・団体に250万台のCisco IPフォンが導入されています。PSEのIPフォンはオルティガス・テクタイトとアヤラにあるオフィスに導入されており、社員やトレーダー、PSEメンバーの代表者により使用されています。

新たな電話システムを採用するにあたってのPSEの要求は、所有コストをトータルで削減することと、ユーザのためにモビリティ機能を充実させることの2点でした。Cisco AVVID(Architecture for Voice, Video and Integrated Data)を基本に据えたシスコのIPコミュニケーションシステムは、PSEにとって最適なシステムでした。加えて、従来のPBX(構内交換機)システムではサポートしきれなかった様々な新しいサービスの利用も可能になりました。

「私どもでは従来の電話を長年に渡り使用しており、新しい電話システムの導入については、ユーザに馴染まないのではという心配と、運用コストが削減でき様々な可能性も広がるだろうという期待が入り乱れ、ずいぶんと悩みました。そして最後には、IPテレフォニーという結論にいたったのです。幸いなことに、ほとんどの社員が非常に使いやすいと感じています」とオカンポ氏は言います。

IPテレフォニーは複数の通信インフラを統合し、ユーザはボイスやデータはもちろんのこと、ビデオへのアクセスも可能になります。この新技術は運用コストの削減とメンテナンスの簡素化を実現し、業務の生産性を高めます。さらに、移動や追加、変更といった諸々の雑事が自動で処理でき、料金もかからないため、メンテナンス コストが最低限に抑えられます。

機能面に目をやると、Cisco IPフォンでは、設定によりオンライン電話帳をメモリに保存したり、株価や株式情報、交通、天気予報などをダウンロードしたりできるほか、電話を使って直接株を取り引きすることも可能です。Cisco IPフォンはXML(Extensible Markup Language)ベースのIPフォンであるため、どのようなアプリケーションを使うかは、まさに企業の発想次第と言えるでしょう。

「これから数年は、IPベースのアプリケーションを統合し生産性の強化を図るべく、シスコのIPソリューションを活用していきたい」とオカンポ氏は語ります。

「技術をいかにうまく活用するかが業績の明暗を分けるPSEのような企業では、通信ネットワーク インフラへの投資効果を高めようと、IPテレフォニーに社運をかけています。成熟した確かな技術であるIPテレフォニーは、簡素な古い電話システムを改善してくれることでしょう。シスコではまた、自社IPテレフォニー ソリューション ファミリーにビデオ テレフォニーが加わったことも明らかにしました。このビデオ テレフォニーにより、かつてない品質のテレビ会議が、各社員のデスクトップ上で実現することになります。これもまた、近い将来PSEによる導入が見込まれるであろうエリアです」と、シスコシステムズ フィリピンのカントリー マネージャー、ルーイチ・ロブレスは述べています。

Cisco IPコミュニケーションについて

シスコのIPコミュニケーションソリューションは、企業のお客様に業界随一の包括的なIPテレフォニーとリッチメディア通信、およびIPコンタクト センター ソリューションのポートフォリオを提供、全てのエンドユーザに生産性の向上とコストの削減、高品質な通信の拡大を約束します。Cisco IPコミュニケーションに関する詳しい情報についてはhttp://www.cisco.com/offer/tdm_home/iptelephony/ をご参照ください。

PSEについて

フィリピン証券取引所(PSE)は、公正かつ有効で透明性と秩序に裏打ちされた証券売買市場を提供する民間団体です。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ