ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、CATV事業者向けとしてビデオ オンデマンド サービス用の新しいビデオ ゲートウェイ製品を開発

新しいビデオQAMゲートウェイにより、新たにデジタル ビデオ サービスを導入・拡張しようとするCATV事業者が直面する問題を軽減

2004年1月13日、米カリフォルニア州サンノゼ発
シスコシステムズ社は本日、デジタル ビデオ用の直交振幅変調器(QAM)シリーズを発表しました。これは、シスコのNext Generation Digital Video Network戦略の一環となるもので、新たにビデオ オンデマンド(VoD)サービスを提供しようとするCATV事業者を支援するために設計されています。本シリーズは、VoDサービスを展開しようとするCATV事業者のために、ネットワーク容量をより効率良く活用し、費用を最小限に抑え、より柔軟で選択可能なプラットフォームを提供することで、VoDの低コスト化を実現します。

新シリーズには、スタンドアロン型のCisco® uMG9820 QAM Gatewayと、Cisco uMG9850 QAM Moduleの2種類があります。いずれも、ギガビット イーサネットの通信ネットワークと、光ファイバと同軸ケーブルのハイブリッド型(HFC)ケーブル ネットワークとの間に置かれ、IP-to-MPEG-2ゲートウェイとして機能します。Cisco uMG9820 QAM Gatewayは、小規模な利用に適したQAM専用の小型プラットフォームで、一方Cisco uMG9850 QAM Moduleは、より拡張性の高い大型シャーシに搭載されており、大規模な利用や、スイッチングとQAMが混在するアーキテクチャに適しています。

「シスコは、VoDサービスに適したアーキテクチャを開発するため、ギガビット イーサネットに関する極めて高度な専門知識とリーダーシップを発揮しています」と、SeaChange社でストラテジック プラニング担当本社副社長を務めるYvette Gordon- Kanouff氏は述べています。「新しいQAM製品シリーズがリリースされることにより、CATV事業者は、シスコやSeaChange社などのベンダーが提供するギガビット イーサネット ソリューションや高性能・低運用コストを実現させる取り組みから、多くのメリットを得られるでしょう」

新ソリューションでは、ギガビット イーサネット リンクの帯域を最大限に活用することで、デバイスあたり最大240本の標準品位ビデオストリームを配信することが可能となります。ギガビット イーサネット接続から最大の効率を引き出せるということは、ギガビット イーサネット リンクの帯域を有効に活用しようとして、効率のあまり良くないQAMデバイスをいくつも連結する必要がなくなるということを意味します。その結果、QAMデバイスを連結することよって起こるシングル ポイント障害の発生が排除でき、さらには、購入・管理しなければならないQAMデバイスの数を減らすことが可能となります。

「これらの製品は、nCUBE社が提供するVoDネットワークでの使用が完全に保証されており、シスコとnCUBE社による効果的なギガビット イーサネット ソリューションにより、拡張性があり、信頼性が高く、オートマチックで、統合された、増設可能なシステムを実現します」と、nCUBE社でチーフ テクニカル オフィサーを務めるJoe Matarese氏は述べています。「例えば、uMG9820では極めて高いQAM密度を提供し、uMG9850では非常に柔軟な設定と優れた操作性を実現しています」

Cisco uMG9850 QAM Moduleは、Cisco Catalyst® 4500シリーズ用に設計されています。シャーシによって、QAM機能がスイッチングやプラグイン可能な光カードとともにひとつのシステムに統合されているため、CATV事業者は、自社のデジタル ビデオ ネットワークをより効率良く運用できます。また、シスコのCatalyst 4506およびCatalyst 4507Rスイッチでは、モジュール機能により、最大5つのCisco uMG9850 QAM Moduleを組み込むことができ、最大で120個までQAMチャネルを増設することができるため、デバイスあたり最大1200本のビデオストリームを処理することが可能です。

一方、モジュラ式で、スタンドアロン設計のCisco uMG9820 QAM Gatewayは、ハードウェアによる設定が可能なため、段階的にQAMカードを追加して、ワンラックユニット(1RU)型シャーシ1台に最大24個までQAMチャネルを増設することができます。このようなビルディングブロック方式では、容量のプラニングが簡単で、VoDサービスの拡大に合わせてQAMチャネルを容易に増設することができるため、CATV事業者は、設定が固定されたシステム全体を一括して購入するのではなく、予備のQAMモジュールを購入するだけで済みます。

販売予定

シスコのQAMソリューションはいずれも現在予約を受け付けており、2004年2月の出荷を予定しています。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ