ワールドニュース

米国ニュース


IPv6テクノロジーを備えたシスコのプラットフォームにより、リアルタイム スーパーコンピューティング アプリケーション向けの高性能ネットワーキング サービスが加速

SC2003において、シスコとSURFnetは、米国と欧州を結んだ業界初の高性能IPv6マルチキャスト技術によるデジタル映像配信のデモを実施

2003年11月17日、米アリゾナ州フェニックス、カリフォルニア州サンノゼ発
シスコシステムズ社では、Cisco IOS Softwareにより、高性能なInternet Protocol version 6(IPv6)機能に加え、テレビ会議やスーパーコンピューティング、グリッド コンピューティングなど、高度なアプリケーションに必要なリアルタイムでの情報配信を可能にするマルチキャスト機能やQoS(quality of service)機能を提供しています。SURFnetやJapan Gigabit Network(JGN)などの国立研究ネットワークは、このような高度な機能と併せて、Cisco Catalyst® 6500スイッチングやCisco® 12000 シリーズ ルーティングなどのプラットフォームを用いることで、進行中の学術研究や科学的リサーチを一歩前進させるための新しいアプリケーションやネットワークベースのサービスを導入することが可能となります。

SC2003において、シスコは、現在取り組んでいるより高度なネットワーキングの開発にスポットを当て、Cisco 12000 シリーズのルータを用いて、米国と欧州を結んだ業界初のIPv6マルチキャストによるデジタル 映像配信を実演したほか、Cisco Catalyst 6500 シリーズスイッチを用いて、IPv6トラフィックをアムステルダムのSURFnetのサイトに集中させるなどのデモンストレーションを行ないました。デジタル映像などのリアルタイム アプリケーションは非常に繊細で、ジッタやパケットの並び替えや順序づけなどの影響を非常に受けやすいものですが、今回のデモンストレーションでは、IPv6が、IPv4同様、ハイ クオリティな複数の映像ストリームを遠く離れたネットワーク間で効果的に送受信できることを実証しました。デモンストレーションにあたっては、オランダの国立学術研究コンピュータ ネットワークであるSURFnetの協力を得て行なわれました。

「IPv6マルチキャスト テクノロジーは、まず、欧州委員会の6NET Project内で試験的に運用されてきました」と話すのは、SURFnetで代表取締役を務めるKees Neggers氏です。「SC2003では、大陸間を結んで、IPv6マルチキャストによるハイエンドなデジタル映像ストリーミングのデモンストレーションを行ないましたが、これは、Ciscoが成し遂げたIPv6テクノロジーの進化を示すものです」

「最新のシスコ製ハードウェアを用いて、デモ用のセットアップを行ないました。たとえば、ルータにはIP Services Engineライン カードを、Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチにはCisco Catalyst 6500 Supervisor 720を使用したほか、最新のソフトウェア イメージを用意しました。こうした最新のシスコ製品の登場は、SURFnetにとっても喜ばしいことであり、IPv6を普及させようという我々の取り組みにとって非常に役立っています」と語るのは、SURFnetでネットワーク サービス部長を務めるErik-Jan Bos氏です。

国立研究ネットワークは、遠隔操作、医療用、遠隔教育などのアプリケーションを効果的に配信するため、圧倒的なパフォーマンスと精巧さが要求されるネットワーキング インフラストラクチャを必要とします。JGNは、高速ネットワークキング技術や高性能アプリケーション技術などの研究開発を行なうことを目的として構築されました。「シスコによるIPv6機能の開発と高度化への取り組みは、大変に意義のあることですし、すばらしいと思います」と語るのは、JGNのIPv6プロジェクトを担当し、また、IPv6普及・高度化推進協議会の専務理事を務める江崎浩氏です。「シスコの取り組みは、我々にとって極めて重要な意味を持っています。というのも、我々は、IPv6によるプロダクション クオリティのサービスがIPv4と同等のアプリケーション クオリティに対応できることを実証しようと取り組んできましたが、シスコがこの分野で成し遂げた技術革新がそれを支えてきてくれたからです。また、このことは、シスコが次世代ネットワーキングの方向性についてしっかりとした見通しを持っていることの証しだといえるでしょう」

Cisco 12000 シリーズは、業界でもっとも優れたルーティング プラットフォームであり、IP⁄MPLS(Multiprotocol Label Switching)ネットワークに必要とされるサービス配信、管理の容易性、コアやエッジの適応性、信頼性、最小限のTCO(総所有コスト)といったキャリアクラスの要求に応えます。Cisco Catalyst 6500 シリーズは、シスコが誇る最高峰のスイッチ製品であり、既存のネットワーク インフラストラクチャを利用して、次世代のインテリジェントなサービスやインターフェイスをシームレスに追加することが可能となり、業界でもっとも高性能かつ高密度で、豊富な機能を備えたレイヤ2-7統合スイッチを提供します。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ