ワールドニュース

米国ニュース


教育諸機関が管理業務の生産性と学習効果を高めるCisco IP コミュニケーションシステムを選択

シスコの顧客であるSUNYコートランド校が、音声と動画およびデータ運搬用の単一ネットワークシステムで2003 EDUCAUSEエクセレンス・アワードを受賞

2003年11月10日、米カリフォルニア州サンノゼ発
シスコシステムズ社は本日、ニューヨーク州立大学(SUNY)コートランド校のCisco IP コミュニケーション システムの有効な展開に対し、栄誉あるEDUCAUSE ネットワーク エクセレンス アワードが送られたことを発表しました。

この受賞は、Cisco IP コミュニケーション システムが世界の教育機関に強く支持されるのかをはっきりと示すものです。先週カリフォルニア州アナハイムで開催されたEDUCAUSE 2003 Annual Conferenceでは 2 団体が受賞者として選ばれ、そのうちのひとつがSUNYコートランド校でした。革新的なネットワーク技術、サービスおよび運用を称え「Excellence in Networking」が授与されました。本賞は、キャンパスや教育システムにおけるネットワーク インフラストラクチャ、アーキテクチャ、融合性、およびQoSを向上させ、学校のコミュニティや重要な役割を担うサブコミュニティに有益な影響を与える革新的なネットワークのプログラムに対して送られるものです。EDUCAUSE 2003に関する詳しい情報は www.educause.edu/conference/annual/2003/ をご参照ください。

SUNY コートランド校では、従来型PBXベースの音声ネットワークと10 Mbpsの共有イーサネット データ ネットワークに代わり、Cisco IP コミュニケーション システムが導入されました。この新たな統合ネットワークでは700台のCisco IP 電話が使用され、3,000台ある既存のアナログ電話とCisco VG-248 IPゲートウェイで接続されて同時に稼動します。

「本校のCisco IP コミュニケーション システムの投資効果を分析してみたところ、音声・データ分離型のネットワークの場合に比べ、購入と導入およびサポートにかかるコストを25万ドル削減できることが分かりました。技術投資分については1年以内で還元できるでしょう」と、SUNYアドミニストレーティブ コンピューティング サービス部門ディレクター、ダニエル・サイドボトム氏は語ります。

新しいシステムは大学の職員と教員および学生間のコミュニケーションをより円滑にし、さらに学習効果を高めるためのアプリケーションを提供してくれます。例えば、教員と学生が動画ストリーミングやファイル シェアリングおよびその他の高帯域幅アプリケーションを使用できるようになったことで、カリキュラムの価値が増すほか、学校側の業務効率も向上します。音声とデータの統合ネットワークには、入学手続きや学資援助の面でオフィスをサポートしたり、情報や援助を求めてアクセスしてくる学生や父兄およびその他の発呼者に適切な対応を返したりするためのシングル コールセンター システム機能が備えられています。本ソリューションの導入を手がけたのはシステム インテグレータのロンコ コミュニケーションズ社です。これにより構内全域に合理的な音声・動画・データ通信が配備され、学習の場で生徒に技術を身につけさせ活用してもらうというSUNYコートランド校の教育方針が増強されたことになります。

教育市場での快進撃

教育市場におけるシスコの新規顧客には、アストン大学(英国)、リバティ アイラウ学区(テキサス州東部)、モレインバレー コミュニティ カレッジ(シカゴ)、オーランドパーク第230高校連合学区、ダートマス カレッジ(ニューハンプシャー州)、フロイド カントリー パブリックスクール(バージニア州)、オスセオラ学区、ディズニー セレブレーション ハイスクール(フロリダ州)、サンロレンツオ連合学区(カリフォルニア州)などがあげられます。これらの学校およびその他多くの教育機関が、Cisco IP コミュニケーション システムを活用することにより通信環境の強化や管理業務の効率化、および新たな学習機能の構築を実現しています。

「Cisco IP コミュニケーション システムは教育市場において快進撃を続けています」と語るのは、ヤンキーグループの企業インフラストラクチャ担当副社長、ゼウス・ケラヴァーラ氏です。「音声・動画・データの単一システムによりもたらされる生産性の向上やコスト削減効果を、アメリカ全土の学区やカレッジおよび大学が実感しています。今後、IPベースの通信システムを導入しようという団体が増えることでしょう」

モレインバレー コミュニティ カレッジ

シカゴ南西部26の地域から16,000人余りの生徒が通うモレインバレー コミュニティ カレッジ。ここにCisco IP コミュニケーション システムと650台のCisco IP電話、およびE9-1-1と最新の救急機能に対応したCisco Emergency Responderが、PBXに代わって導入されました。聴覚障害を持つ生徒がテキスト メッセージにより学校側と通信するためのテレタイプライター(TTY)などの新機能を使うことで、作業の生産性を高めたり、コミュニケーションを改善したりと、ユーザはシステムを有効活用しています。

リバティ アイラウ独立学区

テキサス州東部のリバティ アイラウ独立学区(LEISD)では時代遅れの通信インフラストラクチャをCisco IP コミュニケーション システムにより払拭し、音声とデータのネットワークを統合し、通信教育やeラーニングに特化した新しいアプリケーションに対応できるようになりました。Cisco IP電話350台で構成されるこの新しいシステムでは、XMLベースの出席管理アプリケーションにアクセスできるようになっており、Cisco IP電話を使って教師が出席を取ったり、管理者が出席状況を把握、修正したりすることが可能です。LEISD では、複数のCisco IP電話に音声ストリームとテキスト メッセージを同時送信するためのアプリケーションを用いています。 これにより、音声およびテキスト メッセージをユーザ全員あるいは特定のグループに向けて送信することが可能です。また今回ネットワークのアップグレードを行なったことで、優れたインターネット アクセスと高速パフォーマンスが実現し、より良いe-ラーニング環境が構築されました。

アストン大学

英国に拠点を置くアストン大学では、旧式のアナログVCR/TVとテレテキスト ネットワークに代えて2,000台のCisco IP電話から構成されるCisco IP コミュニケーション システムを導入する予定です。大学では約1,100人の教員と職員および役員が7,000人の学生のサポートを行ない、ネットワークで接続された教室用の共用音声⁄動画装置がその運営を支えています。また、動画記録装置はアストンの通信課程のMBAプログラムにおいて広く使われています。「Cisco IP コミュニケーション システムによりネットワークの使いやすさが増し、作業の繰り返しも軽減されることでしょう。また集中管理された記録に素早く安全にアクセスできるので、管理プロセスとプランニングの効率も向上するはずです」と、アストン大学の財務責任者、グッピー・ダリワル氏は述べています。 

また、Cisco IP コミュニケーション システムを導入することで、統合メッセージ サービス Cisco Unityの構内での利用が可能になり、学生と教員はCisco IP電話の独自のXML(Extensible Markup Language)機能を学習に活かすことができます。例えば学生と教員は構内でCisco IP電話を使用することができ、PCが無くても教室や行事日程をチェックしたり、ディレクトリ サービスを利用したりすることが可能になります。

「音声・データ統合型の高速ネットワークを構築、展開することで、生徒は教材をいつでもどこでも入手することができるようになり、学習効果が高まります。また、構内どこからでもライブあるいはアーカイブされた動画媒体にアクセスして映像を楽しむことも可能です」

Cisco IP コミュニケーションについて
Cisco IP コミュニケーションはIPテレフォニー、統合通信、IP音声・テレビ会議、IP動画放送、およびカスタマー コンタクト ソリューションから構成される企業クラス ソリューションの包括的システムです。シスコのAVVID(Architecture for Voice, Video and Integrated Data)により実現したこのCisco IP コミュニケーション ソリューションは、業務効率と企業の生産性および顧客の満足度を著しく向上させ、強靭で効率的な職場環境を構築します。

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.comでご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ