ワールドニュース

米国ニュース


ソニーとシスコ、初のIP サーベイランス統合ソリューションの出荷を開始

教育機関をターゲットに、セキュリティを強化し校内における損壊被害を削減、低コストの施設運営を可能にします

2003年9月15日、米ルイジアナ州ニューオリンズ発(ASIS ブース番号2032)
米ソニー・エレクトロニクスは本日、シスコと共同でプラグアンドプレイのIP監視統合ソリューションを開発したと発表しました。この新型IPサーベイランス ソリューションは、ソニーのIPビデオ監視カメラとサーバおよび高性能のソフトウェア(Real Shot™ Manager)とシスコのネットワーク インフラストラクチャとを合わせた統合構成となっています。

シスコ インフラストラクチャによるソニー IP サーベイランス ソリューションは、教育現場特有のニーズに応えて開発されたものです。実践的でかつ容易に操作が行なえ、学校既存のインフラとの協調運用を考えた設計となっています。

サンディエゴのグロスモント・ユニオン・ハイスクールの情報技術サービス担当部長補佐、ウォーレン・ウィリアムズ氏は次のように語っています。「低いコストで、高い安全性と生産性を確保できるようになりました。ソニーとシスコによるこの製品は、いままで私たちが購入してきたものの中でも、とりわけ価値ある一品です」

ソニーとシスコは共同でこのソリューションのテストを行ないました。結果、シスコのインフラストラクチャ上に構築されたソニー IP サーベイランス ソリューションの構成コンポーネントのテストは全て完了、ひとつに統合されました。こうして、より信頼できる拡張性に富んだインフラストラクチャが誕生したわけです。ソニーの監視技術をシスコのネットワーク基盤と組み合わせることにより、教育機関は自校のセキュリティ監視機能を単一のインフラにおいてまかなうことが可能になります。今回のソリューション開発をベースに、教育機関のさらなるニーズに応えるべく、ソニーとシスコはこれからも提携を強めていく所存です。

ソニー・エレクトロニクスのビジネスソリューションズ部門副社長、スティーブ・ベーカー氏は次のように語っています。「ソニー・エレクトロニクスとシスコシステムズは、業界に類を見ないエンドツーエンドの優れたIP サーベイランス ソリューションを提供できる運びとなりました。このソリューションにより、教育機関では、新たな方法でもってインターネットの力を有効活用することが可能になります」

また、シスコのストラテジック・アライアンシス担当副社長、スティーブ・スタインヒルバーは述べています。「このソリューションは、教育市場に山積する難問を解決する有効な答えを提供してくれることでしょう。グロスモント・ユニオン・ハイスクールの例を見れば明らかなように、ソニーとシスコによる共同開発は、学校の既存のリソースを活かしつつ、安全性を高め、損壊被害を減らすことに貢献しています」

ソニーとシスコが作り上げたソリューションでは、ソニーのIP 監視カメラと強力なサーベイランス ソフトウェア アプリケーションおよび情報収集技術を、シスコのルータやネットワーク インフラストラクチャおよびソフトウェアと統合することが可能になっています。ソニーが提供するカメラとセンサーにはそれぞれ専用のIPアドレスが割り当てられており、ネットサーフィンと同じ手軽さで校内の施設を監視することができます。

ソリューションが持つ大きな特徴のひとつとして、保安要員を何倍にも有効活用できるという点が挙げられますが、これにより機能性の面でも柔軟性の面でも新たな広がりが生まれます。セキュリティ管理システムにシスコ ネットワークのインテリジェンスを付加することで、警備員がひとりしかいなくても、従来のアナログシステムの数倍の頻度で校内を監視することが可能になります。

IP 監視カメラにはWebサーバが内臓されており、光学25倍ズームレンズとデジタル12倍ズームを併用することで、最大50連続での画像入力が可能となっています。インターネット環境で運用されるため、ユーザはデスクトップやノートパソコン、さらにはPDAなどの携帯機器からカメラを制御したり情報にアクセスしたりすることができます。カメラで集められた情報は全てインターネット対応フォーマットに統一されます。つまり、担当スタッフは静止画と動画の監視や保存およびプリントアウトを、ネットワークを通してどこからでも行なえるというわけです。アーカイビングもまた、手早く簡単に実行できます。

お客様のニーズに合わせて作られた本ソリューションは、以下のような構成になっています。ソニー製品からは、ネットワーク カメラとしてSNC-RZ30NあるいはSNC-Z20N、またシスコシステムズのネットワーク上でソニーのReal Shotカメラ管理アプリケーションを動かすためのNASサーバとしてFSV-M5を採用。一方シスコのコンポーネントは、Cisco Catalyst 3550シリーズのスイッチ群、Cisco Aironet Access Point、PCMCIAワイヤレスLANアダプタ、PIX 500シリーズのファイアウォール、WindowsR専用のVPNとCiscoSecure ACS ― となっています。

シスコ インフラストラクチャによるソニー IP サーベイランス ソリューションは、ソニーおよびソニー特約店において即ご購入いただけます。商品の詳細は www.sony.com/onsite をご参照ください。

# # #

▲Return to Top

お問い合わせ