ワールドニュース

米国ニュース


シスコのIP TV が、英国ハンバーサイド警察の犯罪監視に貢献

2003 年 7 月 28 日

Jason Deign(News@Cisco)

日夜犯罪と戦っている、職務熱心な警察官がテレビに見入っている姿は、なかなか想像しづらいものかもしれません。しかし、シスコの最新の IP/TV® ソリューションのおかげで、少なくとも英国のハンバーサイドでは、現在、小型のスクリーンが、警察官の任務遂行に重要な役割を果たしているのです。

他の法執行機関や救急部隊と同じように、ハンバーサイド警察も犯罪や事故の現場に早く到達する方法を探し求めていました。車両が現場に到着するまでに、多くの被害が発生しているかもしれないからです。

イングランド東海岸のキングストン アポン ハル市とハンバー川の河口域周辺を合わせた広さ1,365 平方マイルの地域の所轄であり、約 9 万人の住民を守る、この警察では、この種の仕事ではヘリコプターからのライブ 動画のリンクが大きな助けになると以前より考えられていました。

ただし、この技術は理想通りにはなりませんでした。

「当初の空陸システムでは、空からの画像が移動制御装置に伝送されるので、装置は、比較的ヘリコプターに近い位置にある車両のなかに設置されていなければなりませんでした」と、ハンバーサイド警察のデータ ネットワークとセキュリティのスーパーバイザーである、Mike Foster 氏は述べています。

「つまり、画像を見ることができるのは機動部隊のチームだけで、他の場所にいる上級警察官たちは、無線より伝えられる、言葉による説明に基づき、決定を下さなければなりませんでした」

このような欠点に対処するために、2002 年、ハンバーサイド警察はビジネス ケースの整理を行い、当初の画像伝送システムに替えて、マイクロ波のリンクを利用したシステムを採用することにしました。マイクロ波のリンクなら、これまでよりはるかに長い距離を伝送でき、中央の指揮所にも充分到達するからです。

「このマイクロ波のソリューションにより、専門官が集まる「ゴールド コマンド センター」にいる上級警察官もライブの画像を見ることができるので、状況を実際に目で追い、多くの情報を得たうえで、決定を下すことができます。このような場合には、画像がまさに数千の言葉に匹敵するのです」と、Foster 氏は指摘しています。

しかし、画像が 1 か所にしか送信できないという問題が残っていました。はっきりとした答えは、他の主要なサイトにも動画を送信できるような、専用ネットワークを構築することでした

Foster 氏は、この考えには反対でした。「専用ネットワークなら、動画を他の場所にも送信してモニターすることも可能でしたが、あまりにも高額でした。しかし、問題に直面した私は、こう考えたのです。ハンバーサイド警察のイントラネットを利用して、イメージを他のサイトに送信するのは、どうだろう?」

この警察は、すでに Cisco Systems® の技術を、IP ワイドエリア ネットワーク(WAN)やローカルエリア ネットワーク(LAN)に利用しており、専用のイントラネットや IP テレフォニー システムを構築していました。「我々は数年間もシスコの技術を利用していて、Cisco IP/TV のケイパビリティは警察内でも広く認識されていました」と、Foster 氏は述べています。

Cisco IP/TV 3400 シリーズを既存のネットワークにもう 1 台だけ追加導入すれば、あらゆるニーズが満たされ、すでにイントラネットにリンクされている、ハンバーサイド警察の主要警察署10 か所程度にライブの画像を送信できるということがわかったときに、この技術をさらに綿密に検討してみようという決定が下されました。

Cisco IP/TV 3400 シリーズでは、ネットワークの効率性を向上させるマルチキャスト技術が採用されているので、シスコ IP ネットワークを介して、高品質の動画コンテンツを単一のソースからデスクトップ コンピュータに台数の制限なく、簡単かつ経済的にストリームすることができます。

この技術は、Cisco AVVID(Architecture for Voice, Video and Integrated Data)が基礎になっており、本質的に管理がしやすく、信頼性が高いだけでなく、最適なネットワーク性能を得ることができます。ハンバーサイド警察にとってなにより素晴らしかったことは、ネットワークをアップグレードせずに実装できたということでした。

「イントラネット システムを構築した際、我々は、必要なスイッチ、ルータ、クライアント マシーンはすべて設置していたのです」とFoster 氏。

それでもハンバーサイド警察には、実際に購入する前に、その技術が実際に機能しているのを見てみたいという希望がありました。しかし、この種の技術を導入するのは同警察が英国で最初にあったために、隣の郡を訪問して、システムが実際に稼働しているのを見てみるというわけにもいきませんでした。

その代わり、シスコはトライアルとして機器を同警察に貸し出し、その日のうちに動画サーバの設置、構成、作動を行い、すぐに使いやすさを立証しました。

Foster 氏はこう言います。「設置はとても迅速でした。孤立した環境でも、簡単に Cisco IP/TV シリーズ 動画サーバを接続して、稼働させることができるのです。実際、シスコのシステムの良い点の 1 つは、簡単に導入できることだと思います。

「サービス品質や帯域幅も動画では重要な問題ですが、どちらの問題も製品によってシスコがケアしてくれました。システム管理も組み込まれていました。セキュリティも同様で、システムはパスワードで保護されています」

この技術のメリットは、簡単に見てとることができました。「現在、20 以上のオフィスで Cisco IP/TV システムが稼働しています。権限を有する担当者は、リアルタイムの画像に素早く、簡単にアクセスすることができます。まるで、イントラネットの他のパートにアクセスするようにね」と、Foster 氏。

「おかげで、我々は数々の貴重な追加情報を得ることができるのです。意思決定者たちは、地上で起っていることを実際に見ることができるのです。火の上がっているところを探し、火災現場を見ることもできます。また、空から、不審な荷物のような怪しい物体を見つけることもできます」

この種の技術を実装したのは、英国ではハンバーサイド警察が最初ですが、IP 動画は世界中のさまざまな警察組織に普及し始めています。

カリフォルニア州のシールビーチでは、本部勤務の警察官もパトロールカー乗務の警察官も、ラップトップや携帯情報端末(PDA)を使い、リアルタイムの動画にアクセスすることができます。

ある銀行では、アラームのスイッチが入れられると、警察官がワイヤレスの IP 動画監視システムを使って、建物内のカメラを遠隔操作し、対応方法や支援の要請時期などを判断することができます。

さらに、ハンバーサイド警察の警察が充分信頼できるものであるなら、IP 動画が英国の平均的な巡査の日常の業務に不可欠なものとなる日もそう遠くはないと言っても過言ではないでしょう。「これのおかげで、警察のリソースを、以前よりはるかに効果的に活用できるようになりますからね」と、Foster 氏は指摘しています。

「戦略的にも、大きなメリットがあるのです」

Jason Deign:スペイン、バルセロナを中心に活動しているフリーランス ライター。

Related Links
Royal Borough of Kingston、大ロンドンの地方自治体で初めてシスコの IP テレフォニ技術への全面移行を実施
▲Return to Top

お問い合わせ