ワールドニュース

米国ニュース


ALLTEL、CISCO ONS 15454マルチサービス トランスポート プラットフォームでケンタッキーのネットワークをアップグレード

最大10Gbpsのデータ・音声トラフィックの転送を可能にする新ソリューション

2003年6月2日、アトランタおよびアーカンソー州リトルロック、カリフォルニア州サンノゼ発 - シスコシステムズ社(NASDAQ: CSCO)は本日、ALLTEL社(NYSE: AT)が同社の中核であるケンタッキーのネットワークにおけるサービス オプションを増大させるために、高密度波長分割多重(DWDM)ケイパビリティを統合した、Cisco® ONS 15454マルチサービス トランスポート プラットフォーム(MSTP)を採用したと発表しました。Cisco ONS 15454 MSTPは、サービス プラットフォームに直接的に作用することで光通信のケイバビリティとインテリジェンスを向上させるため、ALLTELでは新たなサービスの展開ができる他、既存のインフラストラクチャでもさらなる成長機会を得ることができるようになりました。

ケンタッキーにおける、ALLTEL の270マイルにわたるリング型ネットワークでは、イーサネットやギガビット イーサネット、DS-1からOC-192といった信頼性の高いサービスが必要とされていました。統合MSTPやマルチサービス プロビジョニング プラットフォーム(MSPP)としてCisco ONS 15454を使用することで、ケンタッキーのネットワークを、単一でコスト効率の良いプラットフォームに集約させ、信頼性に関する問題をすべて解決しました。

「ONS 15454 プラットフォームでDWDMの転送機能をフルに発揮すれば、製品が持つマルチサービスの要素が向上します。カスタマーにとっては、DWDMによる転送統合によって、運営費用、設備投資の削減と運営の合理化が可能になります」と、IDCのオプティカル ネットワーク担当シニア アナリストであるSterling Perrin氏は述べています。

「シスコのMSTP戦略により、ALLTEL のようなカスタマーも、新サービスをコスト効率良く導入できるだけでなく、既存のインフラストラクチャから新たな収益のチャンスを作りだすことが可能になりました。MSTPの機能は、最先端のキャリア クラスDWDMケイバビリティの導入により、マルチサービス サービス プラットフォームが次の段階に進化したということを示しています」と、シスコの副社長兼オプティカル ネットワーク グループ チーフ テクノロジー オフィサーであるRajiv Ramaswamiは述べています。

Cisco ONS 15454 MSTPシステムは、あらゆるタイプのサービスがSONET/SDHを必要とせずに2.5Gbpsまたは10Gbpsの波長として転送される、スタンドアローンの32チャンネル DWDMネットワークとして設計することができます。また、アプリケーションの組み合わせにより、SONET/SDHベースのサービスと波長サービスの両方の同時転送を行うような設定も可能です。ONS 15454 MSTPプラットフォームは、Cisco ONS 15454 MSPPと同じシャーシ、プロビジョニング ツール、要素管理システムを使っていますので、予備部品や研修を減らし、光ネットワークの運用効率を向上させることが可能です。Cisco ONS 15454 MSTPシステムは32チャンネルを完全にサポートしており、増幅器、チャネル、帯域光アド/ドロップ マルチプレクサ(OADM)などの製品が用意されています。

Cisco Complete Optical Multiservice Edge and Transport製品群について

Cisco Complete Optical Multiservice Edge and Transport(COMET)の製品ラインは、サービスの速度、密度、多様性、機能を最大限まで引き上げ、IPと光のネットワークを向上させる基盤を構築します。Cisco COMETに関するニュースや情報は、http://www.cisco.com/warp/public/779/servpro/solutions/optical/でご参照いただけます。Cisco COMET光ソリューションは、アトランタで2003年6月3日から5日まで開催しておりますSuperComm conferenceのブース ナンバー21355でご覧いただけます。

シスコシステムズについて

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.com/でご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ