ワールドニュース

米国ニュース


Astral Telecom社がVoIPサービスの拡張にBearingPoint社とシスコ社のソリューションを選定

ケーブル事業者、BearingPoint社およびシスコ社と共同でルーマニアの音声市場の規制緩和を活用

2003年5月20日、ルーマニア、ブカレスト発 - シスコシステムズ社は、本日、世界最大手のビジネスコンサルティングならびにシステムインテグレーション企業の一つ、BearingPoint, Inc.社(NYSE:BE)と共同で、ルーマニアのブロードバンド ケーブルテレビ事業者のAstral Telecom社をサポートし、IP上の音声(VoIP)サービスを同社加入者ベースへ配信すると発表しました。

「当社のビジネスは常に発展していますので、したがって、今回、当社が行う既存のブロードバンド ケーブル インフラストラクチャへの音声サービスの追加は当社にとって自然の流れなのです」と、Astral Telecom社ジェネラルマネージャのAurel Costea氏は述べています。「シスコ製DOCSISを採用したケーブルアーキテクチャにより、当社は、自社ネットワーク全体のサービス品質ポリシーを効率よく設定することができました。当社のサービスを新規契約する顧客をますます増やすことができるのは、信頼性の高いインフラストラクチャと耐障害性の強いサービスであるということを認識していましたので、最終的に、当社は、BearingPoint社とシスコ社のソリューションを選択しました」

ブロードバンド ケーブル インフラストラクチャ上における1級品の音声サービスの実現に向け、Astral社と共同で合作のソリューションを統合し実現する上で、シスコ社とBearingPoint社との戦略的同盟関係が重要な役割を演じました。Astral Telecom社はルーマニア最大手のケーブルTV事業者の一つですが、現在、ケーブルTVを町村数100ヶ所以上、加入者数650,000に、また、データサービスを都市数20ヶ所以上、オンライン顧客数9000名以上に提供しています。

「Astral社は、ルーマニア通信市場の規制緩和がもたらした新しいビジネス機会を迅速に利用しました」と、Cisco Systems EMEA社、サービス プロバイダマーケティング担当ディレクタのMichael Bayerはコメントしています。「データ、音声、ビデオの各サービスの配信をフルにサポートできる技術を選択することにより、Astral社は同社既存のケーブルインフラストラクチャが持つ可能性をフルに生かすことができましたし、今後、顧客へのサービスの提供を拡大して新しい収益に柱を築くことができます」

合作のクラス5 VoIPソリューションは、BearingPoint社のInfonovaソリューションとシスコ社のアーキテクチャを統合したものですが、これにより、Astral社はオンネットとオフネットのコールスイッチング機能を実現できるだけでなく、電話番号のポータビリティと音声メールなどのサービスも可能になります。BearingPoint社のInfonovaソリューションはOSS/BSSシステムも提供し、Astral社は同社のVoIP加入者の設定と課金が行えるようになりました。

「このプロジェクトにより、Astral社がどのような方法で次世代の通信サービスを加入者に提供できるかを例証することができます」と、BearingPoint社製品開発担当副社長のMichael Blaschitz氏は述べています。「Astral社は、顧客が求めているような新製品とサービスを成長の著しいルーマニア通信市場に提供できます」

Astral社の顧客は、ケーブルモデムのアナログポートを経由して、標準の電話機をVoIPサービスへ接続できるようになります。また、IP電話の機能をフルに使用したいと考えている企業やユーザーは、標準のEthernetインタフェースにより、IP電話を接続できます。

Astral社は、事業者クラスのPacketCable 1.0認定 Cisco uBR10012ケーブルモデム終端システム(CMTS)を配備する計画で、これには、Cisco DOCSIS準拠のMC5X20S高密度、高性能ブロードバンド処理エンジンも含まれます。また、このケーブル事業者は、Cisco PGW 2200 PSTNゲートウェイと、AS5000シリーズ ユニバーサル ゲートウェイも配備し、SS7接続とVoIP中継サービスを実現し、Romtelecom社などの通信事業者と接続します。これにより、Astral社の音声サービス加入者は、ルーマニア国内および海外のPSTN加入者と相互接続することができます。PGW 2200を配備した結果、Astral Telecom社は、ルーマニアにおける規制緩和以降、Romtelecom社との相互接続を行った最初のブロードバンド音声通信事業者になりました。

Astral社のケーブル ネットワーク アーキテクチャも、Catalyst 6500 シリーズスイッチと、Cisco 7500シリーズルーターで構成されています。

Astral Telecom社について

Astral Telecom社は1993年から操業を開始し、トランシルバニア地方の歴史的、文化的に重要なセンターの一つであるクルージナポカに本社を構える地域ケーブルテレビ事業者として位置固めを行いました。Astral Telecom社は発展を続け、ルーマニア全土をカバーできるレベルにまでサービスを順調に拡大し、2003年初頭には、100箇所の都市で650,000世帯以上の加入者を抱える全国的な通信サービス プロバイダ(CSP)に成長しました。同社の総合インターネットサービスは、20ヶ所以上に及ぶルーマニアの最重要都市をカバーし、2002年におけるオンライン インターネット クライアント アカウント数の増加率は50%に上りました。Astral Telecom社は、2003年3月、国際音声通信サービスを、また、IP電話サービスを2003年4月からそれぞれ開始しました。

Astral社では、ケーブルテレビ、国際音声通信サービス、IP電話サービス、インターネットおよびデータサービス(TVケーブル、光ファイバ、無線、専用線)、無料ウェブメールとウェブサービス、VPN、テレビ会議サービス、音声サービス、自社チャネルとウェブ製品を使用した広告サービスなどの各種サービスを提供しています。www.kappa.rowww.k.rowww.email.ro

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ:CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.com/でご覧いただけます。欧州への シスコ 製品の供給は、Cisco Systems, Inc. の完全子会社である Cisco Systems International BVが行っています。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴマーク、およびCisco IOSは、米国およびその他の諸国におけるCisco Systems, Inc.および関連会社の登録商標です。

連絡先

サードパーティ向け連絡先:
John LaPlace
BearingPoint, Inc社
(212) 954-2463
jlaplace@bearingpoint.net

報道関係向け連絡先:
Marc Musgrove
Cisco Systems, Inc.
+44 (0)20 8824-6200
mmusgrov@cisco.com

Charles Sommerhauser
Cisco Systems Inc.
925-417-5227
charles@trivalley.com

投資家向け広報担当:
Patty Archibeck
Cisco Systems
+44 (0)20 8824-2739
PattyArchibeck@cisco.com

産業アナリストのコメント:
David Taylor
Cisco Systems
(44) 20 8824 8459
dwtaylor@cisco.com

Related Links
シスコのCMTS/Softswitch製品がPacketCable™ 1.0 資格に認定
▲Return to Top

お問い合わせ