ワールドニュース

米国ニュース


シスコ IP電話、CSIROのコスト削減に寄与

オーストラリア科学研究機関のCSIRO、職員間通信の利便性を改善

2003年5月16日、オーストラリア、キャンベラ発 - シスコシステムズ社は、オーストラリアの主要研究機関である科学・工業研究機構(Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation、CSIRO)に、インターネットプロトコル(IP)通信ネットワークのネットワーキング装置を納入しました。

約800名のCSIRO職員はこのネットワークをフルに活用していますが、このネットワークは、ネットワークの管理コストを低減し、機構の通信インフラストラクチャの性能を高めています。キャンベラに拠点を置くCSIROでは、同機構の電話システムをPBX(private branch exchange)からCisco® AVVID(音声、ビデオ、統合データ用アーキテクチャ)ネットワークに移行したことにより、研究サイト4箇所のコストを年間$400,000ドル削減したと計算しています。

シスコ IP電話ソリューションは、CSIROが約10年間に渡り稼動しているシスコ製IP型データネットワークを拡張したものです。2002年の後半から稼動を続けているネットワークを使用して、ブリズベン、キャンベラ、およびパースに勤務するCSIRO職員は電話、音声メール、TV会議などのアプリケーションを使用しています。この他の5箇所では、2003年中期までにIP通信の開始を目指して準備をすすめています。

CSIROのネットワーク運営マネージャであるJustin Booth氏は、「IP電話を含めたIP型通信により、CSIROの運用効率が高まり、革新的な機能が使えるようになりました」と、述べています。

ネットワークはIPを基盤にしているため、音声およびデータ通信を一元的に設定、管理できるようになり、コストを削減すると共に、CSIROのビルごとにPBXを設置する必要がなくなりました。CSIROはまた、Cisco Call Managerコール処理ソフトウェアと、Cisco Unity(tm)音声メールシステムをMicrosoft社のアクティブ ディレクトリ サービスに統合した最初の団体の一つでもあります。

この統合により、各種情報が同じディレクトリサービス内に保持できるようになりますので、CSIROは音声サービスやITサービスのためにデータを複製する必要がなくなります。さらに、CSIRO職員は、シスコ IP電話7960または7940シリーズの電話から簡単な番号をダイヤルするだけでCSIRO職員名簿に接続できるほか、生産性の向上の面では、音声メールメッセージを電子メールメッセージの形で職員のコンピュータへ直接配信することもできます。

移動のしやすさも、集約されたIP型ネットワークが持つもう一つのメリットで、柔軟性を高め、通信管理のコストを削減することができます。このネットワークにより、CSIRO職員は、DSLモデムに接続した電話機を使って、自宅から機構のローカルエリアネットワーク(LAN)にアクセスすることができます。 海外に出張中の職員は、ブロードバンド接続により、仮想私設ネットワーク(VPN)を経由してCSIRO事務所へ直接リンクすることができます。

シスコ社オーストラリアおよびニュージーランド担当マネージングディレクタ、Terry Walshは、「シスコ社はCSIROと長期に渡る関係を持っています。両社は、真に重要なメリットを創生するにはIP技術が欠かせないことを理解していますし、IP通信はまさにそれをしてくれる技術なのです」と述べています。

このネットワークは、Cisco Catalyst® 6509および Catalyst 3550シリーズスイッチ(http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps708/index.html)、シスココール マネージャ バージョン3.3、シスコ 7835メディア集約サーバー、Cisco IP電話7960、7940および7905モデルなどのシスコハードウェアならびにソフトウェアで構成されています。

CSIROについて

CSIROは世界的に有名な科学研究機関です。世界初のプラスチックでラミネート加工した預金通帳、原子吸光分光光度計、インタースキャン(マイクロ波技術を採用した革新的な航空機着陸システム)など、多様な方面で実績をあげています。

1926年の開設以来、科学・工業研究機構(Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation)は、世界最大規模の、もっとも多様な科学研究を行っている機関の一つになるまでに発展しました。オーストラリア連邦政府直属の機関として、7,000名の職員が、農業、鉱物、エネルギー、製造、通信、建設、医療、環境など、同国にとって環境面や経済的、社会的に価値となる分野の研究開発を行っています。

シスコシステムズ社について

シスコシステムズ社は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。詳しくは、www.cisco.comをご覧ください。

Copyright? 2003 Cisco Systems, Inc. All rights reserved.Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴマーク、Catalyst、およびCisco Unityは、米国およびその他の諸国におけるCisco Systems, Inc.および関連会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

連絡先

報道関係向け連絡先:
Peter Witts
Cisco Systems, Inc.
61 2 8446 5272
pwitts

Related Links
Astral Telecom社がVoIPサービスの拡張にBearingPoint社とシスコ社のソリューションを選定
▲Return to Top

お問い合わせ