ワールドニュース

米国ニュース


シスコの「トリプルプレー」通信ポートフォリオ、ケーブル業界のインフラストラクチャを転換

新開発の「インテリジェント ブロードバンド エッジ」「住宅向けVoIPソリューション」「デジタル ビデオ オン デマンド」により、MSO マルチサービス、マルチデバイス デジタル転換をサポート

2003年5月12日、Cable-Tec EXPO見本市(ペンシルベニア州フィラデルフィア)、カリフォルニア州サンノゼ - シスコシステムズは、本日、ケーブル事業者向けに、新しいデータ/音声/ビデオ サービスの実現を低コストで加速できるトリプルプレー戦略を発表しました。シスコ®は、規格に準拠し、一般的なアーキテクチャによるフレームワークに対応したインテリジェント製品、ソリューション、サポートを取り揃えたポートフォリオを投入します。このポートフォリオは、幅広い業界規格を採用することによるアーキテクチャ上のメリットや経済性という特徴を持ち、今後ますますデジタル化が進むマルチサービス、マルチデバイスのブロードバンドの将来に向けて、マルチシステムオペレータ(Multiple System Operator、MSO)がそのインフラストラクチャを転換することを容易にするものです。

ケーブル事業者は、新しいデータ/音声/ビデオサービスを導入しスケールアップすることにより、現在、抱えている課題を容易に克服できるようにするため、サプライヤーに対して、さらに統合化の進んだ実証済みのソリューションを実現するよう求めています。「ケーブルMSO各社は、激しい顧客変動の抑制、新しいサービスの効率よいスケールアップ、新規顧客に対する訴求力、繰り返し発生する運用コストの制御等々を可能にする技術やビジネスソリューションを求めていることを考慮すると、本日のシスコ社からの発表は非常に重要な意味を持っています」と、通信業界の調査、分析を行っているStratecast Partners社の共同創設者であり、常務取締役のMike Smith氏は述べています。「完全統合化され、スケーラビリティの高いインテリジェント ネットワークを構築できるかという課題は、MSOにとって避けることのできない命題なのです。というのは、自社の資産をてこ入れして、競合企業が真似のできないサービスや機能を実現しようとしているからです。包括的なソリューションを用意することにより、シスコ社は、最新のビデオ/データ/音声サービスを提供するインテリジェントな技術基盤をMSOが構築できる最高の立場にいます」

「すべては、規格準拠の技術とインテリジェントなネットワークを採用して、データ、音声、ビデオの配信を可能にし、柔軟性が高く、スケーラブルなMSO向けのインフラストラクチャを設計することにあります」と、シスコシステムズ社、ブロードバンドおよびケーブル業界開発担当副社長のPaul Boscoは述べています。「シスコ社の新しいプラットフォームは、サービス速度を加速し、革新を可能にし、新しいサービスのためのアーキテクチャの導入を容易にします。ケーブル事業者は、すでに敷設されている一般的な基盤を使用することにより、効率の向上と長期的がバンドルされたメリットを歓迎するでしょう。そして、これにより、マルチメディアのデジタル時代の最前線へと向かうのです」

また、シスコ社は、本日、新開発のエンドーツーエンド IP上の音声VoIP)技術ソリューション、PacketCableTMおよびDOCSISTM準拠のソリューションのバンドル版、住宅用VoIPサービスの配備、立上げ、スケールアップを加速させるサポート サービス セットも併せて発表しました。さらに、シスコ社は、CableLabTMPacketCable認定のBTS 10200ソフトスイッチを導入しました。このVoIP電話ポートフォリオにより、ケーブル事業者は、音声、データ、ビデオサービスを共通のネットワークで配信することによりコストを最小限に抑えながら、既存のDOCSISインフラストラクチャを使用して新しい収益の柱を構築できるようになります。

今回、発表されたトリプルプレーは、シスコ社の通信事業者向けのハイエンド ルーティング、メトロ型ルーティング、スイッチング、(SONET/SDHおよび DPT/802.17 トランスポートを含む)光トランスポート、CMTS ならびに設定用の各プラットフォームを採用し、完全に統合化された双方向型マルチメディア ネットワークの基盤を提供します。この他、ケーブル関係のニュースとして、シスコ社は次のように発表しました。

  • 高速データ:シスコ社が新たにケーブル事業者向けに提供するのは、業界最高の同社ケーブルモデム終端システム(CMTS)への強化製品で、トラフィック管理とサービスの段階的なサポートを可能にし、CMTSに実装可能な新開発の「エッジ インテリジェンス」機能などがあります。
    /japanese/warp/customer/3/jp/news/pr/newsroom_us/2003/0530/prod_051203c.shtml
  • ビデオ オン デマンド:シスコ社は、次世代デジタル ビデオ ネットワーク ソリューションを提供します。これにより、MSOは、ビデオ オン デマンド(VOD)サービスを低コストで容易に実現し、スケールアップすることができます。.
    http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/news/pr/newsroom_us/2003/0530/prod_051203b.shtml
  • ブロードバンド サービス向けシスコ社インターネットOSSと、シスコ社製ハードウェアを組合わせて、設定、障害検出と通知、障害の切り分け、課金などの機能を搭載し、マルチメディアサービスとネットワークを監視、管理することにより、サービスの信頼性、品質を最適化し、収益の柱の構築を可能にする統合OSSソリューションを用意しています。
    http://www.cisco.com/en/US/netsol/ns110/ns290/ns289/ns29/networking_solutions_package.html

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ:CSCO)は、インターネット向けネットワーキングにおける世界最大手企業です。シスコに関する情報は、http://www.cisco.comに掲載しています。掲載しているニュースについては、http://newsroom.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

連絡先

報道関係向け連絡先:
JoAnn Johnston
Cisco Systems, Inc.
(650) 322-6245
jvjohnstn@aol.com

投資家向け広報担当:
Aimee Fuller
Cisco Systems, Inc.
408 853-6554
asfuller@cisco.com

産業アナリストのコメント:
Ron Davis
Cisco Systems, Inc
408-526-8803
ronadavi@cisco.com

Related Links
Astral Telecom社がVoIPサービスの拡張にBearingPoint社とシスコ社のソリューションを選定
▲Return to Top

お問い合わせ