ワールドニュース

米国ニュース


シスコシステムズ、業界最高のチャネル パートナー育成/ノウハウ移転プログラムを導入

シスコのチャネル パートナー向けコンサルティング支援プログラムで、成長が見込める新しい市場に役立つ専門技術ノウハウを移転

カリフォルニア州サンノゼ、2003年4月21日発 - シスコシステムズ社は本日、公式の育成/ノウハウ移転プログラムとして、パートナー向けコンサルティング支援(PCS)プログラムを導入して、Cisco® 最先端サービス ポートフォリオを拡張すると発表しました。PCSプログラムにより、パートナー(賛同企業)はシスコ社の知的資本および指導実務訓練に参加することができます。これらの訓練は、エンド カスタマー向けの最先端サービス プログラムで検証されたものです。このプログラムでは、成長が見込める新しい市場で、チャネル パートナー企業が複雑なネットワーク インフラストラクチャを速やかに配備しサポートできるようにすることを目指し、技術的な実務訓練の組立てを後押しすることで、採算性に達するまでの時間を早めることを目標にしています。PCSプログラムは、専門的な技術について高いレベルの知識をすでに習得し、さらにシスコ社の専門家の支援を受けてその知識を補完したいと考えているパートナー企業を対象にしています。PCSプログラムの目標は、シスコ社の技術を広めるといった意味で、チャネル パートナーの支援プログラムで提供していることの質と一貫性を保つことにあります。これにより、エンドカスタマーは、どのレベルの専門家をサポートプロバイダに求めているかを認識できるという安心感を持つことができ、シスコ社では、こうした顧客がシスコ社から受けられると期待しているのと同質のサポートをチャネル パートナーのネットワークで実現できるようにするために必要な対策を講じています。

PCSプログラムは柔軟な構成になっていますので、シスコ社はそれぞれのチャネル パートナーが持っている技術レベルに合わせてPCSをカスタマイズすることができます。シスコ社はチャネルパートナーと共同で専門技術における技術レベルを査定し、各社の知識レベルを調べて、PCSプログラムの構成を推奨します。PCSプログラムは、チャネルパートナーの技術が高まるにつれてシスコ社に対して必要とするサポートレベルが下がるという前提に基づいており、PCSプログラムはさまざまなレベルのサポートを用意して、チャネルパートナーが独自ブランドのサービスによりシスコ社の技術を問題なく配備できるまでに高めて独立できるようにしています。

シスコ社PCSプログラムの初期レベルは、次に示す技術に関するサポートサービスで構成されます。Cisco IP電話、Cisco IPコンタクトセンター、Ciscoマルチプロトコル ラベル スイッチングによる仮想施設ネットワーク(VPN)、およびCiscoネットワーク インフラストラクチャ。

「このプログラムには、顧客に素晴らしい経験をしていただけるように、必要なことが凝縮されています」と、世界パートナーへの販売とマーケティングを行っているシスコCustomer Advocary社の副社長、Karl Meulemaは述べています。「シスコ社のPCSプログラムにより、チャネルパートナーが抱える技術的なギャップを埋め、これによりチャネルパートナー独自のブランド名を持つサービスを顧客に問題なく提供できるようにすることができます。また、このプログラムにより、成長が見込める新しい市場に複雑な技術を配備する危険性を軽減しながら、チャネルパートナーの採算性が取れるようになるまでの時間を早めることができます。その結果、チャネルパートナーはシスコ社のソリューションを速やかに、何の支障も無く実現することができ、顧客事業の成功を早めることができます。シスコ社の製品および技術の90%以上はチャネルパートナーが顧客の施設に配備していますので、このプログラムは、エンドカスタマーにとっても、チャネルパートナーにとっても、お互いにメリットになるプログラムです」

PCSにおける支援レベル

シスコ社のPCSサービスは、求められているサービスやプロジェクトの複雑さにより、リモート側から、あるいはオンサイトで提供することができます。シスコ社のPCSプログラムは、それぞれ「レビュー」「共同」「開発支援」という名称の3種類のサポートレベルを用意しています。チャネルパートナーとシスコ社は、技術ギャップ分析を通じて支援レベルを決定します。

「チャネルパートナーがシスコ社から提供される集中サポートのレベルを選択できるように、このプログラムを完全なモジュール形式になるように設計しました」と、シスコCustomer Advocacy社サービス マーケティング担当副社長のMike Farabelliは述べています。

チャネルパートナーとシスコ社との係わり合いの度合いに関わらず、チャネルパートナーはエンドカスタマーと契約関係を保持します。「 開発」支援レベルの場合、シスコ社はプロジェクトごとに、 開発と進行をリードしたり、必要なサービス コンポーネントを提供するだけでなく、ツールの提供、育成、ノウハウの移転、協議を行ったり、チャネルパートナーの技術力を高めるプロジェクト文書を作成します。「共同」支援レベルの場合、チャネルパートナーは、プロジェクトの開発やサービスコンポーネントの実現に向けて、シスコ社の技術者と共同作業を行います。この共同作業には、育成、ノウハウ移転、ツール、ワークショップ、ならびに両社の共同によるプロジェクト文書の作成などがあります。「レビュー」支援レベルの場合、チャネルパートナーがプロジェクトをリードしますが、チャネルパートナーが作成した計画、設計、あるいは成果物の実現に関するフィードバックや推奨事項についてシスコ社の支援を受けます。「レビュー」支援レベルでは、シスコ社による検討や文書化された推奨事項などが提供されます。

「Dimension Data社は包括的な専門サービスポートフォリオを独自に作成したことを誇りに思っていますが、このような競争力のある差別化要因が存在するため、しばしば、シスコ社の最新技術の実現に迫られています」と、Dimension Data North America社、接続サービス担当上級副社長のBrett Ganey氏は述べています。「Dimension Data社は、開発されたばかりのシスコ技術を含め、複雑な最新技術の配備を行う際に、シスコ社のPCSプログラムを利用しました。当社では、この公式のコンサルティング プログラムにより、顧客のニーズに合わせてスケールアップし、シスコ社と共同することで、業界随一を誇る同社の実務訓練とツールを当社の統合化手順である「Primer」に組み込むことができました。シスコ社の知的資本やエンジニアに即座に接触できるようにしたことで、Dimension Data社は顧客のROIを改善し、顧客の満足の度合いを高いレベルに保つことができます」

シスコシステムズ社の顧客およびチャネルパートナー向けサービスプログラム

シスコ社のPCSプログラムは、計画、設計、実現、および最適化(PDIO)を実現するサポートをカスタマイズ可能にした、チャネルパートナー向けのシスコ社最先端サービスプログラムの一つです。PCSプログラムは業界最高を誇るシスコ社の実務訓練と手順、専門家、ならびにワールドクラスの技術コンサルティングを利用して、シスコ社の技術の応用を確実に実現できるようにするものです。PCSプログラムは、チャネルパートナーが独自ブランドのサービスを提供できるようにするシスコ社の最先端サービスプログラムを拡張し、ツール、業界最高の実務訓練および技術サポートサービスなどを含めることにより、顧客の価値に基づいて選択されます。PCSプログラムを購入できるのは、求められる資格に適合したチャネルパートナーのみとなります。このPCSプログラムにより、チャネルパートナーはシスコ社の支援を受けることができ、市場に新しい技術が初めて導入されるときにその技術に関する情報を入手することができます。さらに、PCSプログラムでは実務的な支援をタイミングよく受けられますので、選ばれたパートナーが技術において時代の先を進みつづけることができます。

PCSの販売時期

シスコ社PCSプログラムは世界のどこからでも2003年4月から開始される予定です。チャネルパートナーを評価するシスコ最先端サービスプログラムへ参加することによる貴社のメリットについて詳しくは、シスコ代理店にご連絡されるか、または下記のURLwww.cisco.comから、ウェブサイトの「賛同企業と再販業者向け」のセクションをご覧ください。

シスコシステムズについて

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ: CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。シスコに関するニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.com/でご覧いただけます。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

連絡先

サードパーティ向け連絡先:
Bob Nelson
Porter Novelli
(408) 369-1500 x24
bob.nelson@porternovelli.com

報道関係向け連絡先:
Gia Filice
Cisco Systems, Inc.
(408) 853-4274
gfilice@cisco.com

Related Links
Q&A: シスコ、知識の伝達と指導を目的としたチャネルパートナー向け新プログラムを創設

シスコ、統合ネットワークセキュリティにおけるリーダーシップをパワーアップ

米国の有力運輸団体数社が苛酷な環境へのEthernetの配備として、Cisco Catalyst 2955を選定
▲Return to Top

お問い合わせ