ワールドニュース

米国ニュース


シスコシステムズ、シンガポールにおける「人気就職先企業」の上位10社に

技術系企業では、シスコ社が第一位

2003年5月1日

ニュース@シスコ、William Oei記者

世界のHRアウトソーシング/コンサルティング企業であるHewitt Associates社のサーベイによると、就職先として、世界の中でも最も人気の高い企業に選ばれているという評判を持つシスコシステムズ社のシンガポール支社は、同国でも「人気就職先企業」の上位10社に選ばれました。このサーベイによると、技術系企業の中ではシスコ社が第1位でした。

また、同じくHewitt社が先ごろオーストラリアで行った調査では、シスコ社は人気の高い就職先企業の第1位に指名されました。Fortune Magazine誌が行っている「アメリカでもっとも高く賞賛されている企業」および「最も人気の高い就職先企業」の調査でも上位にランクされています。


シスコ社は技術提供ならびに革新企業の最大手として広く知られていますが、人材の採用面でもますますその知名度を高めています。

「シスコ社では、当社社員の権利を尊重するといった根強い歴史があります。社員こそが当社のもっとも重要な資産なのです」と、シスコシステムズ社のシンガポール支社代表取締役のJames Chiaは述べています。

「社員間のオープンな会話と技術の使用を組合わせることにより、一人一人の社員が会社や業界の動き、あるいは会社が向かっている方向を察することができるのです。これが、シスコ社が世界的な経済不況の荒波に飲まれることなく、比較的、健全な状態を維持している理由の一つです」と述べています。

Hewitt社のシンガポール支社長、Na Boon Chong氏によると、「他の業界も含めた「人気就職先企業」も実践していることですが、ハイテク企業は、社員の教育と作業環境に重点を置いています。現在の世界的な経済不況は多くのハイテク企業に影響を与えていますが、シスコシステムズ社のような元々の先駆的な企業が他の同業者よりも全社的な業績が良いという点は大いに評価すべきであり、それ故に、Hewitt社が世界各国で行っている「人気就職先企業」にランクされるのです。キーは持続力です」

シスコ社のシンガポール支社は、アジア太平洋地区における当社の戦略的ハブ拠点の一つです。ここには、金融、人材、製造、マーケティングなどの主要ビジネス機能だけでなく、技術および顧客層別事業の展開チームが置かれています。

「シンガポールの「人気就職先企業」、ならびに2年連続でオーストラリアの最優秀就職先企業に指名されたことは、非常に名誉なことですし、シスコ社の社員に対する待遇が証明されたことになります。シスコ社では素晴らしい人材を雇用するだけでなく、社員の教育、協調、チームワークと成功を助長し、社員のやる気や良い刺激を与える環境を作り続けます」と、シンガポールに在住する、アジア太平洋担当人事部長のSteve Cadiganは述べています。

William Oei は、シンガポール在住のシスコ社広報マネージャです。

▲Return to Top

お問い合わせ