ワールドニュース

米国ニュース


シスコ、STACKWISE™ TECHNOLOGYを採用した、スタッカブル スイッチの新機軸、CATALYST 3750シリーズを発表

インテリジェントで柔軟なスタッキングとギガビット イーサネットのパフォーマンスを初めて両立させた、新世代のスタッカブルスイッチ

2003年4月15日ネバダ州ラスベガス - シスコ ワールドワイド パートナー サミット - シスコシステムズ社 (NASDAQ: CSCO) は本日、Cisco StackWise™ Technologyの採用によりデスクトップ スイッチングの新たなスタンダードとなる、次世代のスタッカブル スイッチ プラットフォーム、Cisco® Catalyst® 3750シリーズを発表しました。本シリーズでは、スタッキングの柔軟性がこれまで類を見なかったほど向上し、ギガビット イーサネットのパフォーマンスが簡単な操作で実現されるようになりました。中規模の組織や企業の支社などでは、ビジネスニーズの変化に対応しながらローカル エリア ネットワーク (LAN)の運営効率を向上させることも可能です。

Cisco StackWise technologyは革新的なスタッキング アーキテクチャで、Catalyst 3750シリーズの中心となっています。この技術により、スタックを32Gbpsで相互接続させ、個々のスイッチを最大9基まで一元管理することができるので、コンバージェンスを最適化した、ロジカルな単一の装置として機能させることが可能になり、カスタマは音声、動画、データをこれまで以上に安心して活用することができるようになります。シスコのイノベーションは、スタッカブル スイッチをお使いのカスタマに次のような新機軸を提供します。

  • ハードウェアとソフトウェアの両面で最新のフェイルオーバを提供することによる柔軟なスタッキング
  • 分散型フォワーディングとquality of service (QoS) によるサービスの一元管理
  • 自動コンフィギュレーションによる簡便な操作性
  • ギガビット イーサネット接続への要望に対応した性能
  • IPv6対応可能

新しい装置の多くがIP対応となりつつある今、ネットワーク製品もIPv6をサポートすることが必要になっています。Catalyst 3750を導入するカスタマはハードウェアがIPv6に対応することがわかっていますので、将来ソフトウェアをアップグレードするときにもこのプロトコルをサポートすることが可能です。

さらに、Cisco Catalyst 3750を導入すれば、シスコのチャネル パートナーは、コンバージェンスとギガビット クラスのハードウェアを新しいアプリケーションやサービスと組み合わせ、さまざまなビジネス上のメリットをカスタマのネットワークに付与することも可能です。

シスコシステムズ®では業界トップのスイッチ製品をフルラインアップで用意しておりますので、コア スイッチ、分散レイヤー スイッチ、データセンタ スイッチ、デスクトップ スイッチのいずれにおいても、カスタマは簡単にギガビット イーサネット技術に移行することが可能です。シスコのエンド ツー エンドのソリューションには、Catalyst 6500Catalyst 4500に加え、スタッカブルなギガビット イーサネットを実現するCisco Catalyst 3750も含まれています。ギガビット イーサネットではインテリジェントなサービスも可能となるため、画像からEコマースまで、カスタマは幅広い方法でネットワークを利用できるようになるのです。

「これまでCisco Catalyst 3750のテストを続けてきましたが、ネットワークの可用性をさらに高める、その性能と機能にはとても満足しています」と、電子材料、水素、ヘリウム、高性能化学品の分野で最大手のグローバル サプライヤであるエアプロダクト(Air Product) 社のグローバル テレコミュニケーション担当ディレクター、Virgil Palmer 氏は述べています。「ネットワークの柔軟性は、SAPソフトウェアのグローバル展開に対応するためにとても重要なものであり、それが可能になれば当社はカスタマの皆さまにより良いサービスを提供できるようになるでしょう」

「Cisco StackWise Technologyにより、Catalyst 3750では、革新的なスタッキングとギガビットの機能を見事に組み合わせることができ、新たなスタンダードを設定できたと、とても誇りに思っています。この画期的な技術を通じて、カスタマは、比類なきレベルの性能、柔軟性を備えた、導入とメンテナンスが簡単なスタッカブル スイッチのファミリーだけでなく、業界でもっとも進んだインテリジェンス サービスのセットを得ることができるのです」と、シスコのデスクトップ スイッチング ビジネスユニット担当の副社長兼ジェネラル マネジャーのKathy Hillは述べています。

販売時期と価格について

以下のモデルが販売されます。

  • Catalyst 3750G-24TS (10/100/1000ポート:24、small form-factor pluggable (SFP) アップリンク:4) - $6995から
  • Catalyst 3750G-24T (10/100/1000ポート:24) - $5995から
  • Catalyst 3750-24TS (10/100ポート:24、SFPアップリンク:2)- $4995から
  • Catalyst 3750-48TS (10/100ポート:48、 SFPアップリンク:4)-$9995から

Cisco Catalyst 3750シリーズ スイッチのカスタマへの出荷は、6月に開始が予定されています。それぞれのスイッチは、enhanced multilayer software imageにアップグレード可能です。

4月15日(火曜日)午後3時(太平洋夏時間)より、シスコシステムズはCisco Catalyst 3750シリーズとCisco StackWise technologyの記者発表の模様をWebで配信します。ウェブキャストの登録と視聴は以下のWebサイトで行ってください。
www.cisco.com/go/semreg/pspresscon

Catalyst 3750シリーズ スイッチについての詳しい情報は以下のWebサイトでご覧いただけます。 www.cisco.com/go/catalyst3750 また、先日発表されたCatalyst 6500次世代モジュールについての情報は、以下のURLでご覧いただけます。
http://newsroom.cisco.com/dlls/prod_033103.html.

エンド ツー エンドのスイッチング ソリューションをネットワークのコアからエッジにわたって提供する、Cisco Catalystスイッチの全モデルについての詳しい情報は、以下のWebサイトでご覧いただけます。http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/index.html.

シスコシステムズ社について

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ:CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。ニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.com/newsに掲載しています。

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴマーク、CatalystおよびStackWiseは、米国およびその他の地域における、Cisco Systems Inc.及び関係会社の登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。「パートナー」という語の使用は、シスコと他の企業との間の提携関係を意味するものではありません。

連絡先

報道関係向け連絡先:
LeAnne Frank
Cisco Systems, Inc.
(408) 853-4336
lefrank@cisco.com

投資家向け広報担当:
Liz Lemon
Cisco Systems, Inc.
(408) 527-8452
lemon@cisco.com

業界アナリスト向け連絡先:
Charlene Birkeland
Cisco Systems, Inc.
408 525-5904
cbirkela@cisco.com

Related Links
シスコ パートナー サミット2003概観
▲Return to Top

お問い合わせ