ワールドニュース

米国ニュース


AT&Tとシスコ、グローバルなネットワーク管理サービスでの市場提携を強化

よりイノベーティブなソリューション、より信頼性のあるサービス、より多くのネットワーク投資収益をビジネス・カスタマに提供


2003年2月25日、ニュージャージー州ベッドミンスター、カリフォルニア州サンノゼ発
長年にわたる戦略的関係の強化策の一環として、AT&T(NASDAQコード: T)とシスコシステムズ(NASDAQコード: CSCO)は本日、AT&Tが誇るトップクラスのグローバル・ネットワーク管理サービスのポ-トフォリオをさらに向上させるために、マーケティングとセールスの両部門で提携を行うことを発表しました。提携の対象となったネットワーク管理サービスではシスコの技術が使用され、さらに製品及び技術計画でも両社が協調することになります。今回の同意は、米国のビジネス・カスタマーとともに、グローバルな管理サービスが必要な米国本社の多国籍企業カスタマーにサービスを提供することを主要目的としています。

「AT&Tとシスコそれぞれのネットワークのリーチや管理サービスの数、セールスの総合力、マーケットでの強い影響力を組み合わすことになるので、今回の同意は業界でも屈指の規模を誇るものになるでしょうね。」と、産業調査、コンサルティングのトップ企業であるガートナーの情報技術サービス・ビジネス戦略部門の首席アナリスト、Michael Haines氏は語ります。また、「情報技術産業は急速に集中型ネットワークの導入に向かっているため、ネットワーク・ハードウェアのメーカーとサービス・プロバイダが協調し、カスタマーのニーズに完全に応えられるソリューションを提供することが不可欠となっています。」とも述べています。

今回の同意では、シスコの販売組織と同社が関係する間接的なセールス・チャネルが協力し、企業の運営と基幹アプリケーションに対応した、AT&Tの管理サービスを提供することになっています。カスタマーには多様なサービスが提供される予定で、当初は、インターネット・プロトコル・バーチャル・エリア・ネットワーク(IP VPN)のサービス圏内でAT&Tが提供する17のエンド・ツー・エンドの管理サービスをはじめとして、IPネットワークでのセキュリティ・サービス、都市圏での光回線とイーサネットのサービス、ルータ管理サービス、 ホスティング管理サービス、音声/データ統合アクセス・サービスなどが用意されています。さらに、サービスは今後も充実してゆく予定です。

「今回の同意は、シスコとAT&Tの長所を最大限に利用したものであり、ネットワーク技術と安全な基幹サービスの展開を次のレベルにまで引き上げることを目的としています。」と、AT&Tビジネス・セールスの社長である、Ken Sichau氏は語ります。そして、「両社の関係が深まれば、カスタマーも容易にAT&Tとシスコを選ぶことができるようになるでしょう。なぜなら、我々は実績のあるソリューションの品揃えをこれまでよりはるかに充実させて、カスタマーにアプローチできるからです。」と続けています。

シスコとAT&Tのコラボレーションによりすでに恩恵を受けている企業の一つが、ハラーズ・エンターテインメント社です。ハラーズの最高情報責任者、Tim Stanley氏は、「ネットワークの分野でのシスコとAT&Tの専門性を信頼しています。現在のニーズ、あるいは将来のニーズに対応するソリューションを構築してくれますからね。」と述べています。「シスコとAT&Tはダイナミックなチームになるでしょう。これからもネットワークのアップグレードを続け、ビジネスをサポートしてくれるサービスを導入したいと考えていますので、このチームと一緒に仕事するのが楽しみです。」

シスコシステムズのワールドワイド・フィールド・オペレーション担当副社長である、Rick Justice氏は、「これまでもうまくいっていたAT&Tとの関係をさらに拡大させることにより、シスコは数十億ドルの規模を持つ管理サービス・マーケットでのマーケット・カバレッジを拡大させることができます。また、セールスやパートナー・プラン、カスタマー契約を共同で進めることにより、相互のカスタマーの購買プロセスが簡略化されます。マーケットでのカバレッジを拡大させるためには、シスコでもトップクラスのチャネル・パートナを選りすぐり、AT&Tの管理サービスを効率的に、とりわけ成長中の中小企業マーケットに販売してゆきたいと思っています。」と述べています。

潜在的には、AT&Tでは1,200のアライアンス・チャネルが、シスコでは3,000以上の認定チャネル・パートナーが、二つの会社の製品とサービスを組み合わせたソリューションを販売することが可能です。

ソーラーコム社のような付加価値再販業者は、AT&Tとシスコの能力を組み合わせることで魅力的な提案ができると考えています。ソーラーコム社の社長、Ted Glahn氏は、「カスタマーがビジネス上の問題を解決するのを手助けする、これこそが当社の業務なのですが、今日のカスタマーは完全なソリューションを求めています。」と述べています。また、「完全なソリューションを提供するには、協調する意思がなければなりません。AT&Tとシスコとともに仕事をすることは、当社にとっては成功のカギでもあるので、両社の関係が強化されたことで恩恵を受けるのを楽しみにしています。」とも述べています。

今回の同意で注目すべき点は、上席役員たちが陣頭指揮する各種の「技術製品計画評議会(Technology and Product Planning Councils)」の創設です。これらの評議会は現在のコラボレーションをさらに深化させ、カスタマーのニーズとマーケットの機会を見定め、それに対応するためのものです。AT&Tとシスコのそれぞれの特色を活かすことを前提に、評議会は注目の技術を深く検討することで、新たな権利サービスの開発をスピードアップし、より良い性能の実現を目指します。

AT&Tの最高技術責任者でAT&T Labsの社長である、Hossein Eslambolchi氏は、「当社では、これまでも他社とコラボレーションし、相互のカスタマー に注力してきた実績があります。」と述べています。「今回の提携により生まれたもので、現在入手可能なものとしては、AT&TのIP対応"フレーム・リレー ・サービスがありますが、これもシスコの技術に基づいています。現在、我々はこのプロセスを正式なものとして、イノベーティブなサービス、ソリューションの開発に拍車をかけたいと考えています。」とも述べています。

シスコシステムズの製品開発担当上席副社長兼ジェネラル・マネージャである、Charlie Giancarlo氏は、「業界の2大リーダーであるAT&Tとシスコが力を合わせることにより、カスタマーには、実績と信頼性のあるネットワークを介して基幹アプリケーションを調達する機会が提供されるのです。AT&Tが提供するシスコ・ベースのネットワークのリーチ、可用性は、相互のカスタマーにとっては、確かで重要なメリットとなるでしょう。」と述べています。

# # #

AT&Tについて

AT&T (www.att.com)は、企業、個人、政府をカスタマーとする、世界でもトップクラスの音声、動画、データ通信企業です。同社は、米国で最も規模が大きく、最も高度なネットワークを運営しており、研究開発機関であるAT&T Labsも有しています。データ、インターネット、管理サービスのサプライアとしては、公共、民間両方の部門でトップに立つAT&Tは、大企業や政府向けにアウトソーシングやコンサルティングのサービスも行っています。さらに、地域内通話や長距離通話、インターネットとともに、プリペイド・カードやコレクトコール、電話番号案内といったトランザクション・ベースのサービスでもマーケット・リーダーの座についています。収益は約370億ドルで、およそ5,000万人の個人と400万社の企業が同社のカスタマーとして、同社の提供する高品質な通信の恩恵を受けています。AT&Tはこれまで素晴らしい業績とカスタマー・サービスにより、いくつもの賞を受賞しています。

シスコシステムズについて

シスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。ニュースならびに関係資料はwww.cisco.comに掲載しています

# # #

Cisco、Cisco SystemsおよびCisco Systemsのロゴは、Cisco Systems社とアメリカ合衆国内外のシスコ社の関連会社の登録商標です。本文書で使用されているその他の商標はすべて、それぞれの所有者の所有物です。

* * *

編集者注: AT&Tとシスコシステムズでは、分野の専門家を招き、今回の発表に関する討議と質疑応答を、2月25日(火曜日)の午前11時(東部標準時間)/午前8時(太平洋標準時間)より オーディオカンファレンスでお届けします。米国内の記者やアナリストの皆様でオーディオカンファレンスへのアクセスをご希望の方は、1-800-475-6701までお電話下さい。国外の方は、+1-612-332-0530に電話すると参加することができます。

オーディオカンファレンスの再放送は、2月24日(火曜日)の午後3時(東部標準時間)/正午(太平洋標準時間)から2月26日(水曜日)の深夜(東部標準時間)/午後9時(太平洋標準時間)までアクセス可能です。米国内の記者やアナリストの皆様で再放送をお聞きになりたい方は、1-800-475-6701までお電話いただき、アクセス・コード676-431をダイヤルして下さい。国外の方は1-320-365-3844までお電話いただき、アクセス・コード676-431をダイヤルして下さい。

連絡先

一般向け連絡先:
John Heath
AT&T
908 234-8579
lwbyu@cisco.com

報道関係向け連絡先:
Lang Tibbils
Cisco Systems, Inc.
408 853-9013
ltibbils@cisco.com

▲Return to Top

お問い合わせ