ワールドニュース

米国ニュース


さまざまな業種の新規顧客ユーザーに対して生産性向上と投資回収率(ROI)を強調、IP通信分野における首位を万全に

シスコの音声、ビデオ、データ混在の通信システム、さまざまな異業種企業にもメリットを提供


2003年2月19日、米カリフォルニア州サンノゼ発
シスコシステムズ®は本日、Cap Gemini Ernst & Young、Cancer Therapy and Research CenterからMemphis Grizzlies、Global Crossingまで、IP通信における多数の顧客ユーザーを獲得したと発表しました。これらのユーザーはすべて、データ、音声、ビデオが混在するシステムの使用による、生産性の向上と投資回収率の多大な効果に注目しています。

Cisco IP通信システムは、金融サービス、保険、医療、不動産、製造、小売/娯楽、運送、教育、政府/公共機関のようなさまざまな業界の企業をサポートしています。

Cap Gemini Ernst & Young(CGE&Y)は業界大手の企業経営およびITコンサルティング会社ですが、既存の古いPBXや音声メールシステムのコストを管理し、投資を保護するという目的をCisco IP通信システムにより達成しています。CGE&Yのネットワークはハブ+スポーク設計を特徴とし、米国各地に点在する12箇所の事務所をCisco CallManagerソフトウェアクラスタに接続して、IPコール処理を集約しています。この会社ではすでに600台のCisco IP電話機を設置し、5月までに775台を追加する予定です。

「当初、既存のPBXを利用したハイブリッド型の音声/データソリューションを考慮していましたが、この方法は長期的に見ると発展性が無いと判断しました」と、CGE&Y北米事務所のネットワークサービス部長、Tom Fryar氏は述べています。同氏は、「従来のPBXを使用すると、オープン型でスケーラブルなシステムではなく、旧式のクローズ型システムに投資することになるということを忘れてはなりません」とも述べています。

CGE&Yは代わりに、自社のデータネットワークに IP電話機能を導入することを決定しました。このネットワークは、ほとんどすべてシスコ製品で構築されています。この結果、ネットワークの基盤としてのCisco AVVID(音声、ビデオ、統合データのアーキテクチャ)の導入と、音声インフラストラクチャが新たに必要となる事務所へのCisco IP通信システムの導入を選択しました。Fryar氏は、Cisco IP通信システムを導入する場合の初期設備投資は、同等のPBXシステムを導入する場合に比べて約20%安くなったと述べています。Fryar氏によると、このシステムの合計所有コストは、従来のPBXに関わるハードウェア/ソフトウェアの保守費用と比較すると約50%も安いということです。この節約を考慮した場合、CGE&Yでは、投資は3年間で回収できると予想しています。

「今回の新しいシステムの場合、弊社に設置されている旧型のPBXシステムに比べて、特に移動、増強、変更ならびにハードウェアの保守を行う際、センター環境から容易に管理、保守できることがわかりました」と、Fryar氏は述べています。「このシステムにより、従業員の生産効率が向上しています。たとえば、システムの管理も非常に容易で、PBXの時のようにダイヤルするのではなく、ウェブブラウザを開いてCisco Call Managerをポイントするだけで済みます。さらに、サポートスタッフ間の責任を分担することにより、従来、データ担当者と音声担当者を分けていた境界線のほとんどを取り外すことができます」

シスコはLAN 電話市場の最大手

シスコは今日までに6,000社以上のIP通信ユーザーを世界各国に抱え、IP電話機を140万台以上出荷しておりますが、今後もIP通信ソリューションの開発に精力を注いでまいります。さらに、シスコはLAN電話市場における首位をキープし、39.9%のマーケットシェアを握っているという資料(Synergy Research発行の2002年第4四半期レポート)もあります。シスコはまた、IP電話機の出荷台数もシェア50%で首位、企業向け音声ゲートウェイの出荷台数は72.8%のシェアを誇ります。

シスコのIP通信はさまざまな市場で首位

金融サービス業界では、Advancial Federal Credit Union、Allegacy Federal Credit Union、First Magnus Financial、KeyCorpおよびPeople's Bank and Trustにおいて、Cisco IP通信システムが稼動しています。保険業界では、ComparisonMarketがシスコソリューションを採用しています。医療サービス業界では、直近の例として、American Academy of Dermatology、Aspen Valley Hospital、Baylor Healthcare、Cancer Therapy and Research Center、Corsolutions、Marsh Field Clinic、Northwest Medical Center、およびWashington Regional Medical Centerの各医療機関がCisco IP通信システムを配備しました。

政府/公共分野では、オーバーン市(Auburn)、商務省、連邦取引委員会、ミネソタ州労働産業部、パームビーチ(Palm Beach)町、フロリダおよび国勢調査局でシスコの収束システムが採用されています。教育関係では、ミシガン州Bloomfield Hill地区の学校、Brigham Young大学、Chippewa Valley工業大学、Frederick区立学校およびJohns Hopkins大学応用物理研究所が古くからの顧客ユーザーです。製造関係では、Phillips PlasticsおよびRheem ManufacturingでCisco IP通信システムを活用しています。小売/娯楽関係では、Memphis Grizzlies NBAプロバスケットチームが新たに顧客ユーザーに加わりました。輸送関係ではTravel Centers of America、不動産関係ではYHD Foxtonsが顧客ユーザーとなっています。

「シスコがこのように幅広い業界からIP通信の顧客ユーザーを勝ち取ったことは、理論的な効果だけでなく、実務的な効果をもたらすのが市場であるということを示しています」と、Sage Researchの社長であるKathryn Korostoff氏は述べています。同氏は、「IP電話通信に関する最近の調査で、ITに携わっている従業員だけでなく、ITとは無関係の従業員にとっても、生産性の効果が大きいということを発見しました。私たちが調査したITサポートスタッフの43%が、平均して週に5.5時間の短縮になると報告しています。この調査では、遠隔地の事務所に勤める従業員の48%が、音声/データ収束システムを使用した場合、週に4.3時間の短縮になると報告しています」とも述べています。

Cisco IP通信システムについて

シスコのIP通信は、IP電話、統一された通信機能、IP音声/ビデオ会議、IPビデオ放送、問い合わせセンター用ソフトウェアなど、総合的なシステムを提供する企業クラス向けのソリューションです。Cisco (AVVID) を採用して強化したことにより、IP通信ソリューションは、運用効率を飛躍的に高め、組織の生産性を向上し、機能性や効率の高い作業環境を実現したいという顧客の要望を満たします。

シスコシステムズについて

シスコシステムズ社 (NASDAQコード: CSCO)は、インターネット用ネットワーク分野の世界的リーダーです。シスコのニュースと情報はhttp://www.cisco.com/で閲覧することができます。

# # #

Copyright? 2002 Cisco Systems, Inc. All rights reserved.Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、Cisco SystemsのロゴおよびCisco Unityは、米国ならびに一部の諸外国におけるCisco Systems, Inc.および関連会社の登録商標です。本文書ならびにウェブサイトで記載しているその他のブランド名、名称、商標の所有権は、所有企業各社にあります。

お問い合わせ先

新聞発表について:
Allyson Husted
Cisco Systems, Inc.
(925)837-0625
husteds@att.net

Robert Lopez
Cisco Systems, Inc.
408 525-1285
robertlo@cisco.com

投資家向け広報担当:
Blair Christie
Cisco Systems, Inc.
408 525-4856
blchrist@cisco.com

業界アナリスト向け連絡先:
Laura Irwin
Cisco Systems, Inc.
(408) 853-8876
lirwin@cisco.com

Related Links
IP通信への移行のための「生産性の報酬」をVoiceCon 2003にて基調演説

ITXC社が世界最大のVoice over IP ネットワークにシスコシステムズを選択
▲Return to Top

お問い合わせ