ワールドニュース

米国ニュース


シスコのIPネットワーク・ソリューションにより、大西洋便の機内でも高速インターネット・アクセスが可能に

ルフトハンザ、フランクフルト - ワシントンD.C. 便でシスコのモビリティ・ソリューションを初めて試用


2003年1月15日、ドイツ、フランクフルト - 民間航空便の乗客が機内でブロードバンド・ネットワークに接続できるという、航空業界で初めての試みが今日、ドイツのフランクフルトとワシントンD.C.を結ぶボーイング747-400の機内で始まりました。ルフトハンザ・ドイツAGが運行する、今回の歴史的フライトでは、乗客は空の上でも座席にくつろぎながら高速インターネット・アクセスができるのです。

モバイル情報サービス・プロバイダである、コネクション・バイ・ボーイングが提供するインフラストラクチャにより、機内と地上との間で下り3Mbps、上り128Kbpsの双方向かつ生のデータ通信が実現されました。シスコ・システムズからは、キャビン全室でのワイヤレス接続を可能にする、Wi-Fi (IEEE 802.11b)準拠のネットワーク技術とともに、乗客座席に取り付けられるイーサネット・コネクタが提供されています。

機内では、アクセス・ポイントのシスコ・エアロネット350シリーズが5基設置されているほか、シスコ3640ルータが1台とシスコ・カタリスト3548 XLシリーズ・スイッチが9台取り付けられています。これらシスコの標準機器は、民間航空規則に適応させるためルフトハンザ・テクニク社より修正、テストを受け、承認されたものです。

ルフトハンザ・フライネットのプロジェクト・マネジャであるブルカルト・ウィガー博士はこう語ります。「機内ネットワークには、他にも2,3の方法を検討したのですが、エンド・ツー・エンドでワイヤレス、ケーブル両方のネットワーク・ソリューションを提供できるシスコを選ぶことにしました。この会社だと、機内環境のきわめて特殊な要件にも柔軟に対応してくれますからね。」

「ブロードバンド・インターネット・アクセスは当社の乗客の皆さんに好評を博しているようです。機内にいる間も、情報を収集したり、遊んだり、仕事をしたりすることができますからね。」

カスタマのニーズに応えられるようサービス内容の微調整を行う必要があるため、ドイツのフランクフルトとワシントンD.C.を結ぶ便での乗客試用期間は3か月と設定されています。ルフトハンザでは、今後2年間でブロードバンド接続を同社の大陸間全路線に展開する意向です。

このプロジェクトは、ルフトハンザとシスコが培ってきた関係の延長線上にあるものです。両社は、民間航空会社やビジネス・ジェットに搭乗する専門職の人々が空を飛んでいる間も重要なビジネス・アプリケーションを使用できるようにする技術を、これまでも共同で開発してきました。

ルフトハンザでは、航空機のキャビンというインフラストラクチャに初めて対応した汎用型機内ネットワーク・コンポーネントとして、シスコの3200シリーズ・モバイル・アクセス・ルータに注目しています。最近発表されたシスコ3200は航空機などの移動体内に設置できるように特殊な設計が施されており、シームレスな移動性だけでなく、シスコIOSRソフトウエアのモバイルIPでモバイル・ネットワーク間をローミングできる機能、あるいはパワー、サイズ、重量の各面で航空機での使用にフィットする独自の仕様といった必要条件をいずれも満たしています。移動中でも中断なしにネットワークの情報にアクセスできる汎用型IP通信を実現するシスコ3200により、ルフトハンザのネットワークは既存の地上IPネットワークとアプリケーションから機内IPネットワークにまで拡張するでしょう。

「最近のビジネス・トラベラーは、移動中もオフィスやカスタマとつながっていたいと考えています」と言うのは、シスコ・システムズ・ドイツの副社長兼ジェネラル・マネジャである、アンドレアス・ドーメン氏。「ルフトハンザと共同で、我々はモバイル・インターネット・アクセスをモバイル・テレフォニと同じくらいシンプルにするソリューションに取り組んでいます。」

シスコ・システムズについて

シスコ・システムズ社 (NASDAQコード: CSCO)は、インターネット用ネットワーク分野の世界的リーダ。ニュース、情報はhttp://www.cisco.comで閲覧が可能です。ヨーロッパでシスコの機器の提供を行っているのは、シスコ・システムズの100%出資子会社である、シスコ・システムズ・インターナショナルBVです。

# # #

シスコ、シスコIOS、シスコ・システムズおよびシスコ・システムズのロゴは、シスコ・システムズ社とアメリカ合衆国内外のシスコ社の関連会社の登録商標です。本文書で使用されているその他の商標はすべて、それぞれの所有者の所有物です。

一般向け連絡先:
Judith Schunke
Banner Public Relations
+44 207 349 2200
judith_schunke@b1.com

報道関係向け連絡先:
Paola Tich
Cisco Systems, Inc.
+44 208 824 9724
ptich@cisco.com

投資家向け広報担当:
Roberta De Tata
Cisco Systems, Inc.
408 527-6388
rdetata@cisco.com

業界アナリスト向け連絡先:
Deborah Wiltshire
Cisco Systems.
+(44) 20 8824-9663
dwiltshi@cisco.com

Related Links
バッファロー・グローブ警察では、エアロネット・ワイヤレス・ブリッジにより巡回時間アップ、仕事効率アップ

未来の空の旅を予感させる、ルフトハンザの先進的活動をシスコが支援ーどの乗客もブロードバンド・アクセスが可能に

シスコ・システムズ、「ケーブル」をテーマにエデュケーショナル・ウェブキャスト「スピーカー・シリーズ」を実施
▲Return to Top

お問い合わせ