ワールドニュース

米国ニュース


シスコ・システムズ基金が地元の慈善事業を助成

「コミュニティの建設的発展を目指す地元の非営利組織を190万ドルの助成金で支援


2002年8月5日、カリフォルニア州サンノゼ - シスコ・システムズ基金は今日、サンノゼ・コミュニティ助成金を地元の社会奉仕機関と非営利グループに交付すると発表しました。この助成金はシスコ社のフィランソロピが後援する各種の助成プログラムのうちの一つとして、1年に2度交付されているものです。

今回の助成は、地元コミュニティ組織への基金の全面的支援を示すものです。助成が交付される組織は、ホームレスと飢餓の人を減らしたり、児童・老人向けヘルスケア・システムを改善したりする事業や、恵まれない人々や障害のある人々に就職の機会やコンピュータの講習を提供する事業、技術や芸術を通じて青年、成人の教育を充実させる事業への貢献を行っています。

助成金は、すでに5年間の成功実績があるサンノゼ・コミュニティ助成プログラムを通じて、サンノゼのシスコ本社の周囲50マイル以内の地域に本部を置く非営利組織のもので、すでに実施されているプログラムに対して交付されます。

「我々のコミュニティが直面している多くの問題に対するソリューションを継続的に確立していこうとする事業に、なんらかの方法で参画したいとシスコは考えています」と語るのは、企業フィランソロピー担当副社長のテ・ヨー氏。「パートナとしてコミュニティに奉仕するチャンスをシスコに与えてくれた組織の皆さんに感謝したいと思います。」

「これら慈善団体の皆さんは教育に欠くことのできないサービスの提供、コミュニティ・サービスの創生、維持を行い、食料や保護施設、ヘルスケアなど人が生活するために最低限必要な条件が満たされるように支援を続けています」

本会計年度では、およそ190万ドルが150近くのコミュニティ、非営利組織に助成されました。助成金は、教育、芸術教育、保護施設、食料、健康、コミュニティ・サービスの各分野で有効に活用されるように、さまざまなアイデアに満ちた方法で利用されています。今回の助成金は、たとえばコミュニティ・グループが実施する次のようなプログラムに活用されています。

  • サンノゼでは、Goodwill of Santa Clara Countyが同グループのA+サーティフィケーション・プログラムを通じて、25人以上の低所得層の成人を対象とした情報技術の専門トレーニングを実施します。助成金は、修了者にPC技術者の職が与えられるように、就職斡旋のスペシャリストに支払われます。

  • 同じくサンノゼのArts Council Silicon Valleyでは、ドロップアウトするおそれのある若者を救うためのArtsConnectプログラムが継続されることになりました。ArtsConnectを通して、サンタクララ郡教育管理事務所のオルターナティブ・スクール局ではプロの芸術家が800人以上の生徒と緊密な関係を築いて作業をしています。毎年行われるこのプログラムでは、問題を抱えた若者が自身の創造性に気づき、自信、自尊心や積極的な考え方を持つことができるように支援を行っています。Arts CouncilのArtsConnectは、これまでの12年間で1万人以上の地元の若者を支援してきました。

  • サンタ・クルーズでは、New Horizons Schoolが助成金を利用し、サンタ・クルーズの5歳から12歳までのホームレスの子供たちを対象とした生活改善プログラムを推進しようとしています。これらの子供たちの多くは公立学校にも行けないほどの貧困にあえいでおり、New Horizons Schoolでは教育機会やライフスキル、食料、交通手段を提供し、恵まれない若者が社会の本流に仲間入りできるような思いやりに満ちた環境を作りだしています。シスコ基金からの助成金により、今年は24人の児童がプログラムの恩恵を受けられる見込みです。

  • サンリアンドロのDeaf Counseling Advocacy and Referral Agencyでは、助成金によって耳が不自由な人のためのイースト・ベイ・コンピュータ講習プログラムが継続されるようになりました。コンピュータの講習を受けることで、多くの耳が不自由な人、耳と目が不自由な人、難聴の人が、初級者向けの仕事のほとんどで必要とされる、基本的なコンピュータ技能を習得しています。この機関では、今年は150人以上の人が受講する見込みです。

  • イースト・ベイ、サンノゼ地域では、Operation Accessがサンフランシスコ近辺ですでに高い評価を得ている、保険に入っていない人のための外来手術とコンサルテーション・プログラムをさらに発展させる予定です。対象となる患者のほとんどが移民か子供のいない低所得の独身成人層で、現在225人の医療ボランティアと60のコミュニティ・クリニック、13の私立病院がプログラムに参加しています。

  • メンロパークでは、Shelter Network's Haven Family Houseのプログラムがケース・マネジャ用資金としてシスコ基金の助成金を利用しています。ケース・ マネジャはホームレスの家族に対して個別相談を行ったり、医療知識を提供したりするほか、家族の永続的な住居探しも支援しています。Shelter Networkは過去にも助成金を受けており、昨年は150以上の家族と独身成人が自分たちの家を持つことができました。

サンノゼ・コミュニティ助成金は1年に2度交付されるもので、助成認定組織は最高で3年続けて資金供与を受けることができます。創設以来、このプログラムは地域の非営利組織を対象に500件以上、金額にして約700万ドル以上を助成してきました。

助成組織一覧

サウス・ベイ地域の助成組織
' Arts Council Silicon Valley
' Big Brothers Big Sisters of Santa Clara County
' California Community Partners for Youth
' Catholic Charities
' Diabetes Society of Santa Clara Valley
' Goodwill of Santa Clara County
' HomeSafe
' Hope Rehabilitation Services
' Hospice of the Valley
' Kids in Common
' Loaves & Fishes
' OUTREACH
' Parents Helping Parents
' San Francisco Future City Competition
' San Jose Family Shelter
' Sensory Access Foundation
' Services for Brain Injury
' Social Advocates for Youth
' Tapestry in Talent
' The Family Giving Tree
' The Health Trust
' TransAccess
' Triton Museum of Art
' Young Audiences of San Jose and Silicon Valley

サンタ・クルーズ地域の助成組織
' American Red Cross of Santa Cruz
' Big Brothers Big Sisters of Santa Cruz County
' Community Bridges - La Manzana Community Resources
' Easter Seals, Central California
' New Horizons
' O'Neill Sea Odyssey
' SLV Youth First!
' Watsonville Family YMCA

イースト・ベイ地域の助成組織
' BOSS (Building Opportunities for Self-Sufficiency)
' Chabot Space & Science Center
' ChildSight Oakland
' Deaf Counseling, Advocacy and Referral Agency
' NetDay Oakland
' Teach for America
' The Center for AIDS Services

サンフランシスコ地域の助成組織
' Catholic Charities Euclid Girls' Home
' Career Resources Development Center
' Central YMCA of San Francisco
' Fine Arts Museum of San Francisco
' Jewish Vocational Services
' Juma Ventures
' KQED Adult Learning Program
' Mercy Housing California
' Oasis (A Project of the Tides Center)
' Operation Access
' Richmond District Neighborhood Center
' San Francisco AIDS Foundation
' San Francisco Arts Education Program
' Seniors' Emergency Grocery Bag Program
' Sunset Youth Services
' Tenderloin AIDS Resource Center
' The Breakthrough Collaborative
' Zeum

ミッド・ペニンシュラ地域の助成組織
' ACHIEVE
' Challenge Learning Center
' Child Abuse Prevention Center
' Clara-Mateo Alliance, Inc.
' Community Association for Rehabilitation
' Community Health Awareness Council
' Community School of Music and Arts
' Friends of the Palo Alto Jr. Museum & Zoo
' Mid-Peninsula Boys and Girls Club
' Music for Minors
' Recording for the Blind & Dyslexic
' Ronald McDonald House at Stanford
' Shelter Network of San Mateo County
' St. Vincent de Paul Society of San Mateo County
' Support Network for Battered Women
' TheatreWorks

# # #

シスコ・システムズ基金について

シスコ・システムズ基金は、1997年にシスコ・システムズ社からの贈与として設立されました。企業フィランソロピの主要な現金拠出元である本基金から、地域或いは国外に対する取り組みを長きにわたって行っている組織に助成金が交付されています。

シスコ・システムズ基金に対する詳しい情報は、 http://www.cisco.com/go/philanthropy/で閲覧が可能です。

報道関係向け連絡先:
Chris Peacock
Cisco Systems, Inc.
408 853-0877
cpeacock@cisco.com

Related Links
シスコの従業員、困窮家庭に希望をプレゼント

シスコ・システムズとTechSoup.orgが全国的な製品ドネーション・プログラムを開始
▲Return to Top

お問い合わせ