ワールドニュース

米国ニュース


シスコの最新ネットワーキング技術を利用するサンタナ・ロウ(Santana Row)

~多目的高級地域で提供される先進的な有線/無線通信サービス~


2002 年 11 月 7 日

チャールズ・ウォルトナー、ニュース@シスコ

カリフォルニア州サンノゼにある革新的な住居用および商業用不動産開発地域であるサンタナ・ロウ(Santana Row)は、シスコシステムズと戦略的アライアンス・パートナーであるHPに対し、世界で最も進歩的な地域ネットワーク・インフラストラクチャの構築を依頼しました。

独自の開発を行ったサンタナ・ロウは、住居用のスペースと小売業用のスペースを結合し、中世以前のヨーロッパの雰囲気をもつ都会的な環境を生み出しました。この場所には、1,500フィートのメイン・ストリート、歩行者に親切に配置された公園、プラザ、噴水とともに、ロフト、タウンハウス、アパートメント、レストラン、店があります。また、高級ホテル「ホテル バレンシア」も 2003年1月にオープンします。開発にはおよそ5億ドルかかり、最終的には1,200戸の賃貸住宅と、68万平方フィートの小売店ができます。

サンタナ・ロウを開発したFederal Realty Investment Trustは、地域ネットワーク・インフラストラクチャを構築する契約をHPと締結しました。HPは、42エーカーの複合地域のほとんどすべての場所に及ぶ、安全な有線または無線ネットワークの構築をシスコシステムズに依頼しました。

サンタナ・ロウは11 月7日に公式にオープンし、シスコシステムズとヒューレットパッカードの提携、Cisco Mobile Officeプログラム、さらにHPのIntelligent Buildings(i-Building)イニシアティブにおける2社の協力を示します。

HPのI-Buildingイニシアティブは、ホテルやリゾートのテナントや宿泊客、商業オフィス・ビル、キャンパス、およびコミュニティ向けの最先端かつ付加価値のある技術サービスの迅速な展開と提供を可能にする新しいプログラムです。Cisco Mobile Office プログラムは、その一部として、地域に安全で簡単なインターネット・アクセスとエンタープライズLANアクセスが提供されていることをモバイル関連の技術者と企業に保証することで、サンタナ・ロウにおける技術提供の認知度を高めます。

シスコとHPは1997年以来、戦略的提携パートナーであり、ともにエンド・ツー・エンドなネットワーク・ソリューションを提供してきました。その範囲は、モバイル・インフラストラクチャやデータ・センターから、データの光転送や統合サービス管理までに及びます。

Federal RealtyのCEO、スティーブ・ガットマンは、シリコン・バレーに居住または勤務する高度技術をもった専門家にとっての一番の懸念事項は、高品質ネットワーク通信だろう、と語っています。そしてそのことが、Federal Realtyがシスコと HPに構築を依頼した理由なのです。

ガットマンによると、サンタナ・ロウは、「付加価値のあるサービスと情報にいつでも必要なときに顧客がアクセスできるようにするための技術ソリューションのすばらしい見本」です。

消費者および企業のため、サンタナ・ロウには、シスコの最新ネットワーキング技術が導入されています。高速インターネットアクセスは、サンタナ・ロウのネットワーキングの快適さを保証しています。シスコのイーサネット・ブロードバンド技術によって、住民や小売店は100Mbps(メガビット/秒)の速度での接続に加入できます。住民は、「プラグ・アンド・プレイ」の常時接続を提供する、3 種類のインターネット・アクセス・パッケージを選択できます。

しかし、サンタナ・ロウとほかの地域ネットワークの真の違いは、シスコの Aironet 802.11b 技術によって実現された広範囲無線接続です。住民、小売店、訪問者は、コミュニティのインターネット・アクセスを11Mbpsの無線LANで利用できます。無線ネットワークによって、住民と訪問者は、サンタナの公園、プラザ、その他の公共の場で、ラップトップ、PDA、その他のポータブル・コンピューティング・デバイスからコンピュータ通信を行えるのです。

また、サンタナ・ロウは、シスコのファイアウォール技術を使用し、地域ネットワークの安全性を保証しています。さらに、サンタナ・ロウにはコミュニティ・ポータル・サイトがあり、このサイトで地元のレストラン、アトラクション、その他の地域サービスに関する情報が提供されています。

ホテル・バレンシアの宿泊客もまた、地域の先進的なネットワーキング・サービスの恩恵を受けます。すべての部屋に高速アクセスが提供され、ロビーやアスレチック施設といったホテルの共用領域では無線アクセスが可能です。ホテル・バレンシアでは、シスコの無線装置を使って、カーブサイド・チェックイン⁄チェックアウト・サービスが提供されています。また、213の客室と共用領域をつなぐホテルの電話ネットワークは、シスコによる業界最高レベルのインターネット・プロトコル(IP)技術システムに基づいています。このシステムは、業界最高レベルのシスコの技術を小~中規模の企業向けに調整する統合通信システム、シスコ ICS 7750 によって管理されています。

「私たちはシリコン・バレーの中心で非常に多くのハイテク旅行者を迎えることになると考えています。ここに着いた瞬間から、技術の恩恵を体験できるように考慮しています」と、バレンシア・ホテルのオーナーであり、バレンシア・グループの運営担当副社長を務めるマシュー・ナス氏は語っています。

チャールズ・ウォルトナーは、カリフォルニア州オークランドを中心に活躍するフリーランス・ライターです。

Related Links
リリース:
HP、エンタープライズ向けモビリティ・ソリューション「Intelligent Building」を発表 ~都市型コミュニティ「サンタナ・ロウ(Santana Row)」 のオープンにより、シスコシステムズと共同でモビリティ・アーキテクチャおよびサービスを実現~

ホワイト・ペーパーとファクト・シート:
サンタナ・ロウ:建物と先進的なネットワーク・コミュニティ
サンタナ・ロウ:ファクト・シート

関連リンク:
シスコとサンタナ・ロウ
Cisco Mobile Office
サンタナ・ロウ
ホテル・バレンシア

関連記事:
Q&A:シスコのスティーブ・スタインヒルバー、シスコとHPの提携について語る
▲Return to Top

お問い合わせ