日本版 ニュースリリース

Japan News






シスコ社、広帯域アクセスVPNソリューションを発表

~小規模オフィス、テレコミューター向けに費用効果に優れた高速リモートアクセス等を提供~

Dec 15, 1999
No. 9955

カリフォルニア州サンノゼ発、1999年12月13日
 インターネット/イントラネットの基盤を構成するネットワーク関連機器の世界的なプロバイダであるシスコシステムズ社(Cisco Systems Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO:ジョン・チェンバース)は、成長著しいVPN(仮想私設網⁄Virtual Private Network)市場における主導権をますます強固なものにすべく、高帯域アクセス向けに、性能をさらに向上させたVPN製品と技術を発表しました。この中には新興のケーブル、広帯域テレコミューター(情報通信を利用した就業形態)向けソリューションや、PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)へのサポートも含まれています。今回発表されたこれらセキュリティに優れた端末間ソリューションは、企業分野においても高域かつ広帯域VPNを構築するのに不可欠な拡張性を提供するものです。

 「最新の広帯域アクセス・ソリューションは、VPNの急速な導入を促進しています。二つの技術が相まって、ケーブルとDSLによる高速接続と、VPNへのアクセスによる経費削減、という両面の分野の優位性を企業各社に提供します。広範なVPN製品ポートフォリオを有する当社のみが、企業ネットワークに接続するための端末間の広帯域アクセスVPNソリューションを顧客に提供可能なのです」と、シスコのWANビジネス部門担当副社長、リチャード・パーマー(Richard Palmer)は語っています。

VPN向けに最適化された広域帯アクセス・プラットフォームが、高速かつ対費用効果の高い接続を実現
 小規模オフィスやテレコミューター向けに、対費用効果とセキュリティに優れたVPN接続の提供にあたり、シスコ社は、IPSecとシスコ・セキュア・インテグレイティッド・ソフトウェア(Cisco Secure Integrated Software、従来シスコIOSRファイヤーウォール・フィーチャー・セット=Cisco IOSR Firewall feature setと呼称していたもの)を採用しました。それにより、VPN向けに最適化されたプラットフォームを包括的に組み合わせた上での、ファイヤーウォールや侵入探知、電子認証サポートが可能となります。DSLやケーブル、ISDNなど、現在の主要高帯域技術をカバーしています。

 アルテラ社(Altera Corporation)のネットワーク・オペレーション・マネージャーのデイヴィッド・スワン(David Swan)氏は「シスコ社のVPNソリューションを活用することにより、米国、英国のユーザー・サイトをISDNやDSL、ケーブル・モデム、旧来の電話回線などの多様なアクセス技術を介して、カリフォルニア州サンノゼにある当社のセントラル・リソースに接続することが可能となりました。当社は、現在、セキュリティ機能に優れ管理が容易なシスコの7100と800シリーズのルータを用い、VPNネットワークの拡張に取り組んでいます。シスコ社のVPNソリューションの拡張性は、我々がその時々で最善の遠隔サイト・ソリューションを選択できる、という柔軟性・可能性を与えてくれます」と述べています

柔軟で拡張性に優れたセントラル・サイトVPNソリューション
 企業各社の中央サイトにおいては、数千ものトンネルを集約させるために、高い拡張性、柔軟性と同時にセキュリティが万全なVPNプラットフォームが必要になります。シスコ社のVPNソリューションは、このニーズに応えるもので、Cisco 7100とCisco 7200シリーズのプラットフォームにIPSec専用ハードェアを搭載する事によって、PPTPクライアントやマイクロソフト社のMPPE(Microsoft point-to-point encryption)を利用した様々な遠隔アクセス・モデルが実現できる柔軟性を、ユーザーに提供します。このソリューションによって、マイクロソフト社Windows98、Windows NT上で動作するソフトウェアを使った遠隔アクセスVPNを展開することが可能になります。

 「シスコとマイクロソフトは、シスコ社のVPN製品ポートフォリオと、Windows搭載のVPN機能との間の相互動作性を向上させるため、密接な共同作業を行ってきました。その結果、我々の顧客は、柔軟で高いセキュリティ機能に優れた最新のVPNを展開できるようになりました」と、マイクロソフト社(Microsoft Corp.)のWindows 2000 グループ・プロダクトマネージャー、ジョン・フレドリクセン(John Frederiksen)氏は語っています。

 センター・サイトにおけるVPNの導入にあたり、より多くの選択肢を与えるために、シスコ社は、「Cisco7100シリーズ」の統合VPNルータの新モデルである、「Cisco7140-8T」と「7140-2FE」の2製品を発表しました。「Cisco7140-8T」の特長は、統合された8種類のT1/E1 WANインターフェースを有することで、二元的なAC電力の冗長性と「Cisco7140」の高速なVPNパフォーマンスを必要とする中央サイト向けに、nx T1/E1ソリューションを提供します。「7140-2FE」は、二元的な高速イーサネット・ヘッド-エンドVPNソリューションで、WAN末端裏でのVPNトンネル・ターミネーションのための特別仕様で、企業が現存のWAN末端デバイスを取り替えたり、改造したりすることなしにVPNを展開できるようにするものです。

プロアクティブなセキュリティ・スキャニング
 現行のWindows NTサポートに加え、企業向けの「シスコ・セキュア・スキャナー」(Cisco Secure Scanner、従来ネットソナー⁄NetSonarと呼称していたもの)は、廉価な先行学習セキュリティ機能を、Solaris(ソラリス)オペレーティング環境サポートを介し、Unix基盤のネットワーク環境にまで広げました。シスコ・セキュア・スキャナーは企業向けソフトウェア・ツールで、強健なネットワーク・システム同化や革新的なデータ管理、柔軟なユーザー定義の被害受容度規定(user-defined vulnerability rules)、包括的なセキュリティ・リポート機能を提供します。

希望小売価格
 PPTPとMPPEサポートを付属した統合VPNルータ「Cisco7100シリーズ」は248万8,000円より、「シスコ・セキュア・スキャナー2.0」のSolaris版の1ライセンスは9万8,000円。

シスコ社について
 Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)はインターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。1984年米国カリフォルニア州サンノゼに設立されました。シスコはネットワークの「エンドツーエンド」の製品を提供しており、ルーター「CISCO」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているルーター制御用ソフトウエア「IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコ社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/

以上