日本版 ニュースリリース

Japan News




Toolbar-jp

シスコ、多機能ルータ「Cisco7200シリーズ」5万台を突破

~インテリジェント・ネットワークサービス向けに真価を発揮~

Oct 26, 1999
No. 9949

1999年10月21日、カリフォルニア州サンノゼ発
 世界最大手のネットワーク関連機器のプロバイダであるシスコシステムズ社(Cisco Systems Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO:ジョン・チェンバース)は、同社の多機能ルータ「Cisco7200シリーズ」が画期的な出荷数を記録し、5万台を突破したことを10月21日付けで発表しました。「7200シリーズ」に対する根強い需要要求は、高性能なWANを介した接続性やサービスプロバイダー、顧客企業が効率的な経費でマルチ・サービス向けネットワークを構築でき、VoIP(音声統合)やVPN(Virtual Private Networks)など「New World」と呼ぶ新世代アプリケーションとの融合にも対応していることによるものです。

 「シスコ社は常に顧客の多様な要求に応えるために、Cisco7200製品群を進化させています」とシスコ社のエンタープライズWAN事業部門シーヌ・バンダ(Seene Banda)プロダクトマーケティング・マネージャーは語っています。「こうした努力の結果、シスコ社ではエンタープライズからサービスプロバイダーまで展開されるハイエンド・ルータにおけるパフォーマンス、デンシティ(高密度化)、利便性やスケーラビリティを備えた費用効率の高いシングルプラットフォームWANソリューションを作り出しています」と続けています。

インテリジェント・ネットワークサービスのための特徴
 現在の「Cisco7200シリーズ」ルータの特色は、2つの新しいネットワークプロセス・エンジン、「NPE-175 」と「NPE-225」です。この2つのエンジンは、高性能WANアプリケーションに最適なインテリジェント・ネットワークサービスを提供するルータ・プラットフォームの価格、性能面での優位性を高めています。NPE-225 とNPE175 は低価格で性能を大幅に高めるための新しいモジュラーであり、フレキシブルで非常にスケーラブルなアーキテクチャーを基準にしています。これらの新しいプロセス・エンジンはMIX(Multiservice Interchange)を備えた「Cisco7204VXR」や「Cisco7206VXR 」シャシーと組み合わせて、多種多様なVPNやマルチサービス・アプリケーション向けの柔軟な構成を可能にします。*

 「Cisco7200の柔軟性と多機能性は、このシリーズのルータが高速アクセスを提供する一方、サービスの評価や質などのような高付加価値のアプリケーションの統合を可能にする理想的な『一体型ソリューション』を提供します」とFreithliner Corp.のシニアネットワーク・アナリスト、ラフィ・タジアン(Raffi Tashijia)氏は語っています。「これはネットワーク・アーキテクチャーを簡素化するだけでなく、WAN 供給コストの大幅削減に貢献します。7200シリーズの音声統合の機能は、自前のネットワークにマルチサービス機能を付加・統合する時、迅速な投資効率を達成するうえでの主要因となるでしょう」と続けています。

広帯域DSLサービスに対するスケーラービリティの増大
 「Cisco7200」の新しい機能にはシステム毎に1,500までのPPP接続セッションの受け渡しも含まれています。この大幅なスケーラビリティの増加で、「Cisco7200」は企業自らの高速通信サービスを管理しようとしている企業群にとっては、費用効率の高い手段になるばかりでなく、広帯域DSLサービスを提供しようとしているサービスプロバイダーにとっても業界をリードするソリューションとなります。

シスコ社について
 Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。1984年米国カリフォルニア州サンノゼに設立されました。シスコはネットワークの「エンドツーエンド」の製品を提供しており、ルータ「CISCO」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクトスタンダードとなっているルーター制御用ソフトウエア「IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。
http://www.cisco.com/

*1999年7月26日発表のリリース「シスコ社Cisco7200シリーズプラットフォームの新しいマルチサービスの可能性を発表」参照

Toolbar-jp