日本版 ニュースリリース

Japan News






国連開発計画(UNDP)とシスコシステムズの共同プログラム

「ネットエイド(NetAid)」、ストリーム数で世界記録達成

~極貧撲滅のための長期的な支援活動を行うために1,000以上の団体が参加~

Oct 18, 1999
No. 9948

 【1999年10月12日】シスコシステムズ(Cisco Systems Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO:ジョン・チェンバース)は、スイス・ジュネーブ、英国・ロンドン、米国・ニュージャージーで10月9日に同時開催されたネットエイドコンサートのウェブ中継で、1日としての世界最多のアクセス記録を大幅に塗り替えたと発表しました。当日<www.netaid.org.>へのアクセスは240万ストリーム以上。このコンサートは、シスコシステムズ社とUNDP(国連開発計画)の主導で始められた、極貧撲滅のための長期的支援活動のキックオフとして開催されたものです。
 このイベントで注目すべきは、1,000を超える企業・団体が、このイベントの主旨に賛同し、ネットエイドプロジェクトへの積極的参加を表明したことです。

 「ネットエイドの大きな成功は、永続的な情報発信メディアとなりうるインターネットの類まれなパワーによります。私たちは、ネットエイドのウェブサイトを訪れた1,000以上のNGO(非営利団体)とともに、公共機関と民間企業の協力関係を築き、世界をひとつにつなぐというビジョンに向かって、大きな第一歩を踏み出したのです」とドン・リスティウィン、シスコシステムズ副社長は語っています。、。「ネットエイドは単なる募金活動ではありません。世界の極貧国に対する債務免除措置なども念頭において、極貧撲滅のために戦う人々の体系を作るのが目的です」と続けています。

 世界の主要テレビ・ラジオ局は、来月ネットエイド・コンサートの放送を予定しています。これにより、さらに多くの人々が資金、資源、そして労力を極貧撲滅のために提供してくれることになるでしょう。
ネットエイドは数日間にわたり世界各国で放送されているので、来週120カ国でのオンエアー終了後、ウェブへのアクセス数や総募金額などをまとめた、追加統計が発表になる予定です。

●2,494,13    ウェブ・ストリーム数(1日の世界最多記録)
●99.69% ウェブ・ページのダウンロード成功率(ベスト40の平均を上回る)
●99.33% ウェブ・ストリーム接続成功率(以前は通常40%程度)
●160カ国 何百万人もが接続した国の数
●20億人 世界各国のテレビ、ラジオ、インターネットによる延べ到達者数
●110,000人    コンサート参加者数
●1,400団体 登録をした非営利団体(アムネスティ・インターナショナル、グリーン・ピース、アメリコープなど)の数
●270億ドル ミュージシャン・ボノの強力な支援を得た、米国の債務免除プログラムの総額

 「イベントは華々しく、長期にわたるネットエイドの影響は注目すべきもの。ネットエイドは開発途上国の遠隔地にも、インターネットを拡大させる可能性を持っています」とバージニア州ステーリング市を拠点とした調査・分析機関、カレント・アナリシス社の会長・創立者フレッド・マッククリマンズ氏は語っています。「ネットエイドは、インターネットを社会変革のために用いた、革新的な新しい試みなのです」と続けています。

インターネットで社会を変える:ネットエイド・ウェブサイトの進化
 <www.netaid.org>に新しい機能が加わります。これにより極貧撲滅のためのアクションが、さらに手軽になります。年末にオープンを予定している資材調達センターは、世界中の人々が自分たちのニーズ、一方では提供できる支援を掲示する場です。そこでは、掲示板の活用だけでなく、自動的に需要と供給を合わせるマッチングシステム、そして掲示者への自動通知機能なども取り付けられる予定です。例えば、廃業を考えている西欧の歯科医が、不要になった医療機器を掲示板に載せます、すると、それは開発途上国で歯科医研修プログラムのニーズにぴったりとはまり、直接的に活かされることになります。

 また、国連との協力によって「ヨベル2000年アフリカ・キャンペーン」のような、開発途上国の債務負担軽減プログラムの情報をウェブサイトに掲載できるようになります。

 リアル・ブロードキャスト・ネットワーク社はストリーム技術、アカマイ社とシスコシステムズ社はインターネット放送のインフラを、そしてKPMG社はウェブサイトの開発と構築を行いました。

ネットエイドについて
 世界では、1日1米ドル以下の貧しい生活を余儀なくされている人々が10億人いるといわれています。ネットエイドは極貧撲滅を目指した、インターネット利用による他に類を見ない、長期的支援活動です。ネットエイドは支援の仲介とともに、食糧と住居、紛争や災害による難民・避難民、人権擁護、環境と自然資源の保全、最貧国の債務負担軽減など、貧困により引き起こされる問題について視聴者の理解を求めていきたいと考えています。

国連開発計画(UNDP)について
 国連開発計画(the United Nations Development Programme =UNDP)は、世界174の国と地域に亙り、貧困の除去と環境再生、就業、女性の地位向上を目指して、134の現地事務所を通じて活動している国連の1機関です。最終目的は、政治的には健全な統治、経済としての市場の育成、そして戦争の事後影響下あるいは人道主義的緊急時下で、社会を再生することです。UNDPに関する概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。<http://www.undp.org/dpa/index.html

シスコ社について
 Cisco Systems Inc.(NASDAQ:CSCO)はインターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。1984年米国カリフォルニア州サンノゼに設立されました。シスコはネットワークの「エンドツーエンド」の製品を提供しており、ルーター「CISCO」シリーズ、LANスイッチ「Catalyst」をはじめ、ATM、フレーム・リレー等のハードウエアから、世界のデファクト・スタンダードとなっているルーター制御用ソフトウエア「IOS」やネットワーク新技術「VoIP」等を、幅広くかつ多国籍に提供しております。シスコ社の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。<http://www.cisco.com/

以上