日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ、

ディーアイエスシステム販売
ネットワーク製品でディストリビュータ契約を締結

~リセラーに再販を可能に~

September 7, l999
No. 9938

 1999年9月7日
 ネットワーク機器の大手ベンダー、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長:黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内3-2-3、TEL.03-5219-6000)とネットワーク基盤システム構築SIであるディーアイエスシステム販売株式会社(=DST、代表取締役社長:藤原 孫三郎、資本金3億1千6百万円、大阪市中央区南本町2-3-12、TEL.06-6263-8866)は、DSTが日本シスコの一次特約販売会社として、リセラーに再販売することを主目的とする販売代理店契約(ディストリビュータ契約)を9月7日付けで締結したことを発表しました。

 昨今、インターネットが企業のビジネス戦略に欠かせないツールとなり、ネットワークの稼動は企業にとっても非常に重要位置付けとなっています。インターネットワーキングで先行している欧米先進国では、シスコ製品のディストリビュータでの販売が大きな割合を占めていますが、日本市場では、これまでシステムインテグレーターのみを代理店とし、ディストリビュータによる販売は行っていませんでした。日本シスコは、ネットワーク市場の急成長が予測される日本市場に向けて、ディストリビュータによる中小企業向け販売を強化すべく本年4月にSMB事業本部を設立(本部長:渡部 卓)いたしました。ディストリビューションによる大きな販売力とネットワーク技術を併せ持つDISグループとの本契約は中小企業市場への本格参入の第一弾として位置付けられるものです。

 日本シスコとしては、シスコのネットワーク製品を有償サービス・サポート(SMARTnet)と共にディストリビュータ経由で全国的に販売する、リセラーの開拓・強化となるものです。

 ディーアイエスシステム販売株式会社は、パーソナルコンピュータ(PC)分野で販売No.1のダイワボウ情報システム株式会社(DIS 本社:大阪市中央区南本町2-3-12、取締役社長 横山 満)の通信部門として平成7年に独立分社化し、急成長するネットワーク社会の基盤システム構築を得意とする専門家企業として発足したものです。
 ディーアイエスシステム販売としては、日本でもようやく急成長の兆しが見えてきたネットワーク市場に、この分野では世界のリーディングカンパニーであるシスコの、日本における初のディストリビュータとして日本市場をリードする体制を得たことになります。今回のディストリビュータ契約締結により、DSTは日本シスコが販売するネットワーク製品をエンドユーザーに直接販売する他、DSTの販売店、ディーアイエスグループのディストリビュータであるダイワボウ情報システムを通じ、全国の販売店に販売展開します。さらに本提携により、これまでのサーバービジネスで培ったノウハウを基礎に、シスコの新世代ネットワークの提案ビジネスを加え、新たな市場の開発を目指すもので、そのための施策として、リセラー、エンドユーザー向けソリューションセミナーを初年度で100回程度開催する予定で、これを核に300社のリセラー獲得を当面の目標としています。
 シスコの新世代ネットワークを提案する上で最も重要なセキュリティー、VPN、VoIP等のソリューションセミナーの講師をすでに養成しており、さらに初年度中にCCIEをはじめとするネットワーク技術の有資格者200名規模を養成する計画です。
 DSTとしては、初年度から3年間で計100億円の販売を目指しています。