日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ、

Cisco 3600シリーズの新たな高密度
「マルチサービス・プラットフォームCisco 3660」を発表

September 3, l999
No. 9937

 1999年9月3日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内3-2-3、TEL:03-5219-6000)は、マルチサービス・ソリューションとして広く提供してきたCisco 2600/3600シリーズ・プラットフォームを拡張し、音声、データの統合を高密度、ハイパフォーマンスで実現する「Cisco 3660マルチサービス・プラットフォーム」の国内正式販売を発表いたしました。

 Cisco 3660マルチサービス・プラットフォームは、Cisco 3600シリーズを拡張し、高密度収容、ハイパフォーマンスでより広範なマルチサービス統合が可能となり、データ、ビデオ、アナログ音声、デジタル音声を統合するアプリケーションに理想的なソリューションを提供します。Cisco 3660は、搭載できるネットワーク・モジュールが幅広く揃っており、豊富なオプションの中から各用途に合わせて構成できる柔軟性があります。
 Cisco 3660では、Cisco 1600、1700、2600、3600シリーズのマルチサービス・プラットフォームで現在利用できるネットワーク・モジュールが搭載でき、投資保護を図っています。
 Cisco 3660は、電源の冗長化が可能で、モジュール・カードのホットスワップ機能を備え、フィールドでの実用性に優れた高信頼性設計を実現しています。
 Cisco 3660の通信事業者向けシャシーでは、標準で冗長化電源(AC,DC)が装備され、前述の高信頼性に加え、非同期やX.25インターフェースとイーサーネットが、同一プラットフォームでサポートできるため、通信事業者の運用網を構築するのにも適しています。

 Cisco 3660プラットフォームの基本構成は以下の通りです。

  • 1または2ポートのファーストイーサネットポート
  • ネットワーク・モジュール用スロット 6スロット
  • AIM(Advanced Integration Module) 2スロット
  • シャーシ電源部は冗長化可能(AC、DCで4通りの組合わせが可能)
  • AUX 1ポート
  • コンソールポート 1ポート
  • PCMCIAカード用スロット 2スロット

 Cisco 3660最小構成での一台あたりの希望小売り価格は1,974,000円、また、通信事業者用シャシーで2,768,000円からとなります。なお、本製品は、沖電気工業株式会社、伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ネットワンシステムズ株式会社などの販売店を通じて販売いたします。