日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ、

ディレクトリ対応ポリシーネットワーキングの新製品を発表

~NDS サポートを明示~

July 12, l999
No. 9931

1999年7月12日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内3丁目2-3 TEL:03-5219-6000)は、同社のポリシーネットワーキング・アーキテクチャ、CiscoAssure Policy Networking で、今後 ノベル 社の提供するディレクトリサービス、Novell Directory Services (NDS®)をサポートしていくことを発表しました。また、NDS 対応製品第一弾として、ユーザ-IP アドレスの関係づけを行う Cisco Network Registrar 3.0、ポリシーベースの VLAN 割り当てを実現するツールとしてCisco User Registration Tool 1.2 の出荷を開始します。

シスコは、会社や組織の経営方針(ポリシー)に基づき QoS(やセキュリティを制御するポリシーネットワーキング・アーキテクチャ、CiscoAssure Policy Networking を表明しています。ディレクトリは、ポリシーサーバやその他アプリケーションに対する共通の情報貯蔵庫として、重要な役割を果たします。シスコと ノベル社は、CiscoAssure Policy Networking を通じて、お客様に経営方針に基づく、Application Aware なネットワークの運用管理を提供していくことをお約束いたします。

ポリシーネットワーキングでは、IP アドレスをもとにユーザを判断するため、ユーザとIPアドレスとの関連付けを行う DNS/DHCP サーバが必須です。シスコはDNS/DHCP サーバ、Cisco Network Registrar (CNR) 3.0を提供します。URT は、ユーザがネットワークにログオンする際に、そのユーザに属するVirtual LAN(VLAN) を割り当てます。従って、デモルームなどの共有PC や、社内の移動先からログオンしても、常に同じアドレス(範囲)、VLAN を割り当てることが可能になります。 登録されていないユーザが接続しようとした場合には、それを拒否する設定も可能ですので、会議室などのセキュリティを保つことができます。

CNRはLDAPv3 に対応しており、NDS などのディレクトリを利用することができます。 URT は、NDS ネットワーク上での動作をサポートします。

CNR3.0 の希望小売価格は \1,844,000 (1,250 ラインセンス)から、URT1.2 の希望小売価格は \1,844,000 で、7月から販売を開始します。なお、本製品は、ソフトバンク株式会社、伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ネットワンシステムズ株式会社等の販売店を通じて販売します。