日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ、

スタッカブル ギガビット・イーサネットスイッチ「Catalyst 3500XLシリーズ」を市場投入

~LANスイッチ「Catalystシリーズ」ラインアップを更に拡充~

June 1, 1999
No. 9924

1999年6月1日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内3-2―3 TEL:03‐5219‐6000)は、シスコのLANスイッチ「Catalystシリーズ」にギガビット対応でスタッカブル可能なイーサネットスイッチ「Catalyst 3500XL シリーズ」を追加し、ラインアップを更に拡充したことを発表しました。

Catalyst 3500 XLシリーズはCatalyst 3512XL(12ポート10/100自動認識、2ポートギガビットイーサネット)、Catalyst 3824XL(24ポート10/100自動認識、2ポートギガビットイーサネット)、Catalyst 3508G(8ポート ギガビットイーサネット)で構成され、大規模ネットワークの支線LANスイッチあるいは小中規模ネットワークを構成するスイッチとして使用できます。

Cisco GigaStack GBIC(ギガビット・インタフェース・コネクタ)
新開発のCisco GigaStack GBICにより複数のCatalyst 3500XL間を2Gbps(全二重通信)のスピードでスタックすることにより低コストでギガビット・イーサネットのネットワークを構築できます、ユーザ数の増加によるネットワークの拡張も容易に行うことができます。

Ciscoスイッチ・クラスタリング・ソフトウェア
クラスタリング・ソフトウェアによりCatalyst 1900/2900XL/3500XLシリーズをファーストイーサネット、ファーストイーサチャネル、ギガビットイーサネット、ギガビット・イーサチャネルなどの高速インタフェースで最大16台まで接続し、ひとつのIPアドレスで管理することがで、ネットワークの運用管理をシンプルに行うことができます。

Webベースのネットワーク管理:Cisco Visual Switch Manager
CVSMはCatalyst 3500XLシリーズに内臓されMicrosoft Internet ExplorerまたはNetscape Navigatorなどのブラウザーでスイッチポートの設定、VLANの設定、ネットワークの構成を見ることができます。

なお、本製品は6月から出荷開始します。また、ソフトバンク株式会社、伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ネットワンシステムズ株式会社等の販売店を通じて販売します。

各製品の希望小売価格:
Catalyst 3512 XLスタンダードエディション    ¥359,000
Catalyst 3524 XL スタンダードエディション    ¥503,000
Catalyst 3508G XL スタンダードエディション   ¥719,000