日本版 ニュースリリース

Japan News






ネットマークスが日本シスコシステムズと販売契約締結に合意

June 1, 1999
No. 9923

ネットマークス株式会社(東京都港区元赤坂1-3-12 社長 長尾多一郎)と、日本シスコシステムズ株式会社(東京都千代田区丸の内3-2-3社長 黒澤保樹)は、販売パートナー契約を締結することに合意したことを発表しました。

エンドユーザは、シスコからパートナー認定を受けている販売店を選択すれば、シスコのネットワーク機器の提供だけでなく、ネットワークのデザイン、サポート等、エンド・ツー・エンドでのソリューションが提供されます。日本シスコシステムズは、ネットマークスと販売パートナー契約する事で、エンタープライズユーザへの販売力強化と、戦略的ネットワークソリューションの提供を積極的にします。

ネットマークスは、FDDI等多くの既存顧客を持ち、そこに客先ニーズの高いシスコ製品の販売強化を図るため、エンタープライズユーザにおけるSNA、Voice、VPN、LANスイッチの各分野で、シスコ社製品を利用したネットワークインテグレーションの更なる充実を図ります。また、新たにビジネスニーズの高いSNA/IPインテグレーションおよびVoiceアクセス分野における日本シスコのソリューションパートナーとなり、日本市場でのCisco SNA&Voice製品の販売拡充を図ります。SNA/IPインテグレーションにおいては、Cisco7500CIP/Cisco7200CPAを主力製品とし、IBMメインフレーム(SNA)とTCP/IPネットワークとのシームレスな接続環境を構築致します。また、Voiceアクセス分野では、シスコ社のVoice関連製品を使用した統合ネットワークの構築も目指します。

ネットマークスは、金融、流通サービス業界および既存顧客である大手製造業のエンタープライズユーザをターゲットとし、SNAおよびVoiceアクセスのインテグレーションビジネスに本格参入致します。従来のネットマークスのビジネスであるネットワーク及びセキュリティーのインテグレーションにおいてもシスコ製品がラインナップに加わることにより、官公庁・大学等などの新しいユーザ開拓も目指します。そして、今後シスコシステムズ社が認定する最上位パートナーであるゴールドーパートナー認定を目指し体制の強化を図っていきます。

ネットマークスのシスコ製品に対する売上目標は、初年度50億円、2000年度100億円を見込んでいます。

以上