日本版 ニュースリリース

Japan News




Toolbar-jp

日本シスコシステムズ、

統合的イントラネット管理戦略を発表

~ コンピュータ・アソシエイツ(株)、(株)APC Japan、 (株)フルークとの連携明確に ~

April 14, 1999
No. 9916

1999年4月14日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内3丁目2-3 TEL:03-5219-6000)は、サードベンダ製システム管理製品とシスコ製ネットワーク管理製品との統合によるイントラネット管理戦略を発表しました。コンピュータ・アソシエイツ株式会社、株式会社APC Japan、株式会社フルークが提供する各システム管理製品との統合を実現します。シスコは、ネットワーク管理製品 CiscoWorks2000の持つ、サードベンダ製品統合機能「Cisco Management Connection (CMC)」を活用し、統合イントラネット管理環境を提供します。

Cisco Management Connectionとは、シスコのWeb ベースのネットワーク・インフラ管理ツールCiscoWorks2000 Resource Manager Essentialが提供する機能の一つです。CMCにより、CiscoWorks2000とシスコが認定したサードベンダ製Webベースシステム管理製品との統合が可能になります。ネットワーク管理のみならず、環境管理やトラブルシューティング、デスクトップ管理などを含めた、総合システム管理を業務とする情報管理部門にとって、CMCを介したコネクションが一つの「イントラネット管理デスクトップ」となり、作業の効率化をもたらします。

日本シスコは、コンピュータ・アソシエイツ株式会社の「Unicenter TNG」をはじめ、APC Japan社の電源管理ツール「 PowerNet」、フルーク社の 「LANMeter」との統合環境を提供します。また、今後もCMCによるパートナーシップを広げ、統合的なイントラネット管理環境の提供に積極的に取り組んでいきます。

また、シスコは、CMCの提供するサードベンダとの統合イントラネット管理環境、QoS Policy Managerの提供するポリシーベース・ネットワーキング、QoS をはじめ豊富なネットワーキング機能を持つCiscoIOSィソフトウェア等、3つのコンポーネントにより、企業に対し、ネットワーク・ビジネスを可能にするネットワークを提供します。

Toolbar-jp