日本版 ニュースリリース

Japan News




Toolbar-jp

日本シスコシステムズ、

ポリシーベースのネットワーク管理製品 CiscoAssure QPM 発表

~ポリシー管理、インフラ管理の統合で総合ネットワーク管理を実現~

April 14, 1999
No. 9915

1999年4月14日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内3丁目2-3 TEL:03-5219-6000)は、ポリシーに基づく QoS (Quality of Service) 管理を実現する、Cisco QoS Policy Manager (QPM) 1.0を発表しました。QPM 1.0 は、ポリシーベース・ネットワーキング・アーキテクチャである、CiscoAssureの主要製品です。ポリシー管理を実現する QPM と、インフラ管理を実現する CiscoWorks2000によって、シスコは統合的ネットワーク管理環境を提供します。

今日ERP (Enterprise Resource Planning) などのビジネスに密着したミッション・クリティカル・アプリケーションや、マルチメディア・アプリケーションが増える中、ネットワーク・トラフィックの優先順位付け(クラス化)が必要になっています。ネットワークも大切な企業資産です。明確な運用方針、利用方針に沿った管理が必須です。音声を含むマルチサービスの統合が進む今、ポリシー、つまりネットワークの利用方針に基づくトラフィックのクラス化の重要性が、ますます高まっています。CiscoAssure Policy Networking は、QoS やセキュリティをはじめとしたネットワークサービスを、ポリシーベースで管理していく、シスコが提唱するアーキテクチャです。

QPM 1.0 は、ダイナミック VLAN設定をサポートする User Registration Tool、ユーザベースIPアドレス割り当てを行うCisco Network Registrarと並び、CiscoAssure Policy Networking の核となる製品で、CiscoIOSィソフトウェアの持つ豊富な QoS 機能がより利用しやすくなります。従来QoS の設定には高度な専門技術を必要としましたが、QPM 1.0 の提供するGUIによって、容易に設定できるようになります。クラス化の対象となるアプリケーションと、QoSを実施するデバイス(インターフェース)、優先順位などを設定すれば、QPMが自動的に設定情報に変換し、指定のデバイスにその情報を配布します。重要なトラフィックを優先的に処理することにより、コストのかかりがちな WAN 回線も、効率的に利用できるようになります。ポリシーの集中管理によって、大規模かつ複雑な企業ネットワークでも、矛盾のないポリシー展開が可能です。

CiscoIOSソフトウェアのバージョンやシャーシタイプなど、ネットワーク上のデバイスに関する情報は、CiscoWorks2000からQPM 1.0へインポートできますので、セットアップ作業も効率化されます。CiscoWorks2000は、ルータやスイッチなどのインフラ管理を行う Webベースの強力なネットワーク管理ツールです。

QPM 1.0 によるポリシーベース管理、CiscoWorks2000によるインフラ管理の統合により、シスコシステムズは総合的なネットワーク管理環境をご提供します。

Cisco QoS Policy Manager 1.0 の希望小売価格は \4,613,000で、本年4月から販売を開始します。なお、本製品は、ソフトバンク株式会社、伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ネットワンシステムズ株式会社等の販売店を通じて販売します。

Toolbar-jp