日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ、

ダイナミック・パケット・トランスポート(DPT)製品ファミリーを発表

~バックボーン・ネットワーク・アーキテクチャに最適なオプティカル・トランスポート・ソリューション~

March 29, 1999
No. 9911

1999年3月29日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 黒澤 保樹、資本金 22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-6000)は、パケット・トランスポートに最適なソリューションであるDPT(ダイナミッ・パケット・トランスポート)製品ファミリーを発表しました。 このソリューションは、次世代通信網の基幹バックボーン部分に適用されるテクノロジであり、Cisco12000 GSRやCisco7500シリーズなどのルータ上で新たなラインカードとして搭載されます。 DPTにおいては、新開発された革新的なSRPと呼ばれるプロトコルにより、光ファイバー上に直接高速パケットリングを構成し、高信頼性とハイパフォーマンスをもたらします。通常のギガビットクラス網におけるポイント間接続形態に加えてDPTの採用により、通信事業者は業界初のネットワークレベルでの冗長化された伝送路を構成し、高信頼性IPバックボーンネットワークを実現します。

DPTは、大量でしかも急速に増加し続けているパケット・トラフィックを伝送するために、最適化された高帯域幅で回復能力の高いファイバ・リングを提供します。DPTテクノロジによって、SONET/SDH機器レイヤの排除による大幅なコスト削減、高度な帯域幅効率化、およびプラグアンドプレイ操作が行えるようになります。またDPTは、パケット最適化、マルチキャスティング、アドレス・フィルタリングなどの LANに似た機能と、高速プロテクション・スイッチング機能を併せ持つので、Voice over IP、Video over IP、およびVPN(仮想私設網)などの高度なIPサービスに対して、堅牢なメトロポリタン・トランスポート・プラットフォームを提供します。

DPTは、TDMトランスポート装置の高価で非効率的なレイヤを取り除き、予測的なパフォーマンス・モニタリング、高速プロテクション・スイッチング、長距離オプティカル・インターフェイスなどの機能をルータに直接組み込むことにより、設備コストと運用コストの両方を大幅に削減します。

DPTは、革新的なNew Worldテクノロジと従来の機能の最良点を組み合わせ、トランスポート・インフラストラクチャの柔軟性と発展性を、現在のサービス・プロバイダと新規参入のサービス・プロバイダの両方に提供します。大規模な SONET/SDH機器ネットワークを持つ現在のキャリアは、この機器を利用しながら、パケットに最適なトランスポート・ソリューションに移行することができます。新規参入のサービス・プロバイダは、ダーク・ファイバかWDMトランスポート装置のいずれかにDPTを展開することにより、パケットに最適なトランスポートに直接移行することができます。

なお、Cisco12000 GSR用のDPTラインカードは本年5月に、Cisco7500シリーズ・ハイエンド・ルータ用のポートアダプタは6月に出荷する予定です。ラインカードの希望小売価格は \3,690,000から。ポートアダプタの希望小売価格は \2,214,000からです。また、本製品は伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ソフトバンク株式会社、ネットワンシステムズ株式会社などの販売店を通じて販売します。