日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ、

中小規模企業向けアクセスルータCisco800シリーズ及び、 VPNに最適なセキュリティルータCisco1720を発表

~中小規模企業、企業ブランチオフィスに新たな選択肢~

December 10, 1998
No. 9850

1998年12月10日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目 TEL:03-5219-6000)は、中小規模企業向けローエンドアクセスルータCisco800シリーズ、およびVPN(Virtual Private Network)の構築に最適なセキュリティルータCisco1720を発表しました。

Cisco800シリーズは、10Mbpsのイーサネットポートを1つ、64/128kbps専用線/フレームリレー対応のBRIポート1つを持ったCisco801と、4ポートの10MbpsイーサネットHUB、BRIポート1つ、アナログ電話インターフェースを2つ持ったCisco803の2機種のルータです。

Cisco1720は、VPNでの使用を考慮し、これまでよりパフォーマンスを向上させたモジュラー型アクセスルータです。企業のブランチオフィスの接続のために、インターネットをインフラとして使ったVPNを利用し、コスト削減とセキュリティやQoSの確保を同時に実現可能です。そして、将来のネットワーク拡張に対応可能なモジュールスロットを合計2ポート持っています。また、Cisco800シリーズは、ISDN、64/128kbps専用線、フレームリレーを使ったローエンドエリアのルータの選択肢を広げ、中小規模企業のインターネットアクセス、エクストラネットへの参加を可能とします。

Cisco1720は、10/100Mbps対応のファーストイーサネットのポートを1つ、WANインターフェースカードモジュールのスロットを2つもつルータで、既存のCisco1600シリーズと共通のWANインターフェースカードを使って、64/128kbp専用線/フレームリレー対応のBRIポート、1.5Mbpsまでの専用線DSUへTAなしで接続するフラクショナルT1ポート、最大2Mbpsまでのシリアルポートを必要に応じて搭載可能です。

Cisco800シリーズは、IP onlyソフトウェア込みで、¥118,000~で、1999年1月中旬から販売を開始します。また、Cisco1720の希望小売価格はIP onlyソフトウェア、ファーストイーサネットLANポート、シリアルポートを持ったもので¥409,000~で、1999年12月10日から販売を開始します。

なお、本製品は伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ソフトバンク株式会社、ネットワンシステムズ株式会社などの販売店を通じて販売します。