日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ、

企業サイトのWAN接続に新しいソリューションを発表

~企業のWAN接続の需要増加にマルチチャネル・ネットワークの新技術により対応~

November 16, 1998
No. 9847

1998年11月16日、日本シスコシステムズ株式会社 (代表取締役社長 黒澤 保樹、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-6000)は、企業のWAN接続における新しいソリューションとして、Cisco7500およびCisco7200シリーズにマルチチャネル・ポートアダプタを発表しました。このマルチチャネル・ポートアダプタを活用することにより、WANのコストを削減しながらネットワークを拡張させることができるので、企業におけるさまざまなネットワーク・アプリケーションの需要に容易に応えることが可能です。

マルチチャネル・ネットワークでは、さまざまなスピードに対応できる一つのインタフェースにより、専用回線やフレーム・リレーを経由する中央のサイトと多数のリモート・サイトとの接続が柔軟に対応できます。マルチチャネル・ネットワークでは、専用回線上やフレーム・リレーのアクセスライン上にある各リモート・サイトに対応するために、中央のサイトに複数のルータ・ポートは必要ありません。そのかわりに、複数の回線を一つの接続にまとめるインフラストラクチャを企業ネットワークに適用することができます。「マルチチャネル」とは、T1/E1回線のサポートだけでなく個々のDS0(64 kbps)チャネルのサポート、またはその両方をサポートする機能のことをいいます。

リモート・サイトのパフォーマンスを変更しなければならない場合、または料金によりコスト比率が変わる場合、マルチチャネル・ネットワークならば、ソフトウェア上で簡単にインタフェースの構成を変更できるため、直ぐに新しい要件に対応できます。

マルチチャネル・ポートアダプタではカードあたり最大128のチャネルが用意されており、T1、E1、T3、E3のインタフェースをサポートします。これらのマルチチャネル・インタフェースは、広範囲にわたる企業の支店や遠隔地にあるオフィスとのソリューションに適用できます。

以下のマルチチャネル・ポートアダプタの出荷は1998年11月24日より開始します。

1) 4ポート・マルチチャネルT1ポートアダプタ \1,944,000-
2) 8ポート・マルチチャネルT1ポートアダプタ \3,110,000-
3) 8ポート・マルチチャネルDS1ポートアダプタ \2,681,000-
4) 8ポート・マルチチャネルE1ポートアダプタ \3,110,000-
5) 1ポート・マルチチャネルT3ポートアダプタ \5,899,000-
6) 1ポート・マルチチャネルE3ポートアダプタ \5,899,000-

なお、本製品は伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ソフトバンク株式会社、ネットワンシステムズ株式会社などの販売店を通じて販売します。