日本版 ニュースリリース

Japan News




日本シスコシステムズ、

IPとATMを高度に統合するソリューションを発表

通信事業者向けマルチサービス・ネットワーク基盤ソリューションと
IPとATMの統合を実現するWANスイッチ4機種を市場投入

July 29, 1998
No. 9831

1998年7月29日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本孝利、資本金 22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-6000)は、IPとATM のテクノロジーをシームレスに統合する通信事業者向け次世代型マルチサービス・ ネットワーク基盤ソリューションと、対応新製品であるWANスイッチ4機種の市場投入 を発表しました。この発表により、通信事業者は、急増するフレーム・リレーやATM サービスといった既存ネットワーク基盤の拡張対応と、インターネット技術を利用し た企業向けVPNサービス、電子商取引やVoIP(インターネットテレフォニー)など、 将来データ・トラフィックの中心となるIPサービスへの対応とを統合させた共通の ネットワーク基盤の構築が可能になります。

シスコが提供する次世代型マルチサービス・ネットワーク基盤ソリューションは、 MPLS(Multi Protocol Label Switching)技術であるタグ・スイッチングを用いてIP サービスとATMネットワークをシームレスに統合します。ルータやATMスイッチなど のシスコ製品に既に実装されているタグ・スイッチングを通信事業者の伝送基盤と なる広域ATMネットワーク部分へも拡大し適用することにより、ATMネットワークの 高度なQoS(Quality of Service)の仕組みとIPの柔軟な接続性と多様なサービス性と のシームレスな統合が、通信事業者ネットワークを介しても利用することが可能と なります。通信事業者レベルで、利用サービスに応じた最適なQoSを保証し、IPサー ビスとATMネットワークとの統合の実現は、今回の発表が業界初のソリューション提 供となります。

また、今回のソリューションを用いてネットワーク構築する際の中心となる新ハー ドウェア・プラットフォーム4機種は、Cisco BPX 8650 IP+ATM スイッチ、 Cisco MGX 8800 広域エッジ・スイッチ 、BPX 8680 ユニバーサル・サービス・ノード、 Cisco TGX 8750 光交換対応コア・スイッチです。これらのスイッチ製品は、IPサ ービスとATMネットワークをシームレスに統合するタグ・スイッチ機能と、その他 のネットワークとのエンド・トゥ・エンドでの相互運用性を保証する共通技術とし てCisco IOSソフトウェアを搭載しています。

BPX 8650 IP+ATM スイッチは、タグ・スイッチングを搭載した最初の通信事業者向 けスイッチで、既に出荷されているBPX 8600シリーズからアップグレード互換性を 持ちます。通信事業者は、既に導入済みのBPX 8600 シリーズ・スイッチをアップ グレードすることでATMやフレーム・リレー・サービスを提供しているネットワー クをIPサービスへの対応をはかるり、ネットワークの高度化を可能にします。BPX 8680 ユニバーサル・サービス・ノードは、更にアクセス回線を高密度で集線する 機能を提供するスイッチです。

MGX 8800 広域エッジ・スイッチは、45Gbpsの交換能力を持つノンブロッキング交 換機として通信事業者ネットワークにおけるATMやフレームリレーに加え、IPサー ビスやVoIP(Voice Over IP)、VoATM(Voice Over ATM)などによる電話伝送交換サ ービスに対応した次世代大容量マルチサービス・エッジ交換機です。MGX 8800は、 64kbps(DS0)から2.4Gbps(OC-48c/STM-16)伝送速度までの広範囲なインタフェ ース・サポートをシングル・プラットフォームで対応する拡張性を提供します。 MGX8800は、米国スプリント社の新世代通信サービス(ION)での採用が決定してい ます。MGX 8800の出荷は、1998年後半を予定しています。

TGX 8750光交換対応コア・スイッチは、タグ・スイッチング機能を備え超高速光 伝送交換に対応した次世代コア交換機です。 WDM (Wavelength Division Multi- plexing) テクノロジの出現によって、通信事業者ではギガビット速度の光インタ ーフェースを直接接続できる大容量交換能力を持つ次世代コア・スイッチが求め られいます。それらのニーズに応えるため、TGX 8750は、伝送速度 2.4GbpsのOC ‐48とOC‐48cの両インターフェイスをサポートし、将来的にはテラビット速度域 での光インタフェースでの交換を実現する大容量コア・スイッチに発展する基盤 製品です。またTGX 8750は、スケーラブルで強固なルーティング・プロトコルの サポート (階層P-NNI、OSPF、IS-IS) に加えて、スイッチ機構、プロセッサ・カ ード、電源、および通信用カードなどの完全に「ホットスワップ可能な」冗長性 を備えています。TGX 8750の出荷は、1999年初めを予定しています。

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る