日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ、

高度なマルチレイヤースイッチCatalyst8500ファミリを発表

~ルータで構成されたバックボーン・ネットワークのインテリジェンスを確保~

April 28, 1998
No. 9825


1998年4月28日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本孝利、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-6000)は、モジュール型のマルチレイヤー・スイッチ「Catalyst8500シリーズ」を発売しました。 このプラットフォームは、ギガビット速度でのマルチレイヤ・スイッチング環境を求める次世代企業基幹ネットワーク構築の中心的な存在となるものです。

Catalyst 8500シリーズは、ラインカード用スロットを5スロット備えるCatalyst8510と、13スロット持つCatalyst8540の機種があります。サポートされるインタフェース・カードは、Ethernet、FastEthernet、FastEtherチャネル、GigabitEthernet、GigabitEtherチャネル、OC-3(155Mbps)、OC-12(622Mbps)、OC-48(2.4Gbps)などがあります。Catalyst8510は、10Gbpsの交換能力を持ち、マルチレイヤ(レイヤ3以上)スイッチング環境下で、600万パケット⁄秒(pps)の総スループットを発揮し、Catalyst8540は40Gbpsのスイッチング・ファブリックを備え、2400万ppsの総スループットを実現します。Catalyst8500シリーズにおけるこうしたデータレートは、IPやIPXの一般的なトラフィックのみならず、IPマルチキャストやブリッジされたトラフィックが混在する環境下において実現されます。このパフォーマンスは、マルチレイヤ・スイッチングを実行する各ラインカード上の高速なASICが可能にしています。

ユーザのこれまでのネットワークに対する投資を保護し、円滑にシステム拡張ができるように、Catalyst 8500シリーズは、Catalyst5500マルチレイヤ・スイッチとのラインカードの互換性を維持し、パフォーマンスをさらに向上させています。Catalyst8510用ラインカードは、Catalyst5500の下段5スロットのいずれにも装着できます。このため、既存のCatalyst5500シリーズを生かしながら、段階的に高速なギガビット・ソリューションへと発展させることが可能です。

このCatalyst 8500シリーズは、マルチプロトコル・ルーティングやスイッチングをはじめ、トラフィック管理、輻輳制御、QoS管理、セキュリティ、ネットワーク管理、といったあらゆるネットワーク・サービスをCiscoIOSソフトウェアにより提供します。そのためユーザは、バックボーンの帯域幅をギガビット・レベルに拡張しながらも、これまでのネットワークと全く同じ方法で管理・運用することができます。また、現在、企業ネットワークやインターネットで利用されているルーティング・プロトコルをすべてカバー、さらにIGMP、GDP、IRDP、ICMP、HSRPといった、マルチキャストや信頼性確保に必要となる高機能ネットワーク構築に必要なプロトコル群をサポートし、高速性を求めるばかりでなく、機能性、信頼性、拡張性についても、次世代バックボーン・スイッチにふさわしいレベルを達成しています。

Catalyst8500シリーズは、ノンブロッキングのスイッチ能力と回線速度のスループットをIP、IPX、IPマルチキャストについて発揮するだけでなく、ルーティングのできないプロトコルについても、IEEE 802.1dに準拠した回線速度のレイヤ2スイッチングを実行します。また、Catalyst8500シリーズは、Integrated Routing and Switching(IRB)をサポート、ルーティングできないパケットの柔軟なインタフェース間でのブリッジングを可能にするため、現在ルーティング不可能なプロトコルを利用しているマルチプロトコル環境のバックボーンをも容易に高速なバックボーンへ移行することができます。IPにしか対応していないスイッチのように、並列的な複数のネットワークを構成する必要はありません。

Catalyst 8500シリーズは、シスコが全てのネットワーク環境で推進しているポリシー・ベースのネットワーク管理アーキテクチャであるCisco Assure Policy Networkingをサポートします。高度なQoS制御、ネットワーク管理機能、セキュリティ、などのネットワークのインテリジェントな管理を可能とするポリシーの設定とネットワークへのサービス反映をアプリケーションと連動して実現することが可能です。

Catalyst8500シリーズは、共有メモリ型のノンブロッキング・スイッチング・ファブリックを搭載しています。このスイッチング・ファブリックは高度なQoS機能を発揮し、企業基幹バックボーンにおけるアプリケーション単位での帯域幅の管理を可能にするとともに、遅延の影響を受けやすいトラフィックの円滑な伝送をサポート、ミッションクリティカルなアプリケーションとマルチメディア・アプリケーションなどの高度な統合を実現します。このスイッチング・ファブリックは、フロー単位のキューイング、遅延を許さないトラフィックに対して、重み付けが可能な遅延優先度設定、輻輳に対応するための損失優先度設定、そしてトラフィック・シェーピングといった機能を備えています。スイッチ・ファブリックに組み込まれた高速なパケットメモリは、キュー(フロー)毎にダイナミックな割り当てが行われます。このダイナミックな割り当てを、「キューのしきい値定義」や「キューのスケジューリング」に関する重み付け設定と組み合わせることで、遅延への要求が厳しいアプリケーションもパケットロスなしに扱うことができます。このしきい値とキューの重み付けは、Cisco Assure Policy Networkingによってダイナミックに調整することができ、エンド・ツー・エンドのQoSを実現することができます。

シスコはインターネットに対応したネットワーク管理戦略を推進していますが、Catalyst8500シリーズでもこれに沿った管理が可能です。設定や資産管理、ソフトウェア配布ではCRM(Cisco Resource Manager)、論理的な接続性の分析やグラフィカルな機器管理、トラフィック分析やモニタリングについてはCWSI(CiscoWorks for Switched Internetworks)をはじめとしたツールを活用できます。こうしたツールは機器のインストール、ソフトウェアのメンテナンス、リアルタイムのトラブルシューティング、問題の検知といった管理作業の負担を大きく軽減します。

Catalyst 8510の希望小売価格は\ 4,800,000円~で、出荷開始はCatalyst 8510が6月より、またCatalyst 8540は8月~です。なお、本製品は伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ソフトバンク株式会社、ネットワンシステムズ株式会社などの販売店を通じて販売します。

 

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る




All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.