日本版 ニュースリリース

Japan News




Toolbar-jp


日本シスコシステムズ 公認トレーニングに関する提携について

February 10, 1998
No. 9806

日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本孝利、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 TEL:03-5219-6000)と、NEC(社長 金子尚志、資本金2,159億円、東京都港区芝五丁目7番1号 TEL:03-3454-1111)では、NECが日本シスコシステムズ公認トレーニングプロバイダとなることに合意しました。

昨今のインターネットの普及に伴い、インターネットワーキング機器の実践的技術者養成が急務である市場の要求に応え「NEC C&Cシステム研修センター」(注1)では、1998年2月より日本シスコ公認トレーニングプログラムのCTA、およびCSE(注2)を開催します。これにより、NECにおけるネットワーク教育体系に加えて強化し、積極的に事業展開していくとともに、インターネット構築の中核となるエンジニアのトレーニングのさらなる拡充を図ります。

日本シスコは、インターネットワーキングの普及に伴うネットワーク技術者養成の要求に応え、1997年6月よりトレーニングコースを開設しました。既に300名を超す受講者、100名を超すCSE技術者を認定しました。また、NECでは98年度には200名以上の技術者養成を目指しています。トレーニングコース詳細は別紙をご参照ください。

(注1)NEC C&Cシステム研修センター(C&Cシステム教育事業部):
    ・受講者数 約4万人⁄年
    ・コース実施回数 約8000コース⁄年
    ・コース種類 約500
(注2)CSE(Cisco SupportPro Engineer):
    エンジニアを対象とした中規模以下のイントラネットの構築に必要な
    ネットワーク機器の設定などの技術の習得を目的としたトレーニング
        コース。
   
       CTA(Cisco Technology Authority):
    ネットワーク関係を担当することになった新任者などを対象とし、ネ
    ットワークシステム提案書を作成するまでのケーススタディを通じて、
    インタネットワーキングのアーキテクチャや技術を理解することを目
    的にしたトレーニングコース。


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>
    NEC C&Cシステム研修センター
    電話 03-5232-3072
        URL: http://www.sw.nec.co.jp/ccseduc/

    日本シスコシステムズ株式会社 インフォメーションセンタ
    電話  03-3342-4100
    E-Mail: info-jp@cisco.com



日本シスコ認定 CTAトレーニング(Cisco Technology Authority)     

習得目標   : LANの仕組み、WANサービスのポイントを把握し、ルー
       タとスイッチングHUBを利用してこれらを結びつけるシス
              テムの構成と適用方法を理解する。ケーススタディにより理
              解度を高め、インターネットワークシステム提案書作成の基
              礎知識を取得する。              

前提知識   : 「コンピュータネットワークシステム基礎」コース
               (NECオリジナル) 
         受講済みもしくは同等知識を有する方
  
受 講 料  : 99,750円(税込み)

開催日程 :半期につき4回程度      開催時間 :9:30~16:30


日本シスコ認定 CSEトレーニング(Cisco SupportPro Engineer)     

習得目標  : WANサービス、LANの仕組み、ルータ・スイッチの機能を
        座学で理解して、実習でこれらを組み合わせ、環境設定ができ
       るようになる。接続性のテスト、ルーティングテーブルの確認、
       モニターなどの動作確認や簡単なトラブルシューティングがで
              きるようになる。

前提知識   : CTAを受講済みもしくは同等の知識を有する方
            
受 講 料  : 252,000円(税込み)

開催日程  : 半期につき4回程度      開催時間 :9:30~16:30

CSE資格認定:
          5日目のCSE資格取得テストを受験して頂きます。後日、合否
          結果および認定書(合格の場合)が日本シスコシステムズ(株)
          から受験された方に送付されます。

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る




All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.