日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコ、

既存製品から新製品への移行プログラムを発表

~最新製品への円滑移行と最新技術利用のネットワーク拡張への投資を 無駄なく実現~

December 15, 1997
No. 9758


1997年12月15日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長松本孝利 、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-6000)は、既存Cisco製品から最新Cisco製品への移行プログラム「テクノロジ・マイグレーション・プラン」を発表しました。

「テクノロジ・マイグレーション・プラン」は、既存のCisco製品に対する投資を無 駄にすることなく、最新のテクノロジを搭載するCisco製品プラットホームへ円滑に移行したいという、Cisco製品ユーザやCiscoパートナーからの強い要望に応えるべく開発されたプログラムです。本プログラムは、これまでの全ての主要Cisco製品に適用され、現行のCisco製品ユーザが最新のCisco製品へ移行する際、使用中のCisco製品のシャーシー、ソフトウェア、インタフェース・カードを一定の金額で下取りし、最新Cisco製品の購入金額の値引きに充当するものです。

本プログラムを適用することにより、全てのCisco製品ユーザは、現在使用中のハードウェア・プラットホームを最新のCiscoハードウェア・プラットホームへの円滑な移行と最新のテクノロジを用いた強力なネットワークへと容易に拡張することが可能になります。

全てのCisco製品は、過去から現在、将来に至るまで、統一されたCisco IOS(tm)ソフトウェア・プラットホームで稼動するため、ユーザは、既存Cisco製品から運用上何の変更もなく最新Cisco製品に移行でき、更に最新Cisco製品に搭載されている最先端のテクノロジを利用してネットワークを拡張することが可能です。

ユーザは、既存のネットワーク、Cisco製品へのハードウェア、オペレーション教育などへの投資を無駄にすることなく、最新のCisco製品を用いた強力なネットワークへとアップグレードすることが可能となり、新技術に対する継続的なシステム拡張が保証されます。

なお、本プログラムの適用は1998年1月より開始いたします。

★本リリースに関するお問い合わせ先:
日本シスコシステムズ株式会社 マーケティング本部
TEL: 03-5219-6460 E-Mail: press@cisco.co.jp

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る




All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.