日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコ、

新しい音声パケット・ゲートウェイ・ソリューションを発表

~高品質で信頼性のある音声をデータに統合~

December 15, 1997
No. 9757


1997年12月15日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本孝利、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-6000 )は、Voice over IPおよびFAX over IP市場向けのシリーズ第一弾として、Cisco3600シリーズに音声対応の新モジュールを発表しました。

この音声対応モジュールを使用すると、企業は音声、ファックス、データを既存のデータ・インフラストラクチャに統合でき、通信コストを大幅に削減することができます。IPベースの音声ソリューションの経済性は、フレーム・リレー、専用線、ISDNなどのWANテクノロジを使用する会社の他に、デスクトップPCの音声機能を利用する会社にも利益をもたらします。

音声サービスの品質は、シスコの統合されたルータ・ベースの設計とネットワークの遅延時間を可能な限り短くする RSVP (ReSource ReserVation Protocol)やWFQ(Weighted Fair Queuing)といった業界をリードする Cisco IOS(tm)ソフトウェアのQoS機能により保たれます。そして、QoSをサポートするCiscoのテクノロジ・リーダーシップにより、サービス・プロバイダはさまざまなサービスを提供できるようになります。

Cisco 3600シリーズのルータは、ISDN基本インタフェース(BRI)、および一次群速度インタフェース(PRI)、高速シリアル・チャネル(T1)、統合デジタル・モデム、その他をサポートするWANモジュールを持ちます。LANモジュールとしては、イーサネット、ファースト・イーサネット、トークンリング等をサポートしています。 Cisco 3600シリーズは、企業ネットワークの中では、特にブランチオフィス(中小規模拠点)に最適で、Cisco IOSソフトウェア機能を完全にサポートしています。

今回発表した製品は、Ciscoが提供する、データ/音声/ビデオ統合戦略の第一段で、この戦略には、Voice over Frame Relay、Voice over ATM、そしてCisco 3600でサポートするVoice over IPおよび相互運用に対しての内容がカバーされています。

音声対応モジュールの希望小売価格は、1枚の音声インターフェース・カード(VIC)と組み合わせて25,3000円より。平成10年1月5日より出荷開始します。なお、本製品は伊藤忠テクノサイエンス株式会社、株式会社大塚商会、ソフトバンク株式会社、ネットワンシステムズ株式会社、日本電気株式会社、株式会社日立製作所、三菱電機株式会社などのパートナー各社を通じて販売します。

 

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る




All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.