日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ、

ハイエンド・スイッチング・ルータ「Cisco 7500」機能を大幅拡張

~更なるハイ・パフォーマンスと、IP QoSを実現~

November 27, 1997
No. 9754


1997年11月27日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本孝 利、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-6000)は、 ハイエンド・スイッチング・ルータ「Cisco 7500」に、VIP2の新型最上位ハードウェア「VIP2-50」の追加と、CiscoIOS (Internetwork Operating System)ソフトウェアへの新機能追加で、性能を大幅に拡張することが可能となるこ とを発表しました。

回線インタフェース用ポート・アダプタ(PA)を収容する新強力ハードウェアVIP2-50 の投入で、シスコのPAとVIP2を用いたルーティング・フォワーディング技術は、ルー タ本体のルート・スイッチ・プロセッサ(RSP)の負荷を最小限に抑え、VIP2を用いな いインタフェース・プロセッサ(xIP)を搭載した現行のCisco7500と比較して500%以上 の処理能力の向上が期待できます。

また同時に、スイッチング・パフォーマンスを向上させ、かつ、インターネット上の QoSを実現するソフトウェア、CiscoIOSリリース11.1CCを発表しました。本CiscoIOS リリースには、VIP2を用いた高度な分散スイッチング処理と、ルート検索時間を最小 化し、ルーティング・パフォーマンスを飛躍的に向上させるCEF(Cisco Express Forwarding)や、インターネット上での帯域確保をするCAR(Committed Access Rate)、IPトラフィックの優先制御CoS(Class of Service)などの機能が含まれます。これらの機能を用いることにより、これまでイン ターネット上での課題とされてきた、通信品質の保証やアクセスする帯域の確保など が実現されます。

Cisco7500は、次世代のインターネットに求められる全ての先進的な機能要件を満足し、インターネット・サービス・プロバイダ、企業のあらゆる基幹業務においてハイ・パフ ォーマンスなネットワーク環境提供と安定稼働を保証します。

VIP2-50の希望小売価格は、3,167,000円で、12月1日から出荷開始いたします。な お、本製品は伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ソフトバンク株式会社、ネットワン システムズ株式会社などの販売店を通じて販売します。

 

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る




All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.