日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコシステムズ、

ファイアーウォール機能搭載可能な
アクセス・ルータ「Cisco1605-R」を発表

November 12, 1997
No. 9753


1997年11月12日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本孝利、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-60 00)は、中小規模の企業や、大企業の営業所などでインターネットへ接続する場合に、 ファイアーウォールの機能を搭載することの可能なアクセス・ルータ「Cisco1605-R 」を発表しました。

Cisco1605-Rは、アクセス・ルータCisco1600シリーズの新モデルで、シリーズで初め てイーサネットLANインターフェースを2ポート搭載しています。また、WANインター フェース用としてスロットを1つ搭載し、LAN間のルーティングと同時にWAN回線への アクセスを提供します。さらに、Cisco IOSファイアーウォール・フィーチャーセットと組み合わせることにより、WANインタ ーフェース・モジュールを通じてインターネットへ接続し、1つのLANポートには外部 へ公開するサーバー群へ、そしてもう一つのLANポートには守るべきイントラネット へ接続するといった、中小規模企業のインターネットアクセスのファイアーウォール として最適のソリューションを提供します。

WANインターフェース・スロットには、Cisco1600シリーズ用にすでに発売されている 2Mbpsまで利用可能なシリアル・インターフェースとISDN回線用のBRIインターフェー スのモジュールが利用できます。なお、Cisco IOSファイアーウォール・フィーチャーセットは1998年第1四半期にリリース予 定です。

なお、本製品は伊藤忠テクノサイエンス株式会社、株式会社大塚商会、ソフトバンク 株式会社、ネットワンシステムズ株式会社などの販売店を通じて販売します。希望小 売り価格は最小構成で\271,000より。1997年11月12日から出荷いたします。

 

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る




All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.