日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコ、

ネットワークの利用状況を管理するソフトウェア
Cisco Enterprise Accoutingを発表

~TCOを目的としたネットワーク管理ツール~

November 4, 1997
No. 9752



1997年11月4日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本 孝 利、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 TEL.03-5219-6000)は、ネットワークの利用状況を管理するソフトウェアCisco Enterprise Accouting for NetFlow バージョン2.0 と、Cisco Enterprise Accouting for ISDNバージョン2.0の2種を発表しました。

Cisco Enterprise Accounting (以下:CEA) は、TCO(コスト・オブ・オーナシップ)を低く抑えることをターゲットとした、ネッ トワーク管理ツールです。ネットワーク資源の利用状況を把握し、個人や部署ごとの 課金や、ネットワーク拡張のための統計情報を得ることが可能になります。モニタリ ングの機能により、好ましくないデバイスの動作や、特定のアドレスやポートに対す るアクセスをし、ネットワークが適切に利用されているかどうかを監視する機能を提 供します。

主な特徴:
● データコストの情報を集め、ネットワークやバンド幅拡張計画に役立てることができ ます。また、ネットワーク資源の活用度を知ることができるため、ネットワークを効 率的にデザインできます
● ネットワーク資源の利用情報を個人や部署、ネットワークデバイス毎で分けることに より、課金の割り振りが可能となります
● アクティブモニタリングは、小さなパケットを大量に送り出すなど、不自然な振舞か ら設定ミスを検知し、無駄にネットワーク資源が消費されるのを防ぎます
● マルチメディアやQoSなど、ネットワークの付加価値機能の利用が容易になり、利用 者への課金が可能になります
● ユーザアプリケーションはWindows NT(英語版)上で稼動します

CEA for NetFlow
CEA for NetFlow は、Cisco のハイエンド・ルータによって構築されるネットワークで、 CiscoIOSソフトウェアの機能でもあるCisco NetFlowソフトウェアとともに動作します。CEAは、NetFlow FlowCollectorソフトウェアが集めた情報を利用します。NetFlowソフトウェアは以下 のルータプラットフォームおよび製品でご利用頂けます:

● Cisco 7200 ファミリ、Cisco IOS リリース11.1(11) CA, 11.2(8)P
● Cisco 7000 + Route Switch Module(RSM)ファミリ, Cisco IOS リリース11.1(11) CA, 11.2(8)P
● Cisco 7500ファミリ
● Catalyst 5000/5500 用RSM モジュール

CEA for ISDN
CEA for ISDN は、ISDN からの呼を受ける環境で動作します。Cisco-ISDN-Call-History-MIB をサポートした、Cisco IOS 11.0(7)以降を搭載したISDN ルータとともに動作します。

各CEAの希望小売価格は、CEA for NetFlowが \1,809,000、そしてCEA for ISDNが \1,628,000で、1998年2月からの出荷を予定しております。なお、本製品は伊藤忠テクノサイエンス株式会社、ソフトバンク株式会社、ネットワンシステムズ株式会社な どの販売店を通じて販売します。

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る




All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.