日本版 ニュースリリース

Japan News






日本シスコ

Windows NT版対応のファイアウォール製品を発表

~簡単設定でSOMO市場をターゲットに~

Sep. 11, 1997
No. 9731


1997年9月11日、日本シスコシステムズ株式会社(代表取締役社長 松本孝利、資本金22億2千万円、東京都千代田区丸の内三丁目2番3号TEL:03-5219-6000)は、小中規模の企業に対するセキュリティソリューションとなる「Cisco Centri Firewall」を発表しました。インターネットへの安全なコネクションを提供し、増大するセキュリティリスクから組織を守るために設計されたWindows NTベースのCisco Centri Firewall version 4.0は、簡単に使用することができ、管理も簡単です。

Cisco Centri Firewallは、ユーザ・フレンドリーなグラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)によるセキュリティを提供し、現場にセキュリティのエキスパートを必要とすることなく、セットアップや管理を行なうことができます。ネットワーク管理者は、インストレーション・ウィザードを用いて、インストレーションと初期設定を20分以内に終了することができます。

Cisco Centri Firewallには、Natural Network ViewerとPolicy Builderの機能が含まれています。これらの機能を利用して、NTドメイン、ユーザ、グループ、個人の物理的、または論理的に定義されたネットワークに存在するマシンのグループに対して、セキュリティ・ポリシを簡単に設定することができます。また、一般的なネットワーク・アプリケーションやサービスには、あらかじめ設定したものが用意されています。もちろん、WWW、FTP、Telnet、メールのような一般的なTCP/IPアプリケーションは透過的に利用できます。このようなアウト・オブ・ボックス・サービスに加えて、Cisco Centri Firewallは、ウェブや電子メール、DNSサーバなどのようなネットワーク・アプリケーションやサービスに対して、安全で簡単なカスタマイズ機能もサポートしています。これらのアプリケーションは、同じWindows NTシステム上に存在することができるため、小中規模の企業は、安全にインターネットに接続するためのコストを抑えることが可能となります。

Cisco Centri Firewallは、ユニークなカーネル・プロキシ・アーキテクチャをベースにしています。そのカーネル・プロキシ・アーキテクチャは、Windows NTオペレーティング・システムのカーネルレベルでネットワーク・トラフィックを傍受することで、強力なセキュリティと高いパフォーマンスを提供します。この機能により、外部からの攻撃に対しての強力なファイアウォールとなることができます。

また標準的な機能として、ActiveX、Java applet、JavaScript、VBscript、そしてURLブロッキングがあります。さらにポート・アドレス変換、ネットワーク・アドレス変換、ウェブ、Telnet及びFTPに対するプロキシ・セキュリティ・サービス、そしてRealAudio、NetMeeting、CoolTalk、H.323、VDOLiveのようなマルチメディア・アプリケーションに対するサポートも予定しています。

Cisco Centri Firewallは、シスコのファイアウォール製品ラインの延長にあります。現在の代表的な製品ラインとして、エンタープライズ・セキュリティ・ソリューションであるCisco PIX Firewallがあります。将来は、簡単に使用できるCisco Centri Firewall のGUI機能が、シスコのファイアウォール製品ライン上に組み込まれていく予定です。

日本国内では、アスキーNT社が独占販売権を持って販売していますので、 次の連絡先まで、お問い合わせくださいますようお願いいたします。

(株)アスキー・ネットワーク・テクロノジー
NTシステム本部 営業企画グループ
TEL:03-5350-0340
FAX:03-5351-2078

 

▲Return to Top
ニュースリリースINDEXへ戻る




All contents copyright (C) 1992--2003 Cisco Systems K.K.